ヘンリー・カイザー BOOGIEDELIC

2010/12/06 月曜日

BOOGIEDELIC Henry Kaiserヘンリー・カイザー BOOGIEDELIC

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

舞技出律句 – BOOGIEDELIC

ヘンリー・カイザーと豪華な仲間達による一夜限りの即興ブギバンド・パーティー!!

出演:
ヘンリー・カイザー(Henry Kaiser)electric guitar
秋山徹次(Tetuzi Akiyama)electric guitar
佐藤タイジ(Taiji Sato)vocal(THEATRE BROOK/The Sunpaulo)
ジム・オルーク(Jim O'Rourke)bass
サム・ベネット(Samm Bennett)drums
Reddyo vocal
+
ポールダンス:NOEMI & HATSUKI (ツインポール!!)
VJ:onnacodomo

なお、サンタナワールドツアーなどのVJ EREBUSの出演がキャンセルとなり、初海外公演を果たしたばかりのonnacodomoが出演します!

前売り券はe+(イープラス)にて絶賛発売中!!!

チケット取り扱い:e+(イープラス)

注意:当日場内は全面禁煙とさせて頂きます。

ヘンリーが今年5月に元カントリー・ジョー&フィッシュのギタリスト:バリー・メルトン、ミニマル・ソロ・ブギー・ギター奏者:秋山徹次とアメリカでレコーディングしたエクスペリメンタル・ブギー・アルバム ”Can’t Stop the Boogie” (来年P−Vineより発売予定)収録曲に加え、キャプテン・ビーフハート、キャンド・ヒート、ジョン・リー・フッカー等のカヴァー曲も含めた即興エネルギー満載のフリー・フォーム・ブギー!

出演者情報:

ヘンリー・カイザー(Henry Kaiser)

280320101206henrykaizerinfo.jpg
カリフォルニアを本拠地とする、グラミー賞受賞者ヘンリーカイザーは、最も創造的で革新的なギタリスト/即興演奏家/プロデューサーのひとりとして、ロック/ジャズ/エクスペリメンタル音楽の分野で広く知られ、通算225枚以上の違ったジャンルのアルバムに登場し、数えきれないほどのテレビ番組や映画作品のサウンドトラックに寄与している。多様かつ挑戦的に自身の音楽を模索する共同作業者として、驚異的な数のレコーディングプロジェクトの制作に携わっているだけに留まらず、いくつかの定期的なグループあるいはソロギター奏者としてのコンサート、または様々な楽器の演奏家達とのフリー・インプロヴィゼーションのコンサートを、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本で頻繁に行っている。ヘンリーカイザーは、実は米国南極プログラムの科学ダイバーという別の顔も持っている。以前には科学的探査とダイバーの訓練のための水中ビデオの使用の先駆として、カリフォルニア大学バークレー校にて17年に渡り水中探査の教鞭をとり、2010年にも、ロス海の20フィートの厚い氷の下に7回目の調査ダイビングを行っている。南極の氷の下の映像に関して彼の撮影した記録は、他のどの水中カメラマンにものよりも数多くの映画やテレビ番組に登場し、おそらく他のどのプロのビデオ撮影家よりも、多くのダイビングを行っている。これまで30年以上の歳月を、プロデューサー/ディレクター/サウンドトラックの作曲家として働き、映画やテレビ業界での平行したキャリアを持っていて、テレビの科学番組の制作と監督にも多くの時間を費やしている。ヴェルナー・ヘルツォーク監督の「ENCOUNTERS AT THE END OF THE WORLD」では、プロデューサー業として米国アカデミー賞のノミネートも受けたのみならず、水中カメラマン、サウンドトラック制作も行い、他の3本のヘルツォーク作品「THE WILD BLUE YONDER」「GRIZZLY MAN」「LITTLE DIETER NEEDS TO FLY」でも仕事をしている。彼の持つ卓越した音楽の幅の広さと多芸性は、以下に示す、これまでにレコーディングやステージで共演してきた非凡なアーティ スト達のうちのほんの一部のリストが証明するだろう:

Herbie Hancock, Richard Thompson, David Lindley, Bob Weir, The ROVA Sax Quartet, Elliot Sharp, John "Drumbo" French, Raymond Kane, Michael McClure, Bill Laswell, Steve Lacy, Fred Frith, Barbara Higbie, John Abercrombie, Leo Smith, Moe., Negativland, Michael Stipe, Terry Riley, Jim O'Rourke, Ryuichi Sakamoto, Sergei Kuriokhin, Zero, Critters Buggin', Diamanda Galas, Sonny Sharrock, Hans Reichel, Chris Cutler, Henry Cow, John Zorn, Andy West, David Torn, Bill Frisell, Joey Baron, Davey Williams, Eugene Chadbourne, Evan Parker, Sang-Won Park, Material, The Golden Palominos, Victoria Williams, Jin-Hi Kim, John Oswald, Glenn Phillips, Toshinori Kondo, John Stevens, Tom Constanten, Kiyohiko Senba, Bruce Anderson, Yuji Takahashi, John Medeski, Zoogz Rift, Ngoc Lam, Dama Mahaleo, Merl Saunders, Freddie Roulette, Mari Kimura, Harvey Mandel, Danny Carnahan, Robin Petrie, Rakoto Frah, Rossy, Alan Senauke, John Tchicai, George Lewis, Kazumi Watanabe, Peter Brotzmann, Zero, Bob Bralove, Greg Allman, Billy Kreutzman, Jerry Garcia, Miya Masaoka, Miroslav Tadic, Cecil Taylor, Nels Cline, and Amos Garrett.

