Test Tone

2008/11/11 火曜日

Test ToneTest Tone

Open: 20:00:00 | Start: 20:00 - 02:00

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Test Tone vol. 39
Night of Black Smoke and Electric Tambourines
いろいろなスパイスが混ざりあう。スパイシー、脂肪分なし。
Featuring Missing Man Foundation + 安藤暁彦、Ryu Konno + 千葉広樹、山本達久 + Yasufumi Suzuki、相川勝

テストトーンのホームページ

出演者情報:

鈴木康文 a.k.a. AEN (Commune Disc) + 山本達久 (drums and metal)

Commune Discレーベルのディレクター、Super Deluxeで毎月行われるSOUNDROOMのキュレーターとして鈴木康文は多くのミュージシャンのまとめ役をつとめる。自身もアーティストとして、2台の古いテープレコーダーを使いオーバーダブをし、レイヤーを作り上げるやり方で素晴らしいソロ作品を発表してきた。プレーヤーとしては、怖いもの知らずの即興家で、国内外を問わず様々なジャンルのアーティストと共演してきた。
今回のTest Toneでは、超人気のインディースーパーグループナツメンのダイナマイトドラマー山本達久が、おなじみの「ドラムとメタル」で参加。クレージーなジャズやプログ、ノイズを織り交ぜ、個性的なグループでドラマーとして名を広めてきた。
2人の個性的なミュージシャンの共演は予想もしない即興演奏を生み出す。

山本達久
高校在学中にドラム、パーカッションに目覚める。基本はロックドラムだが、山中との因果により線が切れ、現在はノイズドラマーとして転機を迎える。
スタイル、知識、技術をサブリミナル的に構築・放棄するドラミングは、若き日の一楽儀光氏を彷彿させる。
現在は多数のバンドに参加中。音源は西日本ハードコアバンドのコンピレーションアルバム「スコーピオンデスロック」に、今は解散のMAMUSIで参加。他に、君の蒔、佐々木匡士氏のLIVEアルバム、一楽儀光氏も参加の香港男祭では、2003春に行われた、RUINSとの韓国ツアーを収めたLIVEDVDも発売されている。
18721111tatsuhisayamamoto.jpg

鈴木康文 a.k.a. Aen
アエンは東京在住のスズキ・ヤスフミによるソロ・プロジェクト。 自身でcommune-disc labelを運営。また安永哲郎 (minamo)とのユニ ットVOIMAを初めとし、トランペッターbucciのリーダーバンドtRAP への参加など、その活動は多岐に渡る。
1872aen.jpg

Ryu Konno (turntables / electronics) + 千葉広樹 (contrabass / electronics)

千葉広樹のコントラバスと昆野立のターンテーブルのサウンドが気持ちよくミックスしている。2人ともエレクトロニクスの機材をたくさん持ち合わせているにもかかわらず、できあがった音楽は完成度が高い。

Ryu Konno (RefRain Records)
昆野立 (コンノリュウ)。そのDJスタイルはブレイクビーツ、Worldミュージック、テクノ/ハウス、ラテン/ジャズを中心とし、イベント/パーティ/時間帯により柔軟に変化する自由で幅広い選曲を見せる。随所で繰り出されるまるで楽器のパートのような鋭くリズミカルなスクラッチも見所のひとつ。近年はスクラッチ、エフェクト、オリジナルトラックを駆使したDJと生楽器とのセッションライブ等も精力的に行い、トラックメイカーとしても 2005年コンピレーションアルバムへの参加によりデビュー。2008年新作の発表を予定している。
1872ryukonno.jpg

千葉広樹
ベーシスト、ヴァイオリニスト、エレクトロニクス奏者。1981年岩手県生まれ。ヴァイオリンを七歳から、コントラバスを大学在学中から始める。riddim saunter等のバンド活動を経て2004年からジャズベーシストとして活動中。これまでに飛頭、ONJO、Hose、大島輝之(Sim)、菊地雅晃、等と共演。現在はミドリトモヒデ(飛頭)、藤井信雄(DCPRG)との「Electrio」、リーダーグループ「Isolation Music Quartet」、菊地雅晃との「2ベースカルテット」、Doigaki&Yuki(ZENOCIDE)による「ZHA VHENOM」とのJazz Breaks Hiphopユニット、畠山地平、Jimanicaとの「No Name Trio」等、ジャズを中心に様々なシーンで活動中。またMultiple Modulation Systemによるコントラバスソロでも活動中。2003年よりノイズ+テクノソロユニット「effective dose」としても活動中。2004年magic book recordsよりEPをリリース。最近ではriddim saunterのリミックスアルバム「BRIGHTEN OURS FROM THE REMIXES」に参加。8月にtelemetryよりSAIDRUMによるリミックスを収録したコントラバス作品をリリース。riddim saunter1stAlbum[Current]、2ndAlbum[Think,Lad and Lass]にストリングスアレンジ&ストリングスで参加。その他、杉本拓の作品、大蔵雅彦、宇波拓、杉本拓による室内楽コンサートの作品集にもヴァイオリンで参加。
18721111chiba.jpg

Missing Man Foundation (ピーター・スレード/キャル・ライアル) + 安藤暁彦 (狂うクルー/Henrytennis)

Test Toneイベントが始まって間もない頃のセッションを集めたMissing Man Foundationのアルバムがリリースされてから1~2年がたつ。それ以来、このイベントは大きくなってきて、Missing Man Foundationのサウンドも変化を遂げてきた。初期はループがベースになったポップから最近では抽象さを取り入れたミニマルでハーモニックコンセプトへと変わりつつある。
おなじみのラップトップとギターの ピーター・スレードとキャル・ライアルがサックスの 安藤暁彦を迎える。 狂うクルー、Henrytennis、 オムゾンビ、ミスデリュージョンエンパイヤなどのグループで活躍する安藤がこのグループのセッティングでどのような演奏をするかは要注目。

