ぷりぷりの直感

2008/12/22 月曜日

PuriPuri !?!? 1ぷりぷりの直感

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ぷりぷりの直感~2008年12月22日「月」スパ寺1日目!!!
出演: 吉田アミ、ガルペプシ、DOKAKA、山川冬樹、辺口芳典、種子田郷、足立智美、ツポールヌ、川染喜弘、他
希代のボイスパフォーマーたちを中心にした出演者ラインナップは何処にも無い圧倒的なパフォーマンスの予感!

*学割についてのご案内
当日、学生証をお持ち下さい。
当日券学割でご入場出来ます。

出演者詳細:
吉田アミ
声ではなく、ただの音。感情から解き放たれたその声は、肉体をかるがると超越する ーハウリング・ヴォイス。可聴スレスレの微少な声の震えや、唇の隙間を抜ける空気の音、循環呼吸を使った永遠に続くかのような音、マイクスタンドの軋み・・・・。それら些細な事象すべて、マイクロフォンで拡張された音が「彼女の音」である。
1976年5月13日生。1997年5月にはTAMARUのレーベル1040よりソロ・アルバム" spiritual voice "を発表。以降、ソロ、astro twin(Utah Kawasakiとのユニット)、cosmos(sachiko.Mとのユニット)、カリフォルニアドールズなどで活躍中。2003年、セルフプロデュースのよるソロアルバム「虎鶫」を発表。同年、アルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門「astrotwin+cosmos」で2003年度、グランプリにあたるゴールデンニカを受賞。現在、世界がもっとも注目するアーティストの一人。
19021222amiyoshida.jpg

ガルペプシ (gulpEpsh)
ブロークン・ビートヴォックス不条理MCなスタイルで活動中。幼少時代、ケントフリックや嘉門達夫の様な特殊なスタンスに影響を受ける。その後ハナタラシのマイクロフォン・アナーキズムに衝撃を受け、コーラをがぶ呑みし、ゲップ(gp)をリリース。2000年頃よりKA4U氏率いるMIDI-saiの企画・アートワークに携わる。2001年ガルペプシ初ライヴ at MIDI-sai。2003年アフラとコラボレーションライヴ。2005年DODDODO、OVe-NaXxと共にOZツアー。2006年DODDODO、OVe-NaXx、SCOTCH EGG、maruosa、DISTESTとともにヨーロッパツアー、ベルリンのビートボックスバトルにゲスト出演。一時期名義を変えまくってのかくれんぼを楽しんでいたが近頃は落ち着いて来た。
19021222gulpepsh.jpg

DOKAKA
DOKAKAインタビュー
(MySpace / 動画: electricdokaka's Channel)
Q:ところでこのアルバムどこが売りなの?(3歳ともや君) ——- すべて声だけで出来てる。
それしってる、はやりのヒューマノイドビートニクスだね—- ビートだけでなくメロディーも全部だよ。
A: 「彼の音楽を聴いているとワクワクがとまらないの」by ビョーク
ともや:今からドカカとドカドカするのがワクワクだよ!?ね?ね?——- そうだね。
19021222dokaka.jpg

山川冬樹
ホーメイ歌手/パフォーマンスアーティスト
1973年12月6日、 英国ロンドンに生まれる。 現在横浜市在住。表現手法は多岐に渡り、自らの「声」と「身体」をプラットフォームに、アートと音楽の境界線上に又をかけた脱領域的活動を展開している。
1997年 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。 1999年同大学大学院美術研究科修士課程修了。1999年より4年間、多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース久保田晃弘・三上晴子研究室で助手を勤め、2003年より東京芸術大学先端芸術表現科及び、女子美術大学メディアアート学科非常勤講師。2003年7月、ロシア連邦トゥバ共和国で開催された「ユネスコ主催 第4回国際ホーメイフェスティバル」に参加。 コンテストでは「アヴァンギャルド賞」を受賞。肉声を電子音のように操るその独自のスタイルは、トゥバ人たちに「авангардное хоомей(アヴァンガールド・ホーメイ)」と称される。同年11月に東京で開催された「第2回日本ホーメイコンテスト」では、第1回大会(2001年)に引き続きグランプリと観客賞をダブル受賞。
2003年10月、森美術館開館記念イベント「ハピネス・アート・アリーナ」出演。2004年7月「フジロックフェスティバル2004」出演。10月「sonarsound tokyo 2004」出演。2005年「Queensland music festival (Australia)」「Queer Zagreb (Croatia共和国)」出演。
トゥバ伝統音楽の文脈を踏まえた活動の一方で、John Zorn`s Cobraへの参加や、コンテンポラリー・ダンスとのコラボレーションなど、様々な領域のアーティストとの共演多数。2004年よりバンド、AlayaVijanaではヴォーカルを担当、2005年にはアルバム「AlayaVijana II」をリリース。
近年は電子聴診器や電気式人工喉頭、骨伝導マイクロフォンといった医療機器を積極的に導入し、自らの心臓の鼓動の速度を制御しながらそのリズムを光の明滅に還元するなど、テクノロジーによる身体拡張をコンセプトにした作品を発表している。
動画: SONY "WALKMAN" CM『伊東篤宏×山川冬樹』篇
19021222yamakawa.jpg

