Test Tone

2007/07/03 火曜日

Test ToneTest Tone

Open: 20:00:00 | Start: 20:00 - 02:00

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Test Tone vol. 25
Test Toneは一流のラインアップを迎え、ユニークでミニマルな夜の音楽と共に今月、第25回目のイベントを祝います。ギリシャから、サウンド、ビジュアルアーティストのDimitris Kariofilis (aka Ilios)を迎え、彼ががソロで、そしてエレクトロニック音楽の先駆者 (ATAKレーベルも主催する)渋谷慶一郎とのコラボでのパフォーマンスを披露します。さらにフィールドレコーディングマスターの川端龍太が久保田晃弘 (ライブコーディング+フィードバックアコースティックピノ)、Takmi Iqeda (コンピューター)と梶井利彦 (ギター)をフューチャーしたスペシャルなユニット、Tone Bluesと演奏します。そして最後に、夜のとりを飾るのはウェブレーベルインターバルオーディオのディレクターStan Eberlein。Scriptonesとして即興のエレクトロニクス音楽を演奏します。ベルギーのVisualanticsのBrecht Debackereがビジュアルを提供し、Tone BluesとTriponとチームアップして、3Dビジュアルとガス焜炉のパフォーマンスを見せてくれます。何はともあれ、重量級のパフォーマーがもりだくさんで楽しい夜になることでしょう。

12540703.jpg

ライブ:
Ilios (Dimitris Kariofilis、ギリシャ) + 渋谷慶一郎
Tone Blues (川端龍太/久保田晃弘/Takmi Iqeda/梶井利彦)
Scriptones (Stan Eberlein) + Brecht Debackere (Visualantics)
Tripon (Vokoi/Satoshi Horii/Daito Manabe)

テストトーンのホームページ

アーティスト・プロフィール:
Ilios (Dimitris Kariofilis、ギリシャ) + 渋谷慶一郎
Dimitris Kariofilis (aka Ilios)はデジタルミュージックと画像の分野で「コード」というユニークな表現手段を約15年もの間、精力的に追求してきました。生まれのヨーロッパではコンテンポラリーダンスグループ、シアターや映画関係のコラボレーションをこなし、「オーソドックスな沈黙から混沌としたノイズ」のような興味深い音のパレットにフォーカスしたマルティミディアショーをもプロデュースし、監督している。フランシスコ・ロペズ、 ジェイソン・カーンやサーストン・ムーアなどとのスタジオやライブでのコラボレーションにより世界的にも名を成し、今回の来日も楽しみです。
日本の即興エレクトロニカのファンにとっては渋谷慶一郎はおなじみの名前でしょう。彼のエレクトロニック音楽における「post-sine wave movement」への貢献は2002年から発足したATAKレーベルに残されています。ルベルト・モスラングやジェイソン・カーンなどのヨーロッパの一流の即興ミュージシャンとも共演して、スタジオでもライブでも味わいのある質感とリズムを作り上げています。新しいアプローチを常に探索し続ける彼は東大で講師をし、日本全国で壮大なインスタレーション作品を展開している。

Tone Blues
((川端龍太/久保田晃弘/Takmi Iqeda/梶井利彦)
川端龍太があまり知られていないのは、おそらく彼がすごく地味な活動をしているからでしょう。しかし彼の音楽は限りなく美しく、深み、個性、音楽性にあふれています。フィールドレコーディング、エレクトロニクスとギターを使い、何にも例えようがない美しい風景を彷彿させる音を作り出す。(Todd DockstaderやBirchville Cat Motelのいくつかの作品などに近いかもしれません。)
今回のイベントのために川端は重量級グループTone Bluesを結成し、今までのTest Toneのイベントの中でもかなりおもしろいコラボレーションの一つと言えます。久保田晃弘はソフトウェアアート、オーディオビジュアルインストレーションの先駆者で、ライブコーディングやアコースティックピアノのフィードバックを使いグループの多彩な音風景を作り上げます。
Takmi Iqeda (コンピューター)もエレクトロニック音楽という分野でユニークな自分の個性を発揮して、映画のサウンドトラック、ダンスパフォーマンス、オーディオプロジェクトなどのプロジェクトにおいて活躍している。最近のプロジェクトは人間の声とエレクトロニクスをミックスする彼のグループAlmglockenでのプロジェクト。Pubicflower ギタリスト梶井利彦が川端のサンプリング録音とギターのバックでコラボ。

Scriptones (Stan Eberlein) + Brecht Debackere (Visualantics)
長年活動をしてきたエレクトロニックデュオLegofriendyのメンバーとしてStan Eberleinはリズムがもとになっている作曲に味のある質感を加えてきた。
Scriptonesでは予期もしない音を作り上げる。Antwerpで活動するグループVisualanticsで数々の新しいミディアを作ってきたベルギーのビジュアルアーティストBrecht Debackereが今回は参加。

Tripon (Vokoi/堀井哲史/真鍋大度)
ビジュアルアーティストVokoi、 堀井哲史と真鍋大度は精力的に活動しており、今回はその数あるパフォーマンスのうちの一夜です。2007年にMetamorphoseに登場、Vokoiも秋にBlack Rock DesertのBurning Manに出演します。今回 Test-Toneでそのパフォーマンスを目にできるのはラッキーです。3Dビジュアル、ピクセルなどをミックスし、VJとしてだけではなく、昨年の Taico ClubやSonar Soundフェスティバルなどの有名なイベントにも出演しました。
– – – –

