ヴォイス・ジャム

2010/12/13 月曜日

What's a Voice For?ヴォイス・ジャム

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ヴォイス・ジャム

6人のヴォーカリスト – ソロとコラボレーション

シアトル在住のヒューマン・ジャズアーティスト、クリスチャン・スウェンソン(Christian Swenson)と彼の呼び掛けによって5人のヴォーカリスト達が集結するスペシャルナイト。6人のヴォーカリスト全員の短いソロ演奏の後、自然にコラボレーションへと流れていきます。それぞれのヴォーカリスト達は、ジャズ、パンク、ブルース、ノイズ、倍音、アメリカン、ワールドミュージック、即興音楽など多様なバックグラウンドをもち、内数名は初顔合わせとなるユニークな組み合わせ。純粋な「声」の可能性に焦点をあて、お互いの「声」をしっかり聞き反応する共有意識の先に生まれる新しい音楽を是非体験してください。

アーティスト・プロフィール:

クリスチャン・スウェンソン(Christian Swenson)

279620101213chrisswenson.jpg
シアトル出身のパフォーミングアーティスト。
歌/演技/ダンスを融合した即興パフォーマンスの「ヒューマン・ジャズ」プロジェクトのパイオニア。自身の体と声を使った表現活動に人生を捧げ、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各地で公演している。シアトル大学の演劇学部のメンバーでもあり、ダンス、パントマイム、声学、など様々なトレーニングを行う。韓国のシャーマンHi-ah Park、パキスタンのマスターシンガーNusrat Fateh Ali Khan、Bill Irwin、シアトルシンファニーオーケストラ、The Jay Clayton/Jim Knapp Collectiveなどと共演し、Interspecies Communication Inc.のJim Nollmanのヨーロッパ公演にも同行。2000年に「Off-Road Vocals」というCDをリリース。
Homepage

足立智美

279620101213adachitomomi.jpg
パフォーマー/作曲家。ヴォイス、各種センサー、コンピュー タ、自作楽器によるソロ演奏、音響詩、舞台音楽など幅広い領域で 活動し、ヤープ・ブロンク、ニコラス・コリンズ、高橋悠治、坂田 明、一柳慧、五世常磐津文字兵衛、カール・ストーン、飯村隆彦、 伊藤キム、猫ひろしらと共演。またインスタレーション作家、映像作家としてもキャリアがあり、非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。テート・モダン(ロンドン)、ポンピドゥー・センター(パリ)、STEIM(アムステルダム)から香港の床屋、ケルンの地下道まで世界各地のありとあらゆる場所で公演をしている。また2007年にサントリー・サマー・フェスティヴァルでジョン・ケージの『ユーロペラ5』の日本初演の演出をてがける。2009年から2010年までACCの助成で ニューヨーク滞在。CDに足立智美『ときめきのゆいぶつろん』(naya records)、足立智美ロイヤル合唱団『yo』(Tzadik) などがある。
ホームページ

Posuposu Otani (大谷祥之)

279620101213posuposuotani.jpg
ソングライター、喉歌使い、口琴奏者。1972年10月13日生まれ。もともとスケートボードやっていたのがきっかけで、ハードコアパンクなどにはまった。 90年代の初頭にSan Franciscoに住んだ時代にギターを弾き始める。その後宅録にて日記を書くように曲を作っていた。帰国後アジア(インド、タイ、八重山、北海道)を放浪する。それがきっかけでアジアやアフリカの音楽に興味が向く。20代はいろいろな場所(国内海外)に住みました。 2002年にはあこがれだった、東シベリアはサハ共和国へ口琴旅行。ヤクーツク近郊の祭りに参加。倍音原理主義者?と思われがちだが、以外とそうではない。倍音的な視点は大事に、しかし表現は自由に、柔軟に、といったコンセプトを大事にしている。また倍音系と呼ばれるより、ソングライターや詩人と呼ばれるのを好む。ここ10年ほどシベリアの音楽文化に夢中になる。4年ほど前から倍音と日本語の発声に異常にこだわった歌物ソロユニット”ポスポス大谷”を開始。アコーディオンとだみ声での弾き語りを基本とし、宇宙、生と死、過去と未来、シンクロニシティー、などをテーマにした詩の世界を展開する。倍音唱法から、アヴァンギャルド、エクスペリメンタル、SSWといったジャンルを又にかけた変わり種として、東京を中心にライブ活動中。また自己出版レーベルScanning Disk/Borokitchenから2枚のCDをリリースしている。Scanning Diskでは、いろいろなゲストを呼んでライブショーケース"窓の領域シリーズ"を企画している。
myspace

吉野美知子

279620101213michikoyoshino-.jpg
吉野美知子。群馬県生まれ。ジャズヴォーカリストであるが、ワールドミュージックからフリーまでジャンルにこだわらない。絵画を描くように音楽をやりたい。3枚のリーダーアルバムを発表。
ホームページ