辺口芳典

種子田郷
音楽家。サウンドアートユニットproject suara主宰。音響を豊かな表現のための楽器として、サウンドが主体性を帯びたパフォーマーとして存在するという考えから時空間の表現に取り組む。「SoundDanceVisual」シリーズ公演をさとうじゅんこと主催し、vol.7『セクエンツィア〜さひづる庭』(横浜美術館・グランドギャラリー)等を発表。音響開発・技術者のTaguchiと共同でジオグラフィカルなサウンドプロジェクションを実現。森山開次、能美健志、神村恵、東野祥子などとの作品に、音響システムを導入しライブパフォーマンスで音楽を担当。ダンストリエンナーレTOKYO2006で、美加理(ク・ナウカ)と『生のものと火を通したもの/闇の碧』を発表。他に能楽師・津村禮次郎、舞踏家・室伏鴻らと共演。「存在感のある音」(NYtimes)、「水墨画のような濃淡を描き、皮膚にまとわりつく電子音」(舞踊評論家・石井達朗)と評される。2006年11月新作CD『sketch 2006』発表。ジャワガムラングループsuara所属。
19021222gotaneda.jpg

足立智美
パフォーマー/作曲家。ヴォイス、各種センサー、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏、音響詩、舞台音楽など幅広い領域で活動し、ヤープ・ブロンク、ニコラス・コリンズ、高橋悠治、坂田明、一柳慧、カール・ストーン、飯村隆彦、伊藤キム、猫ひろしらと共演。またインスタレーション作家、映像作家としてもキャリアがあり、非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。世界各地のオルタナティヴ・スペースの他、ポンピドーセンター(パリ)、STEIM(アムステルダム)、エクスペリメンタル・インターメディア(ニューヨーク)、ウォーカー・アート・センター(ミネアポリス)などで公演している。また2007年にジョン・ケージの『ユーロペラ5』の日本
初演の演出をてがける。CDに足立智美『ときめきのゆいぶつろん』(naya records)、足立智美ロイヤル合唱団『yo』(Tzadik)などがある。
19021222adachiir.jpg

ツポールヌ (音がバンド名)
19021222tsuporunu.jpg

川染喜弘 (音がバンド名)
19021222kawasone.jpg

DJぷりぷり
19021223djpuripuri.gif

Live: Ami Yoshida, gulpEpsh, DOKAKA, Fuyuki Yamakawa, Yoshinori Henguchi, Go Taneda, Tomomi Adachi, Tsuporunu, Kawasome Yoshihiro and more!



Artist Information:
Ami Yoshida
19021222amiyoshida.jpg

gulpEpsh
19021222gulpepsh.jpg

DOKAKA
DOKAKA Interview
(MySpace / YouTube: electricdokaka's Channel)
19021222dokaka.jpg

Fuyuki Yamakawa
born in London UK on 1973. based in Tokyo Japan.
Fuyuki Yamakawa -creator of sound/visual installations and improvised musical happenings - picks up and amplifies the sound of his heartbeat with an electronic stethoscope. At the same time this triggers the lighting of a series of light bulbs that oscillate simultaneously with the heartbeats, themselves cadenced to the rhythm of his 'Khoomei', a form of popular Tuvan (central asian) overtone singing in which Yamakawa excels, characterised by diplophonia, which is the contemporary emission of two sounds requiring total control of one`s breathing. Through his vocalisation, he controls his heartbeat`s speed and velocity.
" My physical body`s phenomena is outputted as sound and light and it gives perceptional stimulations to eyes, ears, and skins of audiences. Eventually the venue transforms into extended part of my body," he says. " Sometimes it stops my heart for seconds. I use electric guitar but I never touch the strings. I shake and rub the body of guitar to make drones. These actions work like 'sports', which influence heart beat." With a background in video art and graphic design, in 2001 he won the Grand Prix and Audience Award at the 1st Khoomei Festival in Japan (September) and started his professional career as a voice performer. In 2003, he was invited to the 4th International Khoomei Festival, which was held in the Republic of Tuva. He won the Avant-garde Award in the contest and became known as an Avant-garde Khoomei singer. In the same year, he participated in the 2nd Khoomei festival in Japan and succeeded in defending his championship title.
YouTube: SONY "WALKMAN" CM "Atsuhiro Ito × Fuyuki Yamakawa"
19021222yamakawa.jpg

Yoshinori Henguchi

Go Taneda
19021222gotaneda.jpg

Tomomi Adachi
19021222adachiir.jpg

Tsuporunu
19021222tsuporunu.jpg

Kawasome Yoshihiro
19021222kawasone.jpg

DJ PuriPuri
19021223djpuripuri.gif

More great eventsこちらもどうですか