ZONI展

7月はタミオー (タミオーバンド主催)とワタル (実弟)の共同実験映像プロジェクトZONIの作品をラウンジ営業日とイベント前後に投影展示します。
12540718zoni.jpg

Test Tone vol. 25
This month, Test Tone celebrates its 25th installment, and there is a first class roster of artists on hand to make it a very unique, yet minimal affair. From Greece, sound and visual developer Dimitris Kariofilis aka Ilios will be performing his works solo, and in collaboration with electronic music pioneer Keiichiro Shibuya (who also heads the excellent ATAK label). In addition, field recording maestro Ryuta Kawabata will perform with Tone Blues, a very special unit including Akihiro Kubota (live coding + feedback acoustic piano), Takmi Iqeda (computer) and Toshihiko Kajii (guitar). Finally, joining us for the evening will be the director of web-label Intervall-audio, Stan Eberlein, who will perform improvised electronic pieces as Scriptones. On the night, distinctive visuals will be provided by Brecht Debackere from Visualantics in Belgium, who will be teaming up with Scriptones, and Manabe Daito with his exceptional group Tripon, who will perform with Ryuta Kawabata and his unit. All in all, a heavyweight evening we are proud to call our own. Hope to see you there.



12540703.jpg

Featuring:
Ilios (Dimitris Kariofilis, Greece) + Keiichiro Shibuya, Tone Blues (Ryuta Kawabata + Akihiro Kubota + Takmi Iqeda + Toshihiko Kajii), Scriptones (Stan Eberlein) + Brecht Debackere (Visualantics), Tripon (Vokoi + Satoshi Horii + Daito Manabe)

Test Tone Homepage

ARTIST PROFILES:
Ilios (Dimitris Kariofilis, Greece) + Keiichiro Shibuya
Dimitris Kariofilis aka Ilios has been actively developing uniques 'codes' of expression in the fields of digital music and image for the greater part of 15 years. He has made a mark in his native Europe, collaborating with contemporary dance companies, theatre and film, as well as producing and directing multimedia shows which focus on an extraordinary sound palette which ranges from 'orthodox silence to catholic noise'. Studio and live collaborations with the likes of Francisco Lopez, Jason Kahn and Thurston Moore have earned Ilios a name worldwide, and we welcome him back to Japan for this special live performance.
For music fans of improvised electronica in Japan, Keiichiro Shibuya needs no introduction. His contribution to the 'post-sine wave movement' in electronic music has been distilled into his exceptional label ATAK, active since 2002. He has collaborated with some of the finest artists in the European improvising movement, such as Norbert Moslang and Jason Kahn, creating works of subtle texture and rhythm both in live and in the studio. A tireless proponent of new approaches to electronic music, he continues to lecture at Tokyo University and create ambitious installation works around Japan.

Tone Blues
(Ryuta Kawabata/Akihiro Kubota/Takmi Iqeda/Toshihiko Kajii)
If you haven't heard of Ryuta Kawabata, it is likely because he seems keeps a low profile, quietly making works of transcendent beauty, eventually emerging from the woodshed with a recording that blows you away with its depth, individuality, and profound musicality. Using field recordings, electronic manipulation and guitar, Kawabata creates subtle soundscapes that bear no comparison to anything to out there (perhaps Todd Dockstader or some work by Birchville Cat Motel could come close), and that makes them all the more fascinating.
For this evening, Kawabata has assembled Tone Blues, a heavyweight group that could prove to be one of the most interesting collaborations of the Test Tone series. Akihiro Kubota is a pioneer in software art, audio-visual installations and internet performances, who will make use of live coding + feedback acoustic piano to create a plethora of soundscapes in the group. Takmi Iqeda (computer) has also found an individual voice in the field of electronic music, contributing to movie soundtracks, dance performances, and collaborative sound projects, most recently exploring the juxtaposition of the human voice with electronics in his group Almglocken. Pubicflower guitarist Toshihiko Kajii will be on hand to provide his wondrous guitar work to complement Kawabata's recorded materials and electric guitars.

Scriptones (Stan Eberlein) + Brecht Debackere (Visualantics)
The one man - one machine unit that makes up Scriptones is a virtual study in synthesizer arppegiation. As a member of the long-running electronic duo Legofriendy, Stan Eberlein has contributed his subtle sense of texture to their rhythm-based compositions. With Scriptones, he explores the inner working of synthesized textures, producing unexpected results to listeners' ears. He'll be joined by Belgian visual artist Brecht Debackere, who has created a number of impressive new media with the group Visualantics, based in Antwerp.

Tripon
A groundbreaking collaboration between visual artists Vokoi Satoshi Horii and Daito Manabe, we are just one of the many stops they will be making this year. With the group appearing at Metamorphose 2007, as well as Vokoi heading off to Burning Man in the Black Rock Desert in the fall, we are lucky to have them stop by Test Tone on this occasion. With a mixture of 3-D visuals, granulated pixels and inventive textures, they have been in demand not only as club VJs, but at high profile events such as last year's Taico Club and Sonar Sound festivals.
- - - -

ZONI video exhibition!


Throughout the month of July, SuperDeluxe is featuring ZONI's video works.
12540718zoni.jpg

More great eventsこちらもどうですか