quartz-head 05

2007/07/12 木曜日

quartz-head 05quartz-head 05

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

quartz-head talk 05 – re-gions release party
quartz headこと藤原大輔率いる「quartz-head talk 05」のリリースパーティが決定しました。対バンは、Rovoの勝井祐二と、自作楽器を操るトラックメイカーGoth-tradのセッションです。お見逃しなく。
Live: quartz-head talk 05 (daisuke fujiwara, omar guaindefall, icchie), Yuji Katsui and goth-trad session
VJ: c-take, sakota

※フライヤー持参で入場料が3000円 (ドリンク別)になります。

出演者情報:

quartz-head talk 05

quartz head aka. fujiwara,daisuke (sax/synthesizer/electronics)
musician / tenor saxphone player
1970年生まれ。
1996年バークリー音楽院卒。
97年に帰国後、ストリートセッションバンド"phat"を結成し、ジャムバンドのムーブメントに乗り活発に活動。エフェクテッド・サックスに加え、クラブカルチャーに触発され、サンプラーやリズムマシン、アナログ・シンセサイザーなどの電子機器をインプロヴァイズするための楽器として積極的に導入するようになる。03年の解散まで5枚のアルバムをリリース。その後もソロとして活動を続ける間にデトロイト・テクノのアーティストと親交を深め、Jeff MillsやUundwer Ground Resistanceと活動を共にする。04年にエレクトロニックを用いる音楽活動の名義としてquartz headを立ち上げる。
参加ユニット: human beat / 青木延明、sxq! / 松本健一、galaxy 2 galaxy / under ground resistance

Omar Guaindefall (vo,/afro.perc.)

icchie (live dub mix)
市原大資。
1990年代から関西で音楽のキャリアをスタート。SKAバンド「determinations」のトランペッター、DUBバンド "Bush of Ghosts"のリーダー、トランペッターを経て現在ソロ活動中。トロンボーン、トランペット、DJ、トラック制作、リミックスで様々なプロジェクトにも参加する。ソロでは自作トラックをダブミックス、トロンボーンを重ねるスタイルを展開。

Yuji Katsui and goth-trad session

勝井祐二 (vln.)
ヴァイオリン演奏家。
80年代から様々なユニット、セッションを通じて日本の音楽シーンの裏街道 (アンダーグラウンド)を歩む。1989 年「渋さ知らズ」にオリジナルメンバーとして参加。1991年「1991-1992 JAPAN-UK FESTIVAL」の中心展示「VISIONS of JAPAN」のサウンドディレクターを務め、渡英。当時のレイヴ・カルチャーに触れ衝撃を受ける。帰国後、アンダーグラウンド・レイヴパーティー「WATER」を始める傍ら、映画、演劇、舞踏の音楽を数多く担当。1993年にはインディペンデントレーベル「まぼろしの世界」を主宰するなどして、 90年代の東京のジャンル越境 (オルタネイティヴ)シーンを牽引した。
1996年山本精一(ボアダムス、想い出波止場)とRovo結成。Rovo主宰のイヴェントMan Drive Tranceや、Fuji Rock Festivalを初めとする野外フェスティヴァルへの数多くの参加を通じて、DJカルチャー/クラブシーンとライヴシーンをクロスする新たなシーンのフロントに立つ。
Rovo、Bondage Fruit、渋さ知らズ、カルメンマキ and サラマンドラ、Pere-Furu、等多数のバンドでプロデュース、ヴァイオリンを担当。
近況 – 02 年、Rovoで、ライジングサン・ロックフェスティヴァル、武蔵祭、朝霧ジャム、渋さ知らズでは、メールス・ジャズフェスティヴァル、グラストンベリー・ロックフェスティヴァル、フジロック・フェスティヴァル、山本精一とのデュオでトゥルーピープルズ・セレブレーション、勝井祐二ソロとして、原美術館に於いての「サウンドガーデン」、金沢21世紀美術館プレイヴェントのアートフォーラムシリーズ「疑いの実験室」等のフェスティヴァルに参加した。 2003年にかけてUAの全国ツアー「空の小屋」に参加。 03年Rovo、渋さ知らズオーケストラ、UAでフジロックフェスティヴァルに、カルメンマキ and サラマンドラでライジングサン・ロックフェスティヴァルに参加。 エレクトリック・ヴァイオリンの即興演奏のソロアルバム「ヴァイオリンソロ」を発表。 04年 Rovoでメールス・フェスティバル出演を皮切りにヨーロッパ/アメリカツアー。帰国後、京大西武講堂に於けるP-Hour02、ライジングサン・ロックフェッスティバル、Metamorphose、朝霧ジャムなどのフェスティバルでライヴ。アルゼンチン音響派の中心ギタリスト、フェルナンド・カブサッキのアルバム「KIRIE」をプロデュース。