Missing Man Foundation
1872mmfsdlx.jpg

安藤暁彦

相川勝 (インスタレーション)

エンタテイメント業界が著作権問題で巨額な法的問題に陥る中で、芸術の価値に関して様々な問題が問われる。相川勝には明確な答えを与えることはできないが、彼の展示、「My 25 CDs」ではおもしろい考えを見せてくれる。2009年2月にSuper Deluxeで行われるインスタレーションの予告をかいま見ることができるだろう。

相川勝 (My 25 Cds)
1978年生まれ。日本在中。ペルー共和国で生まれ、
幼い時期を同地にて過ごす。2004年多摩美術大学メディア芸術学科卒業。
在学中より日本国内で、「複製」と「身体」をテーマにした作品を発表している。
現在は「複製芸術」、「著作権/違法コピー問題」に興味を持ち、それをテーマに作品を制作している。

About Test Tone….
SuperDeluxeで2年間、毎月第2火曜日フリーチャージにて開催されているテストトーン。クラブミュージックを中心に、インプロ、ジャズ、民族音楽、ラウンジ、ロック、ジャンルを超えた様々なバンド、ライブミュージシャンが出演している人気イベント!またVJ、ダンサーなども頻繁に出演。映像と音楽、音楽とパフォーマンスなど、様々なコラボレーションも頻繁に行っており、クオリティの高いパフォーマンスを目の当たりにする事が出来る。

Test Tone vol. 39
Night of Black Smoke and Electric Tambourines
A sumptuous evening of fine auricular dining. All the ingredients to drive your palette wild! Spicy, full-bodied and less-fattening!
Featuring Missing Man Foundation + Akihiko Ando, Ryu Konno + Hiroki Chiba, Yasufumi Suzuki + Tatsuhisa Yamamoto / Installation: MASARU AIKAWA



Test Tone Homepage

Artist Information:

Yasufumi Suzuki a.k.a. AEN (Commune Disc) + Tatsuhisa Yamamoto (drums and metal)


Indeed, it's about time that Yasufumi Suzuki took part of the Test Tone series. As director of the Commune Disc label and curator of the monthly SOUNDROM event at Super Deluxe, he keeps close quarters with many performers we know and respect. As an artist in his own right he produces resplendent solo work, very often the result of his two old tape recorders overdubbed into layered and sublime pieces of music. As a live performing artist, he is a fearless improvisor, taking the stage in a number of contexts with musical innovators from Japan and overseas.
This time around, he will be joined by bombastic drummer Tatsuhisa Yamamoto, who despite a string of sold-out shows with indie supergroup Natsumen, still finds the time to take part of these evenings with his signature 'drums and metal'. From psych jazz and progressive rock to scumcore and noise, Yamamoto has developed a reputation for holding his own in a number of unorthodox musical settings, while still keeping his unique voice as a drummer.
A meeting of two spectacular performers that promises some very fine moments of precarious and imaginative improvisation.

Yasufumi Suzuki a.k.a. Aen (commune disc) / (SOUNDROOM)
1872aen.jpg

Tatsuhisa Yamamoto
18721111tatsuhisayamamoto.jpg

Ryu Konno (turntables / electronics) + Hiroki Chiba (contrabass / electronics)


It's always inspiring when you find that two very different instruments can hold such impressive combined potential in the hands of the right musicians. Such is the case when the contrabass work of Hiroki Chiba meshes with the singular turntablism of Ryu Konno. Both performers come armed with an array of electronic gadgets, but still manage to keep the music surprisingly deft in its delivery, twisting through illbient beats one minute, then stumbling into piles of dense psychedelia the next. With well-honed musical sensitivity, they coax a virtual travelogue from their instruments.
Guaranteed to leave some long-lasting images from their rich sonic palette, this duo is coming into a musical language all of their own.

Ryu Konno (Turntables&Electronics/ RefRain Records)
1872ryukonno.jpg

Hiroki Chiba (contrabass/electronics)
18721111chiba.jpg

Missing Man Foundation (Peter Slade / Cal Lyall) + Akihiko Ando (Kuruu Crew / Henrytennis)


It has been a year or two since Missing Man Foundation released Test Tone Sessions, an album recorded largely in the formative months of the Test Tone event. Since then, the event has grown exponentially in scope, and Missing Man Foundation have also changed their sound. From their beginnings in loop-based glitchy bitpop, they have turned to a more minimal harmonic concept incorporating elements of abstract electronica and drone.
With their (somewhat) familiar setup of laptop and unprepared guitar, Peter Slade and Cal Lyall will be joined by mercurial saxophonist Akihiko Ando. As a driving component of Kuruu Crew, Henrytennis, Ome Zombie, Myth Delusion Empire and other bands you have undoubtedly seen around town, Ando works himself seamlessly into music of many shades.
This night will be a chance to see him weave a bit of his artistry into another musical landscape altogether.

Missing Man Foundation (Peter Slade / Cal Lyall)
1872mmfsdlx.jpg

Akihiko Ando (Kuruu Crew / Henrytennis)

Masaru Aikawa (Installation)


As the entertainment industry falls into expensive legal battles over copyright infringement, we are faced with a number of questions about the nature of art. Should we really be making consumables for the masses? Are we packaging our own identity? Masaru Aikawa doesn't have any answers, but he does present a brilliant idea in his exhibition 'My 25 CDs'. Taking the appearance of a run-of-the-mill listening post at your local record shop, his latest work offers something completely out of the ordinary. This is a sneak preview of an installation to take residence at Super Deluxe in February 2009.
Two nights only. Don't miss it.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!