BILLY BANG day 1!!

2004/04/30 金曜日

BILLY BANG day 1!!BILLY BANG day 1!!

Open: 00:00:00 | Start: 00:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ビリー・バング (violin)八木美知依(琴)菊池雅晃(ベース)羽野昌二(ドラム)生西康典 (video)

ビリー・バングの演奏技術の幅広さは彼の音楽的センスがジャズからクラシック、そして現代音楽までも盛り込んでいることを物語っている。
切れの良いハ ードなトーン、そして自然と沸き出る伝統的なスイング感やヴォーカルらしい絶妙な阜サはヴァイオリンがジャズの楽器であることにあらためて気づかされ る。彼のジャズ離れした情感は決して聴き手を飽きさせることはない。バングはリーダー/コ・リーダーとして20枚以上の作品を発浮オている他、サイドマンとしても30枚以上のレコーディングに参加している。Bootsy Collinsのファンク、Sun Raの宇宙的で美しいカオス、Ronald Shannon Jackson’s Decoding Societyのハーモロディックなグルーヴなどを支える貴重な一員としてライブや録音に参加し、その活躍は正に多様多彩。
30年近くも音楽の最先端に 立ち、オリジナリティ豊かな演奏を続けている。

ビリー・バング:1947年アメリカ、アラバマ州生まれ、ニューヨーク市ハーレム育ち。中学校時代にヴァイオリンを始めるが、アフロ・キューバン・リズムに魅せられ、60年代にはパーカッション、そしてドラムズを演奏。ヴェトナム徴兵、帰還後、反戦運動に加わり、60年代半ばのフリージャズ、とりわけJohn Coltrane、Eric Dolphy、Ornette Coleman等の刺激を受ける。再びヴァイオリンを手に取るきっかけとなったのは、当事まだ無名に等しかったフリー・ジャズ・ヴァイオリニス ト、Leroy Jenkinsとの出会い。Jenkinsの指導を受けたバングはフリージャズ萌芽期にあったニューヨークへ身を投じる。新しいジャズを目指すミュージ シャン達がダウンタウンのロフトで激しい演奏を展開していた、あの時代である。70年代初頭、自己のグループThe Survival Ensembleを結成。77年、The String Trio of New YorkをベースのJohn Lindberg、ギターのJames Emeryと結成、この頃からバングの名は世に知られるようになる。80年代半ばにはファンク・バンドForbidden Planetとも共演。90年代になると積極的にグループ・リーダーとして活動。92年にはSun Ra、John Ore (ベース)、Andrew Cyrille(ドラムズ)と共に”Tribute to Stuff Smith” (Soul Note)を録音し、97年、バングの持ち味を最も直截的に聴かせるジャズ・アルバム”Bang On”をリリースするなど、幅広く活動。その後も”Big Bang Theory”(00年)、そして自らの戦争体験を題材とした入魂の力作”Vietnam: The Aftermath”(01年)を発浮キる。最新録音はWilliam Parker(ベース)、Hamid Drake(ドラムズ)と組んだWilliam Parker Violin Trioによる”Sketchbook”(Thirsty Ear Blue Series、03年)。

羽野昌二:1955年生まれ。70年代からアウ゛ァンギャルド・ジャズの演奏を始め、武道『新体道』も紹介される。近藤等則、阿部薫、Gotsu Haruhiko、高木元輝、Eugene Chadbourne、Peter Brotzmannなどとの演奏を経て、90年から単独の渡欧をし、北欧、ロシア、アメリカ、そして日本で積極的にツアーを行なう。William Parker、Derek Bailey、Billy Bang、Werner Ludi、灰野啓二、High Riseなど数多くの海外や国内のアーティストと演奏する。締め太鼓、和太鼓、矧ヌなど日本の伝統楽器とサックス、ピAノ、ベースなどのジャズ楽器とを 組み合わせて自身のグループ『Poly Breath Percussion Band』を設立する。反面、Peter Brotzmannと灰野啓二と3人でヨーロッパツアーも行ない、98年のHigh Riseのアメリカ、イギリス、フランスのツアーにも参加して、ジャズとロックの即興演奏を両立する。最近は様々な作品を発浮オている。ャ国蜊?w48』(CD)、Acid Mothers Templeの川端一と津山敦の新パワートリオDare Devil Bandで『猪武者』(CD)。最新作はHigh Riseの成田宗広とのデュオで『凶悪のインテンション』のライブCD。

八木美知依:(箏、二曙シ、庶オ絃): NHK邦楽育成会卒業。1989年に米国ウェスリアン大学へ客員教授として赴任。その間、数々の初演を手がけ、ジョン・ケージ、
ジョン・ゾーン等アメリカで独創的な活動をする音楽家に影響を受ける。日本現代音楽協会主催第2回現代日本の室内楽・演奏コンクール《競楽II》にフルートとのデュオで入賞。ジョン・ゾーンのプロデュースによるャ香Eアルバム『SHIZUKU』をTzadikより全世界発売。また、佐 籐允彦プロデュースにより自己のアンサンブル Paulownia Crush とのアルバム『ゆらる』をBAJより発売。NHK-TV《邦楽百選》やメールス・ジャズ・フェスティヴァル出演等、その活動は多岐にわたる。

菊地雅晃:1968年東京生まれ。幼少の頃よりギター、ピアノ等をはじめる。87年よりコントラバスを井野信義氏に師事。90年に渡米、ゲイリー・ピーコック氏に師事。
93年より、アナログ・シンセにコントラバスを通した”変調コントラバス・ャ香Eインプロビゼーション”による活動を開始。ジャンルを超えた多数のセッションの他、自身のバンド、シャトル・ループでも活動中。主なリリース作品:「Formura」(96年)、「…15分だったら過去にも未来にも行けるよ」(98年)、「bass sonority-夜弦響-」ISHIMITSU production feat.菊地雅晃(96年)、「Short Tales of Radio」MIDORI VS KIKUCHI MASAAKI(96年)、「rearmed flowers」Kikuchi Art Quartet(98年)、「SLASH 1°」MASABUMI KIKUCHI THE SLASH TRIO(02年)