山崎円城

279620101213madokiyamasaki.jpg
音楽家・詩人。1970年川崎デルタ生まれ。
幼少期、ゴミ捨て場に落ちていたエアオルガンを拾ったのを機に独学で作曲を始める。1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で
公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。1993年頃より渋谷や横浜の路上でバンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、
幾度かのメンバーチェンジを得てNoise on Trashに。以後Noise on TrashのVo+Gとして数々の作品を発表する。1997年よりフリースタイルのリーデイングイベント"BOOKWORM"を主催する。2002年京都在住のアコーディオンとウッドベースのデュオmama!milkとのCollaboretion Album "meets madoki yamasaki"を発表、好評を得る。Noise on Trash活動休止後、自身のソロプロジェクトとして
F.I.B JOURNALを始動させる。2003年 1st Album "F.I.B HEADLINE"を発表。2005年Wbの真船勝博とDrの沼直也が正式加入。F.I.B JOURNALはVo+G、Wb、Drのトリオバンドに。2006年 2nd Album "ROUTINE4229"。2007年 3rd Album "Ordinary Folk Records." 2009年1月 4th Album "Calm & Punk"を発表。
ホームページ

徳久ウィリアム幸太郎

279620101213williamtokuhisa.jpg
ブラジル出身。母が日系ブラジル人。声の拡張と新たな可能性を目指すボイスパフォーマー。元「倍音S」。「ノイズ合唱団」主宰。「SuaraSana」メンバー。ホーメイ(一度に二つの音を出す、特殊な歌唱法)、モンゴルのオルティンドー、独自の「ノイズ声」など、を操る。現在、ノイズ合唱団をはじめ、多様な声の表現を武器に、様々なジャンルを横断中。mixi、Greeに「ウィリアム」で生息中。
ホームページ

Art Work by 亀島耕

What's a Voice For?


6 Vocal Artists – Solos & Collaborations


Hailing from Seattle, “Human Jazz” artist Christian Swenson has gathered 5 local vocalists from Tokyo to create this very unique meet-up. From diverse backgrounds (jazz, punk, blues, noise, overtone, Americana, world music, free improv) these vocal artists, many whom have never met before, will take the stage for short solo sets followed by spontaneous collaborations. The evening will focus more on the possibilities of the pure voice without a lot of electronic alterations. Through shared listening and response, they will co-create new music together.



Artist Bios:

CHRISTIAN SWENSON


279620101213chrisswenson.jpg
Christian Swenson is a Seattle-based performing artist who articulates his enthusiasm for life with his body and voice. His pioneering "Human Jazz" work (an improvised fusion of singing, acting and dancing) has been seen throughout North America, Europe, and Asia. Presently,as a member of the Drama faculty at Seattle University, his diverse training includes dance, mime and voice, as well as work with Korean shaman Hi-ah Park, and the late Pakistani Master-singer Nusrat Fateh Ali Khan. He has performed with Bill Irwin, The Seattle Symphony Orchestra, and The Jay Clayton/Jim Knapp Collective and in Europe with Jim Nollman of Interspecies Communication Inc. In 2000 he released the CD “Off-Road Vocals.”
Homepage

ADACHI Tomomi


279620101213adachitomomi.jpg
ADACHI Tomomi is a performer/composer, sound poet, instrument builder and installation artist. Known for his versatile style, he has performed improvised music and contemporary works by John Cage, Cornelius Cardew, Christian Wolff, etc. all over the world including Tate Modern, Centre Pompidou, Merkin Hall, STEIM, Experimental Intermedia, Melbourne International Arts Festival and Flanders Festival. As the only Japanese performer of sound poetry, he performed Kurt Schwitters's "Ursonate" as a Japan premiere in 1996. Also he directed Japanese premiere of John Cage's "Europera5" in 2007. CDs include the solo albums from Tzadik, Omegapoint and Naya records.
Homepage

Posuposu Otani


279620101213posuposuotani.jpg
Posuposu Otani is a throat singer, song-writer, and jaw-harp player originally from Kamakura Kanagawa. He has been doing research in overtone music for more than 10 years, and he is a member of the Japan Jew's Harp Association.
myspace

Michiko Yoshino


279620101213michikoyoshino-.jpg
Michiko Yoshino is a musician and visual artist. She has performed as a vocalist both in Tokyo and abroad, and she has studied vocal improvisation with Rhiannon. She uses Jazz a base but does not adhere to a certain style of music. She has released three albums to date.
Homepage

Madoki Yamasaki


279620101213madokiyamasaki.jpg
Madoki Yamasaki is a musician and a poet. He sings and plays guitar in the band F.I.B JOURNAL. They have performed at FUJI ROCK FESTIVAL 2009, GREENROOM FESTIVAL 2010 and have released 4 albums. Their style is Jazz with a Beatnik edge and angry punk sprit.
Homepage

Tokuhisa William


279620101213williamtokuhisa.jpg
Tokuhisa William is a vocalist who strives to expand the possibilities of the human voice. He was born in Sao Paulo, Brazil and grew up in Brazil, L.A., Hong Kong, and Tokyo. He plays noise music, improvisation, pop/rock, folkloric and contemporary music. He was an original member of the overtone singing group "VAIONS" (1999-2003), leader of Noiz choir (2003 – present), member of "Yatsu-mattaz", does solo improvisation, readings, and also produces and promotes music events. In addition to his activities in music, he is active in the fields of Butoh dance, modern dance and live painting.
Homepage

Art Work by Ko Kamejima

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!