BILLY BANG day 2!!

2004/05/03 月曜日

BILLY BANG day 2!!BILLY BANG day 2!!

Open: 00:00:00 | Start: 00:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ビリー・バング ( solo )
Violin trio with special guests : 太田恵資、勝井祐二

ビリー・バングの演奏技術の幅広さは彼の音楽的センスがジャズからクラシック、そして現代音楽までも盛り込んでいることを物語っている。
切れの良いハ ードなトーン、そして自然と沸き出る伝統的なスイング感やヴォーカルらしい絶妙な阜サはヴァイオリンがジャズの楽器であることにあらためて気づかされ る。彼のジャズ離れした情感は決して聴き手を飽きさせることはない。バングはリーダー/コ・リーダーとして20枚以上の作品を発浮オている他、サイドマンとしても30枚以上のレコーディングに参加している。Bootsy Collinsのファンク、Sun Raの宇宙的で美しいカオス、Ronald Shannon Jackson’s Decoding Societyのハーモロディックなグルーヴなどを支える貴重な一員としてライブや録音に参加し、その活躍は正に多様多彩。
30年近くも音楽の最先端に 立ち、オリジナリティ豊かな演奏を続けている。

ビリー・バング:1947年アメリカ、アラバマ州生まれ、ニューヨーク市ハーレム育ち。中学校時代にヴァイオリンを始めるが、アフロ・キューバン・リズムに魅せられ、60年代にはパーカッション、そしてドラムズを演奏。ヴェトナム徴兵、帰還後、反戦運動に加わり、60年代半ばのフリージャズ、とりわけJohn Coltrane、Eric Dolphy、Ornette Coleman等の刺激を受ける。再びヴァイオリンを手に取るきっかけとなったのは、当事まだ無名に等しかったフリー・ジャズ・ヴァイオリニス ト、Leroy Jenkinsとの出会い。Jenkinsの指導を受けたバングはフリージャズ萌芽期にあったニューヨークへ身を投じる。新しいジャズを目指すミュージ シャン達がダウンタウンのロフトで激しい演奏を展開していた、あの時代である。70年代初頭、自己のグループThe Survival Ensembleを結成。77年、The String Trio of New YorkをベースのJohn Lindberg、ギターのJames Emeryと結成、この頃からバングの名は世に知られるようになる。80年代半ばにはファンク・バンドForbidden Planetとも共演。90年代になると積極的にグループ・リーダーとして活動。92年にはSun Ra、John Ore (ベース)、Andrew Cyrille(ドラムズ)と共に”Tribute to Stuff Smith” (Soul Note)を録音し、97年、バングの持ち味を最も直截的に聴かせるジャズ・アルバム”Bang On”をリリースするなど、幅広く活動。その後も”Big Bang Theory”(00年)、そして自らの戦争体験を題材とした入魂の力作”Vietnam: The Aftermath”(01年)を発浮キる。最新録音はWilliam Parker(ベース)、Hamid Drake(ドラムズ)と組んだWilliam Parker Violin Trioによる”Sketchbook”(Thirsty Ear Blue Series、03年)。

太田惠資:1956年熊本生まれ。鹿児島大学で化学を専攻。’83年上京、CM、映画、演劇や、ファッションショー、プラネタリウムなどの音楽の作編曲を手懸ける。
演奏活動としては梅津和時新大久保ジェントルメン、常味裕司Arabindia、芳垣安洋VincentAtmicus、一噌幸弘(笛) トリオなどでレギュラーメンバーのほか、板橋文夫、
忌野清志郎、宇崎竜童、内橋和久、おおたか静流、黒沢美香(dance)、坂田明、佐藤允彦、渋さ知 らズ、高橋竹山(二代目)、灰野敬二、巻上公一、山下洋輔、Joelle Leandre、Loren Newton、等々のライブやレコーディングをサポート。読売演劇大賞、毎日芸術大賞などを受賞した「GHETTO」、清水美沙主演映画「人間椅 子」、浅野忠信主演映画「白痴」などにヴァイオリン弾きとして出演。宇崎竜童の文楽人形「曽根崎心中ROCK」、TBS紀行番組「世界ウルルン滞在 記」、最近ではTBSドラマ「年下の男」、同「高原へいらっしゃい」、NHK金曜時代劇・藤沢周平原作「蝉しぐれ」等の音楽でヴァイオリンやヴォイスを 担当。

勝井祐二:80年代から様々なユニット、セッションを通じて日本の音楽シーンの裏街道(アンダーグラウンド)を歩む。89年「渋さ知らズ」結成に参加。現在までに3度のヨーロッパ・ツアーを行いメールス・ジャズフェスティバル、グラストンベリー・ロックフェスティバル等に出演。91年には「1991-1992 JAPAN-UK FESTIVAL」の中心展示「VISIONS of JAPAN」のサウンドディレクターを務め、渡英。当時のレイヴ・カルチャーに触れる。その後、映画、演劇、舞踏の音楽を数多く担当、93年から
イ ンディペンデントレーベル「まぼろしの世界」を主宰するなどして、90年代の東京のジャンル越境(オルタネイティヴ)シーンを牽引した。96年山本 精一と「ROVO」結成、フジロックフェスティバル2000、2001、2003、ライジングサンロックフェスティバル2002、朝霧ジャム2002、 武尊祭2002、等に出演。2004年にはMoers Festival 2004を含むヨーロッパ/アメリカツアーを嵐閨B2003年にはエレクトリック・ヴァイオリンのャ麹?iを発普B現在、ROVO、渋さ知らズ、BONDAGE FRUIT、PERE-FURU、カルメンマキandサラマンドラ、デミセミクエーバー、YUJI ONIKI BAND、等のバンドでプロデュース、ヴァイオリンを担当