生西康典:1968年生まれ。PVのディレクション、VJ、DJ、デザイン、イベントのオーガナイズ等幅広く活躍するアーチスト。VJの経歴は High RiseやUAなど
数知れない。L’Arc〜en〜Cielのライブに用いられた10m x 50mの巨大スクリーンの映像ディレクションとVJを担当。海外でもロッテルダム国際映画祭等に、たびたび
VJとして招聘され、アムステルダムの World Wide Video Festivalでは同映画祭のアーカイブのライブミックス等も行なった。最近は掛川康典との共作で、calm/peace (P.V.)、UA/泥棒 (P.V.)、UA/空の小屋(DVD)、生西康典+掛川康典+KUKNACKE featuring マジック小林/Super Star Series (DVD)、松本人志/スーパー一人ごっつ Vol.3 (DVD)、田名網敬一/TANAAMISM 2 (DVD)、V.A./Image Garden (DVD)、ドレミノテレビ (NHK)、大竹伸朗+生西康典+掛川康典、音楽/藤乃家舞+スダマニ・サンガール・スンニ(ガムランオーケストラ)『MOUSE ESCAPE』(DVD)を手掛けた。現在、生西康典+掛川康典+KUKNACKEの最新作品は森美術館のグループ展「ROPPONGI CROSSING?

Billy Bang (violin)Yagi Michiyo (koto)Kikuchi Masaaki (bass)Hano Shoji (drum)Ikunishi Yasunori (video)

The violin is hardly the first instrument that comes to mind when you think about jazz, but that's never daunted Billy Bang, one of the instrument's most adventurous exponents.


Over the past 26 years Bang's hard-edged tone, soulful sense of traditional swing and evocatively expressive style has enhanced over two dozen albums by top names in a variety of genres, from the blistering funk of Bootsy Collins and the harmolodic groove of Ronald Shannon Jackson's Decoding Society to the intergalactic uproar of Sun Ra.


With more than 15 albums under his own leadership, nearly a dozen more in co-led endeavors, and five more with the String Trio of New York (which he co-founded in 1977 with guitarist James Emery and bassist John Lindberg), Billy Bang is one of the more prolific and original members of the progressive scene.


Born William Vincent Walker in Mobile, Alabama in 1947, his family moved to New York City's Harlem while he was still an infant. In junior high school he was nicknamed Billy Bang after a cartoon character, and over his initial protests, it stuck. Around the same time, his primary interest turned to music, and he took up the violin, switching to percussion in the early '60s when he became captivated by Afro-Cuban rhythms.


While attending a Massachusetts prep school under full scholarship, he met and began playing with fellow-student, folk-singer Arlo Guthrie. Drafted into the army following graduation, Bang was sent to Vietnam, an experience that profoundly affected his life, often quite painfully. Returning home and radicalized, Billy became active in the anti-war movement, and by the late '60s had returned to music.


Heavily inspired by the exploratory fire of John Coltrane, Eric Dolphy, Ornette Coleman and the liberating energy of the free-jazz movement, Bang returned to the violin as his principal means of expression. Attending New York's Queens College, and studying privately with renowned violinist Leroy Jenkins, Bang became a key member of the dynamic New York avant-garde scene of the '70s.


Forming his own group, The Survival Ensemble, and working with artists like David Murray, Frank Lowe, William Parker and the legendary Sam Rivers, Billy began to reach an international audience in 1977 with the String Trio, remaining with the cooperative ensemble for nine years.


During these same years he continued to tour and record with his own ensembles, as well as genre-busting ensembles like The Decoding Society and Bill Laswell's Material (alongside guitar giant Sonny Sharrock). He even briefly led his own funk-oriented band, Forbidden Planet, and in 1981 taught at the University of Nebraska.


He continued to work and collaborate with notables like Murray, Don Cherry and James 'Blood ' Ulmer, and in 1982 began a ten-year association with the incomparable Sun Ra, concluding with a 1992 quartet recording for Soul Note, "A Tribute to Stuff Smith," dedicated to the father of the jazz violin.


In 1990, Bang formed the Solomonic Quartet with trumpeter Ahmed Abdullah, and continued to freelance and lead his own groups.


Relocating to Berlin in 1996 where he lived until 2000, Bang criss-crossed the Atlantic frequently, performing all over Europe and doing five tours through the South and Midwest with percussionist Abbey Rader, three of which included tenorman Frank Lowe.


He also began a regular working relationship with percussionist Kahil El'Zabar in 1996, performing in duet, and sometimes as a trio with esteemed Art Ensemble of Chicago co-founder and bassist Malachi Favors Maghostut.


Currently, Bang records for Canada's Justin Time Records, for which he recorded "Bang On" in 1997 and "The Big Bang Theory" in 1999. His latest CD (released in October 2001) entitled "Vietnam: The Aftermath" evokes and confronts the memories of his Vietnam experiences and showcases the fine compositional skills that have always marked his own recordings.


Returning to New York in 2000, Bang has continued his busy schedule, touring Europe in the Fall of 2001 with David Murray, continuing a musical interaction that has lasted over 25 years with a series of concerts and a collaborative dance work in Birmingham, England.


A dazzling improviser, excellent composer, and provocative leader, Billy Bang remains on the cutting-edge of jazz expression.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!