ホームページ(英語)

秋山徹次

280320101206akiyaman300.jpg
ギターという楽器の持つ特質に、自身の欲求をミニマルかつストレートな形で加えていくことによる、原始的で即物的な意味合いを含んだ演奏を得意とする。ミクロからマクロに至る音量を、繊細に、ときには大胆にコントロールし、身体の電子化を試みる。
Improvised Music from Japan: 秋山徹次

佐藤タイジ(THEATRE BROOK/The Sunpaulo)

280320101206taijisato300.jpg
圧倒的なカリスマ性と他に類を見ない独自の感性を持ったギターサウンドでTHEATREBROOKのサウンドを牽引し、作詞、作曲を担当する、バンドの顔としてなくてはならない人物。最近ではJAM系、ダンスミュージックを主体とした別ユニット=The SunPaulo (メンバーは佐藤タイジと森俊之)の活動も展開。またケミストリー、レヨナ、中島美嘉への楽曲提供、櫻井敦司、MCU、井手麻里子への楽曲提供とプロデュース、清春、tobaccojuiceのプロデュースなども手掛ける。2008年よりソロ活動を本格的にスタートし、アルバム『The Divorced Rockstar』を発表。2009年The SunPauloの新作『ONE PEOPLE』は6月17日にリリース、12月27日に恵比寿LIQUID ROOMにて2年ぶりにTHEATREBROOKも復活。2010年に入りアルバム先行で発売されたシングル『裏切りの夕焼け』はオリコンチャートで上位を記録。6月には5年ぶりとなるTHEATRE BROOK のNEWアルバム「intention」、また初著書『やめんかったらロックスター』を同時発売した。
その後初のソロライブツアーを敢行した。
myspace / Theater Brook Homepage

ジム・オルーク

280320101206jim3300.jpg
wikipedia

サム・ベネット

2803sammbennettphotobykeifujiwara.jpg
ホームページ(英語) / myspace
インタビュー(MY TOKYO LIFE)

Reddyo

280320101206reddyo.jpg
東京/N.Y.を往復しながら現在アーティストとしてLIVE活動、スタジオワークス、作詞、作曲、他のアーティストをプロデュースしたり、続々卒業生をデ
ビューさせている。現在T.a.s.i.という自己のスクールをWornell Jonesと立ち上げている。また音楽活動のみにとらわれず、声や音の共鳴(振動)を体験しながら、スピリチュアルな世界やアートをどう実生活にフィードバックして、自由な心を持ち続けるかなどをテーマにしたエネルギーワークやキャンドルナイト(エコ活動やチャリティ)等、イベント、ワークショップを開催している。コーラス、レコーディング参加アーティスト:Misia、スタイリスティック、米米クラブ、平井堅、他多数。自己のArtプロダクション Red Moon Cycle 代表。
ホームページ

NOEMI & HATSUKI

noemi blog

onnacodomo (オンナコドモ)

280320101206onnacodomo.jpg
ミュージシャンのDJ Codomo、アニメーション作家のせきやすこ、イラストレーターの野口路加の3人による異色のVJユニット。コンピューターグラフィックスや、録画素材 をいっさい使用せず、ビデオカメラの下で、水、キッチン用品、文房具、おもちゃ、印刷物など、日常にある様々なものを用い、リアルタイムに色鮮やかな映像 をつくり出すライブパフォーマンスを展開中。Buffalo Daughter、レイ ハラカミ、Mani Neumeier、Au Revoir Simone等、多数のアーティストと共演し、スペースシャワーTV「DAX」のオープニングなども担当している。
ホームページ

BOOGIEDELIC


A special one night boogie band PARTY with Henry Kaiser and super friends!!

Boogiedelic are:
Henry Kaiser - electric guitar
Tetuzi Akiyama - electric guitar
Taiji Sato - vocals (THEATRE BROOK/The Sunpaulo)
Jim O'Rourke - bass
Samm Bennett - drums
Reddyo - vocal
with
twin pole dance: NOEMI & HATSUKI
VJ: onnacodomo

EREBUS(visual) has been cancelied



Tickets available online from: e+ (eplus)

Note: Smoking is prohibited in all areas of the venue.

Artist information:

Henry Kaiser


280320101206henrykaizerinfo.jpg
Homepage

Tetuzi Akiyama


280320101206akiyaman300.jpg
Akiyama specializes in creating music with elements of both primitivism and realism by connecting his own aspirations, in a minimal and straightforward way, to the special instrumental qualities of the guitar. Sometimes delicately and sometimes boldly, he controls sound volumes ranging from micro to macro, in an attempt to convert the body into an electronic entity.
Improvised Music from Japan: Tetuzi Akiyama

Taiji Sato (THEATRE BROOK/The Sunpaulo)


280320101206taijisato300.jpg
myspace / Theater Brook Homepage

Jim O'Rourke


280320101206jim3300.jpg
wikipedia

Samm Bennett


2803sammbennettphotobykeifujiwara.jpg
Homepage / myspace
Interview (MY TOKYO LIFE)

Reddyo


280320101206reddyo.jpg
Homepage

NOEMI & HATSUKI


noemi blog

onnacodomo


280320101206onnacodomo.jpg
Taking their inspiration from moments and objects from everyday life, visual unit onnacodomo make the ordinary decidedly extraordinary. Eschewing computer-generated graphics or recorded material, the three members (DJ Codomo, Yasuko Seki and Ruka Noguchi) perform in real time using a video camera to capture their spontaneous creations. Shimmering projections are created using water, mirrors and an array of lights, while a world of fantastic images is constructed with found photos, kitchen utensils, toys, stationary and improvised artwork. Kaleidoscopic, absurd and unreal, onnacodomo takes you into a slightly-unhinged world that is absolutely original in its conception.
(Text Cal Lyall)
Homepage

More great eventsこちらもどうですか