This&That Café

2011/02/03 木曜日

This & That CaféThis&That Café

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

ドリンク込み/Drink included

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

This & That Café(あれやこれやカフェ)

This & That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄る、という一般公開の無料イベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。

Live: Medicine Bone, Elliot Hasiuk, Dan Cosley, Ryan Mizuno, Matthew Stuckey, David Roy, James Hadfield + more!

出演者情報:

Medicine Bone

286520110203medicinebone.jpg
フレッド・マクドウェル、RL・バーンサイド、ジュニア・キンブローといった北部ミシシッピ丘陵地帯のブルースから影響を受けたメディシン・ボーンは、力 強い、リフの効いたオリジナルのブルースを奏で、そのシンプルな実直さとパワーの中に秘められた独自性で東京の音楽シーンを揺さぶる。このファンキーでネ オ・プリミティブなデュオでは、ギタリストの島健とドラマーのサム・ベネットの両方が作曲も歌も手がける。音楽の過去・現在・未来はすべて、ひとつの大き な球となって丘を転がり、川を流れ、ヒトの意識の海に運ばれていく、というのが彼らの考え方だ。彼らの音楽には、アメリカというルーツを深く意識する旅人 による、余分なものが一切ない。足やおしりでリズムをとりながら聞いていると、まっすぐに物語を語りかけてくる。
myspace

Elliot Hasiuk

286520110203hasiuk.jpg
ドラマー from USA; Trippple Nippples, DJ Aron T, Joseph Nothing, Black Impact, Red Box, Emulsion
Homepage

Dan Cosley(ダン・コスリー)

286520110203cosley.jpg
ギタリスト、作曲家、そして即興演奏家として、ダン・コスリーは多方面で活躍をしている。コスリーはこれまでに様々なジャンルのレコーディング、作曲・演奏活動に携わってきた。近年の功績には自身作曲のConcerto for Guitar(ギター協奏曲)の初演、ローマフェスティバルの招待を受けヨーロッパデビューとなるイタリアでのソロコンサート、ローラン・ディアンス作曲のSoleils Levantsの世界初演、また数々の日本での演奏活動などがある。1979年アメリカ生まれ。ロックギターを弾き始め、早くから即興演奏に目覚め、ジャズやフリー・インプロビゼーションに興味を持つようになる。クラシックギターの専門的分野においては、デンバー大学・大学院にてクラシックギター演奏科で大学院課程を修 了。在学中はギターをリカルド・イスナオラ氏に師事、また作曲家サミュエル・アドラー氏に作曲指導を受ける。現在東京在住でありクラシックギターの演奏・作曲活動に加え、多岐にわたるジャンルのコラボレーションも行っている。また、2010年コスリーは外国人初となる日本合奏連盟理事に選出される。バッハのリュート音楽からフリー・インプロビゼーション、ロックのセッションギターまで、コスリーは柔軟でかつ 優れた特性を持ち備えた稀有な音楽家である。
Home Page

Ryan Mizuno (ライアン ミズノ)

286520110203ryanmizuno.jpg
1978年ワシントン州シアトル生まれ。10歳からトランペットを吹き始める。学校オーケストラのソロ奏者としてアワードの数々
を受賞し、ロシアやカナダへのツアーを経験。本格的に音楽家としてのキャリアを目指す為に1999年にニューヨーク市に移りElisha
Laverne, Black Buddafly, Raekwon (Wu Tang Clan),Mobb Deep and Fat Joe、その他アーティストの楽曲をプロデュースする。2010年に日本・東京に移住、移住後はトランペットプレイヤー/シンガーとして活動。R&B/Soul, Hip Hop, Funk, Electronica and Jazzをブレンドした音楽スタイルで日本から世界に発信している。

Matthew Stuckey (ライブ・アート投影)

2865stuckey.jpg
1979年オーストラリア、アデレード市生まれ。1999年サウスオーストラリア大学にてイラストレーション専攻卒業。イラストレーター&デザイナーとして働き出して10年。3年ほど前から展示会を開くなど現在はアデレードのシティ内にスタジオを持ちストリートアート、壁画、出版、キュレーション、ファションやインテリアなどのデザイン等幅広く活動中。
Homepage

デイビッド・ロイ (VJ)

2865roy.jpg
定期的に東京で行われるイベント「ロンドン・コーリング」のVJ。様々なイベントの映像・インストレーションを創造する他に、テレビ局や映画スタジオの為にアニメーションも制作する。

ジェムズ・ハッドフィルド (DJ)

2865hadfield.jpg
英字の雑誌「METROPOLIS」のエディター。エッチ焼身、SHIT!、THE HNK EXPERIENCE、JAHILYYAH、ヒューマン・ワイフというバンドのメンバーとして、様々な音楽活動をやり、毎月高円寺で「FASHIONCRISIS」というライブ、DJのイベントも行う。

This & That Café

This & That Cafe is a free event open to the public in which artists from all genres and backgrounds donate their time and talents in the spirt of sharing. It is a place where music and visual arts meld in unexpected collaborations.