Billy Bang ( solo )
Violin trio with special guests : Ohta Keisuke, Katsui Yuji

The violin is hardly the first instrument that comes to mind when you think about jazz, but that's never daunted Billy Bang, one of the instrument's most adventurous exponents.


Over the past 26 years Bang's hard-edged tone, soulful sense of traditional swing and evocatively expressive style has enhanced over two dozen albums by top names in a variety of genres, from the blistering funk of Bootsy Collins and the harmolodic groove of Ronald Shannon Jackson's Decoding Society to the intergalactic uproar of Sun Ra.


With more than 15 albums under his own leadership, nearly a dozen more in co-led endeavors, and five more with the String Trio of New York (which he co-founded in 1977 with guitarist James Emery and bassist John Lindberg), Billy Bang is one of the more prolific and original members of the progressive scene.


Born William Vincent Walker in Mobile, Alabama in 1947, his family moved to New York City's Harlem while he was still an infant. In junior high school he was nicknamed Billy Bang after a cartoon character, and over his initial protests, it stuck. Around the same time, his primary interest turned to music, and he took up the violin, switching to percussion in the early '60s when he became captivated by Afro-Cuban rhythms.


While attending a Massachusetts prep school under full scholarship, he met and began playing with fellow-student, folk-singer Arlo Guthrie. Drafted into the army following graduation, Bang was sent to Vietnam, an experience that profoundly affected his life, often quite painfully. Returning home and radicalized, Billy became active in the anti-war movement, and by the late '60s had returned to music.


Heavily inspired by the exploratory fire of John Coltrane, Eric Dolphy, Ornette Coleman and the liberating energy of the free-jazz movement, Bang returned to the violin as his principal means of expression. Attending New York's Queens College, and studying privately with renowned violinist Leroy Jenkins, Bang became a key member of the dynamic New York avant-garde scene of the '70s.


Forming his own group, The Survival Ensemble, and working with artists like David Murray, Frank Lowe, William Parker and the legendary Sam Rivers, Billy began to reach an international audience in 1977 with the String Trio, remaining with the cooperative ensemble for nine years.


During these same years he continued to tour and record with his own ensembles, as well as genre-busting ensembles like The Decoding Society and Bill Laswell's Material (alongside guitar giant Sonny Sharrock). He even briefly led his own funk-oriented band, Forbidden Planet, and in 1981 taught at the University of Nebraska.


He continued to work and collaborate with notables like Murray, Don Cherry and James 'Blood ' Ulmer, and in 1982 began a ten-year association with the incomparable Sun Ra, concluding with a 1992 quartet recording for Soul Note, "A Tribute to Stuff Smith," dedicated to the father of the jazz violin.


In 1990, Bang formed the Solomonic Quartet with trumpeter Ahmed Abdullah, and continued to freelance and lead his own groups.


Relocating to Berlin in 1996 where he lived until 2000, Bang criss-crossed the Atlantic frequently, performing all over Europe and doing five tours through the South and Midwest with percussionist Abbey Rader, three of which included tenorman Frank Lowe.


He also began a regular working relationship with percussionist Kahil El'Zabar in 1996, performing in duet, and sometimes as a trio with esteemed Art Ensemble of Chicago co-founder and bassist Malachi Favors Maghostut.


Currently, Bang records for Canada's Justin Time Records, for which he recorded "Bang On" in 1997 and "The Big Bang Theory" in 1999. His latest CD (released in October 2001) entitled "Vietnam: The Aftermath" evokes and confronts the memories of his Vietnam experiences and showcases the fine compositional skills that have always marked his own recordings.


Returning to New York in 2000, Bang has continued his busy schedule, touring Europe in the Fall of 2001 with David Murray, continuing a musical interaction that has lasted over 25 years with a series of concerts and a collaborative dance work in Birmingham, England.


A dazzling improviser, excellent composer, and provocative leader, Billy Bang remains on the cutting-edge of jazz expression.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/03/09 土曜日

    サンキュー!Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/03/20 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.9お花見マチネ 🌸 Ohanami Matinee

    Open: 13:00 | Start: 15:00 - 19:30

    開場 15:00 Open 〜 終了 19:30 Close
    ライブ 15:00 と 17:00 (入れ替えなし)
    ★ シュネラートラーマイヤー (スイスより来日)
    ★ 湯川寅彦 (三味線) ✕ ヨシダダイキチ (シタール) ✕ 上野雄次 (花道家)
    ★ DJ Yuichi (東京)
    ★ Food & Drink:BAR bin (恵比寿)、café tane (恵比寿)、はなたれ海おでんの旅 (鴨川)、房総ラム (南房総市)、みほし焙煎珈琲製造所 (鴨川)