Goth-trad (tracks)
ミキシングを自在に操り、アブストラクトなアプローチでダンス・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター。2001年12月にフランスの船上パーティ「Batofar (バトファー)」で海外イベントに初登場。独自のサウンド・コラージュで話題を集めた。2001年、秋本「Heavy」武士とともにRebel Familiaを結成。ソロ、Goth-Trad (ゴス・トラッド)として、2003年4月に 1st ソロ・アルバム「GOTH-TRAD I」を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートする。同年秋にフランス・ツアーを敢行。翌2004年1月、The Mars VoltaO東名阪ツアーのオープニングアクトを務めた。5月〜6月にもヨーロッパ・ツアーを敢行。11月にはアート・リンゼイの東京公演にオープニングアクトとして出演。2005年1月、2枚目のソロ・アルバム「The Inverted Perspective」をリリース。同年3月、韓国ソウルで開催された日韓友情年イベントの「Korea-Japan Road Club Festival 2005」に出演。マッド・レイヴと称した新たな音楽性を打ち出し、3枚目のソロ・アルバム「Mad Raver's Dance Floor」を発表後、ベルリン、パリ、メッツ、ロンドンそして国内8都市でリリース・ツアーを行なった。
2006年1月、限定アナログ盤12inchシングル「Paranoia/Acid Steps」のリリースをかわきりに、現在進行形Mad Raverに送る、新たなフロアチューンを製作中。

c-take (VJ)

迫田悠 (VJ)
VJ、グラフィックデザイナー、映像作家。
2000年にlomaを結成、2001年からROVOのVJを務め、国内外のライヴやツアーに同行。これまでRovo、勝井祐二、ohana、A Hundred Birds、Ego Wrappin’ほか数々のバンドやミュージシャンのMVやライヴ映像、アートワークを制作。タップダンサー熊谷和徳、舞踏家トチアキタイヨウら身体表現分野とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。2006年末Klomaを解散、2007年より「迫田悠」名義の活動をスタート。

主催: East Works Entertainment Inc.
協賛: Jazztoday, JJazz.Net
– – – –

ZONI展

7月はタミオー (タミオーバンド主催)とワタル (実弟)の共同実験映像プロジェクトZONIの作品をラウンジ営業日とイベント前後に投影展示します。
12790718zoni.jpg

quartz-head talk 05 - re-gions release party
Live: quartz-head talk 05 (daisuke fujiwara, omar guaindefall, icchie), Yuji Katsui and Goth-trad Session
VJ: c-take, sakota



with flyer 3000 (plus drink)

Artist Information:

quartz-head talk 05


quartz head aka. fujiwara,daisuke (sax/synthesizer/electronics)
Omar Guaindefall (vo,/afro.perc.)
icchie - Daishi Ichihara (live dub mix)

Yuji Katsui and Goth-trad Session


Yuji Katsui (vln.)
Goth-trad (tracks)

c-take (VJ)
Haruka Sakota (VJ)

presented by:
East Works Entertainment Inc.
Jazztoday
JJazz.Net
- - - -

ZONI video exhibition!


Throughout the month of July, SuperDeluxe is featuring ZONI's video works.
12790718zoni.jpg

More great eventsこちらもどうですか