Live: Medicine Bone, Elliot Hasiuk, Dan Cosley, Ryan Mizuno, Matthew Stuckey, David Roy, James Hadfield + more!

Artist info:

Medicine Bone

286520110203medicinebone.jpg
Taking their musical cues from North Mississippi hill-country blues artists like Fred McDowell, RL Burnside and Junior Kimbrough, Medicine Bone offer up raw servings of propulsive, riff-driven blues originals, bringing to the Tokyo scene something very unique in its simple honesty and power. Guitarist Ken Shima and drummer Samm Bennett share songwriting and singing duties equally in this funky, neo-primitive duo, dedicated to the idea that the musical past, present and future are all rolled up into one big churning ball, rolling down the hillside, landing in the river and getting carried out into the ocean of human consciousness. This is stripped-down music from a couple of American wanderers with a firm grip on the deep American roots, ready to look you in the eye and tell you some stories while you tap your feet and/or shake your butt.
myspace

Elliot Hasiuk

286520110203hasiuk.jpg
American Drummer; Trippple Nippples, DJ Aron T, Joseph Nothing, Black Impact, Red Box, Emulsion
Homepage

Dan Cosley

286520110203cosley.jpg
Guitarist, composer and improviser, Dan Cosley travels a multifaceted career path. Cosley’s work includes recordings, performances and compositions in a wide variety of contexts. Recent concerts include the première of his Concerto for Guitar, solo concerts in Italy by invitation of the Rome Festival, the world première of Roland Dyens’ Soleils Levants, and numerous performances in Japan. Born in the United States in 1979, Cosley began as an electric guitarist. A precocious improviser, Cosley was soon drawn to jazz and free-improvisation. His academic pursuit of music led to the completion of a Master’s degree in classical guitar performance from the University of Denver where he studied guitar and composition with Ricardo Iznaola and served as Iznaola’s teaching assistant. He has also participated in numerous masterclasses including those of
composer Samuel Adler, and cellist Alban Gerhardt. Cosley currently resides in Tokyo, Japan where he continues his work in classical music performance and composition while pursuing a variety of collaborations in other styles. In 2010, he was the first foreign-born guitarist elected to the Japan Guitar Ensemble Association’s board of directors.
From Bach lute music to avant-garde free-improvisation and electric guitar session work, Cosley is of a rare breed of musicians for whom versatility and excellence are not mutually exclusive attributes.
Home Page

Ryan Mizuno

286520110203ryanmizuno.jpg
Ryan was born in Seattle, Washington in 1978. He began playing trumpet at 10 years old. In High School, he was a soloist in an orchestra that won many awards and toured Russia and Canada. In 1999, he moved to New York City to pursue a professional career in music, where he produced music for artists like Elisha Laverne, Black Buddafly, Raekwon (Wu Tang Clan), Mobb Deep and Fat Joe. In 2010, Ryan moved to Tokyo, Japan performing as a trumpet player and singer. His music is a blend of R&B/Soul, Hip Hop, Funk, Electronica and Jazz.

Matthew Stuckey (Live Art Projection)

2865stuckey.jpg
Matt was born in 1979 in Adelaide Australia, Matthew studied illustration and graduated from the University of South Australia in 1999. He has worked as an illustrator and designer for 10 years and began to exhibit his art in commercial galleries a few years ago. Recently he has been increasingly involved in public art, interior design, publishing and curation.
Homepage

David Roy (VJ)

2865roy.jpg
David Roy is the resident VJ for London Calling, an ongoing club event in Tokyo. In addition to producing visuals and installations for various events and parties, he also done animation for TV and film studios in Japan.

James Hadfield (DJ)

2865hadfield.jpg
James is the editor of Metropolis magazine, but don’t hold that against him. He plays saxophone and other things with Ecchi Shoushin, Shit!, The HNK Experience, Jahilyyah and Human Wife, and co-organizes the monthly Fashion Crisis party in Koenji.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/03/09 土曜日

    サンキュー!Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/03/20 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.9お花見マチネ 🌸 Ohanami Matinee

    Open: 13:00 | Start: 15:00 - 19:30

    開場 15:00 Open 〜 終了 19:30 Close
    ライブ 15:00 と 17:00 (入れ替えなし)
    ★ シュネラートラーマイヤー (スイスより来日)
    ★ 湯川寅彦 (三味線) ✕ ヨシダダイキチ (シタール) ✕ 上野雄次 (花道家)
    ★ DJ Yuichi (東京)
    ★ Food & Drink:BAR bin (恵比寿)、café tane (恵比寿)、はなたれ海おでんの旅 (鴨川)、房総ラム (南房総市)、みほし焙煎珈琲製造所 (鴨川)

Via hashtagハッシュタグから