Home Made Jam

2010/06/19 土曜日

Home Made JamHome Made Jam

Open: 18:00:00 | Start: 19:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Live: MAJESTIC CIRCUS、らぞく、南無 / DJ: UGS、DJ Odace

出演者情報:

MAJESTIC CIRCUS

大半のオリジナル曲をコンポーズするギタリスト、マナブ(manabu)は2001年に グラミー賞を受賞した世界的な音楽家、喜多朗のサポート・メンバーとして活動の場を世界に拡げている。またギター&ヴォーカル担当のケイジと共に日本のジャムバンドの元祖、ビック・フロッグのオリジナル・メンバーであっ た。在籍時にはアメリカの伝説的バンド、フィッシュ (Phish)をはじめ、モー (moe)、リトル・フィート(Little Feet)、マール・サンダース(Merl Saunders)らの来日公演でオープニングアクトを努めている。その多彩な知識はバンドのサウンドになくてはならない色を添えている。パーカッションのゲンの、多岐にわたるラテンパーカッショニストとしての活動の中の一部には、自身の参加するバンド、サルビアやカメルーン の音楽大使、ワッシービンセントのサ ポートなどがある。持ち前のラテン気質で、MJCのサウンドをより明るいものにしている。ゲストヴォーカルのナオは、その清涼感のある特徴的な声を生かし、自身のヴォーカルがメインのユニットYoLeYoLeでの活動や、さまざまなバ ンドへのゲスト参加なども頻繁に行っている。
こうしたメンバーの多彩な音楽性や個性が絡み合って今のMajestic Circusの音楽は成立しているのだ。音楽シーンを大きな流れへと導くのに必要不可欠な存在となるに違いない。
hp
Picn!c Records: 動画
260020100619mjc.jpg

らぞく

1996年結成、今年で13年目を迎える湘南・藤沢発、竜太(G.Vo.)、ぶん(B.Cho.)、兼作(Dr.Cho.)によるトリオ。メ ディアや流行にとらわれないオリジナリティ溢れるサウン ドと、即興性のある変幻自在のパフォーマンス。「ハヤイノニマッタリ、マッタリナノニハヤイ」その2極両端あわせ持つ、筆舌に尽くしがたい表情の豊かさ、 唯一無比のグルーヴとセンス、それが“らぞく”。2006年4月には待望の6曲入りアルバム 「HOWSWEET」をリリース。 フジロック等々大型野外フェスに出演し全国各地を駆け巡る中、同年8月に 11曲入り2ndアルバム「JOYSTREEM」をリリース。 2008年10月には、アフリカ在住のパーカッショニスト大西匡哉加入時の音源をリテイク、リマスターした、razoku quartetによる「TROPICANA」をリリース。PEACEでROCK、SOFTでFREAKY。一寸先の闇を音で切り開く、ファンタスティック な最新型湘南サー フ・ジャム・ロックをお試しあれ!!!
hp
myspace
youtube (動画)
260020100619razoku.jpg

南無

2006年活動開始。”Mar”服部政行(愛知県知立市出身)と ”Imari”小久保伊万里(群馬県桐生市出身)で結成。 Mar と Imari の呼吸が、南無の音楽の原点であり全てだ。 瞬間の無音や、次々と変化するダイナミクスが空間をピンと張り詰める。ギターボーカルとドラムのみより創出される、フォーク、ロック、ポップス、オーガ ニック、プログレッシブ・・・様々に形容される南無の音楽性は、その全てが彼らを正しく表し、またある意味そうではない。 音楽的なカテゴライズより、彼らが常に意識して心がけているのは「人の心に届く音楽」を演ること。南無を語るにはこの彼らの精神的基盤について真っ先に言 及しなければならない。 南無の音楽は旅である。音楽の旅が南無のすべてを進化させていく。 全国各地津々浦々、毎年数百のライブをする南無は作曲もライブ中、ふたりが初めてその曲を演奏するのも旅先のライブである。だからこそ生まれる、詩(コト バ)や演奏(音)の決定的な必然性は、ライブを体験するオーディエンスに新しい、けれどもどこか懐かしい音楽として、まるで浸透圧のように心と体に馴染ん でいく。ギターボーカルのMar とドラムスの Imari のシンクロニシティーが創造するオンリーワンの世界が南無なのだ。
2006/10  単独NYツアー
2007/07 フジロックフェス ティバル=AVALON feald=
2008/04 アースデイ東京 代々木公園野外ステージ
2008/08 サマーソニック 08=River Side Garden=
2009/05 つながり/泥棒日記
2009/07 ひかり祭 =卒業=
2009/09 ワンマンライブ@ 下北沢garden
おかえり!ただいま!いってきます!
各地のフェスティバル、祭に参加 の他、有機的に繋がる南無のファミリーとともに音、人を軸に全国ツアーを続けている。
hp
myspace
260020100619numb.jpg

Live: MAJESTIC CIRCUS, Razoku, NUMB / DJ: UGS, DJ Odace



Artist info:

MAJESTIC CIRCUS


Members: Manabu (Mabee) who's responsible for the band's most original compositions reached for the world when he joined internationally acclaimed and Grammy winning artist Kitaro as his tour guitarist. Furthermore, together with Keiji (g, voc), he was an original member of Japan's first jamband "Big Frog" which opened for such legendary American bands like Phish, moe., Little Feat and Merl Saunders when those bands played Japan. Akaza (Gen), in his role as a complex, edge-crossing Latin-percussionist, played with bands like Salvia and Kamerun's musical ambassador Vincent Wouassi, Jr. Now his Latin flavour brings a certain brightness to the band. Guest singer Nao is the fresh, reviving female voice. She also has her own acoustic project YoleYole and performances with other bands happen from time to time. Last but not least and joining in the summer of 2006, new bassist Mock, only 23 years young, with his incredible sense for sound and amazing technique already catches glimpses as the band's new sound maker. The diversity of the members' backgrounds finally weaves together Majestic Circus astonishing music. They are a core-element of the so-called jamband-scene, and, taking this role, will help to establish it - for sure.

Formed around Mabee and Keiji, original members of Japan's first jamband "Big Frog", Majestic Circus was founded in 2002. Originally being a name for an event organized by Manabu, Majestic Circus soon became the name of the band. In the beginning members were still fluctuating before the present constellation of 7 musicians took place in 2003. Majestic Circus' magic, after all, may best be found in their live appearances in which they go on an amazing trip together with their audience. The sound those 7 people produce on stage truly reminds one of a circus unleashed. Sometimes hot and funky and sometimes floating in an open space where you don't know where they go, just when it seems they're stuck in a no way out improvisation, a fresh jam, gentle like a spring nightwind might unfold, winning the audience's heart and taking them along on a trip to the unknown. While different musical styles like rock and world-music meet in their songs, the message always comes down to which seems to be the most important: "HAVE FUN!" Simply enjoy the music and transport this feeling back to your daily life. This is what the member s took from their experiences at Grateful Dead or Phish shows and the depth of Majestic Circus music reflects these experiences of every single member. Once you hear them, they got you and daily life's stress might dissolve as you depart with them for this journey of sound.

hp
Picn!c Records: Movie
260020100619mjc.jpg

Razoku


hp
myspace
youtube
260020100619razoku.jpg

NUMB


hp
myspace
260020100619numb.jpg

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!