Oren Duos!!

2013/03/13 水曜日

Oren Duos!!Oren Duos!!

Open: 19:00:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

オーストラリア出身のギタリスト/ドラマーで実験音楽界を牽引する存在と言えるOren Ambarchが2つのDuoライブに挑む!ひとりは音楽の申し子、天才ジム・オルーク。もうひとりは5月のヨーロッパ・ツアーを前にデュオでの日本初公演を果たす秘蔵っこドラマー Joe Talia。Taliaの繊細かつヘビーなビートとAmbarchiのディープなギターサウンドが独特のグルーブを生む、アブストラクト・ノイズ・インプロビゼーション。いやが応にも期待の高まる二つのセッションをお見逃し無く!

出演:
Oren Ambarchi + Jim O’Rourke
Oren Ambarchi + Joe Talia

出演者詳細:

Oren Ambarchi
![/sdlx/130317-oren.jpg](/sdlx/130317-oren.jpg)
オーストラリア出身のギタリスト/ドラマーで、Fennesz、Charlemagne Palestine、 Thomas Brinkmann、灰野敬二、John Zorn、Merzbow、Jim O’Rourkeらとの共演、ドゥーム・メタル・バンド Sunn O))) への参加など、長いキャリアの中、活動の幅は多岐にわたる。昨年リリースした2枚のソロアルバムのうち『Sagittarian Domain』(Editions Mego)は、音楽誌SpinのBest Avant albums of 2012の第1位に選出された。
[Oren Ambarchi Homepage](http://www.orenambarchi.com)

ジム・オルーク
![/sdlx/121204-jim02.jpg](/sdlx/121204-jim02.jpg)
1969年シカゴ生まれ。Derek Baileyの音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにBaileyを訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Faheyの作品をプロデュースする一方でGastr Del SolやLoose Furなど地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilcoの『A Ghost Is Born』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子など多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor』(2009)は『Bad Timing』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

Joe Talia
![/sdlx/130317-joetalia.jpg](/sdlx/130317-joetalia.jpg)
オーストラリア・メルボルン出身。ドラム以外にもエレクトロニクス、テープマシンを操り、主にジャズ・即興シーンで活動する。これまでに、ソロアルバム『in/exterior』(2006)、James Rushfordとのデュオ名義の3作品をリリース。シンガー・ソングライターNed Colletteとも永年にわたり音楽的パートナーシップを続けている。
[Joe Talia Homepage](http://www.joetalia.com/)

リリース情報:

Oren Ambarchi & Joe Talia
Hit & Run
![/sdlx/130113-hitandrun.jpg](/sdlx/130113-hitandrun.jpg)
(C) 2011 Touch Music
[Touch Music ](http://www.touchmusic.org.uk/news/tone_453_oren_ambarchi_joe_tal.html)

Oren Ambarchi & Jim O’Rourke
Indeed
![/sdlx/130113-indeed.jpg](/sdlx/130113-indeed.jpg)
(C) 2011 Editions Mego
[Editions Mego](http://editionsmego.com/release/DeMEGO+021)

Live: Oren Ambarchi + Jim O'Rourke Oren Ambarchi + Joe Talia Artist Information: Oren Ambarchi ![/sdlx/130317-oren.jpg](/sdlx/130317-oren.jpg) Oren Ambarchi's works are hesitant and tense extended songforms located in the cracks between several schools: modern electronics and processing; laminal improvisation and minimalism; hushed, pensive songwriting; the deceptive simplicity and temporal suspensions of composers such as Morton Feldman and Alvin Lucier; and the physicality of rock music, slowed down and stripped back to its bare bones, abstracted and replaced with pure signal. Ambarchi has performed and recorded with a diverse array of artists such as Fennesz, Otomo Yoshihide, Pimmon, Keiji Haino, John Zorn, Rizili, Voice Crack, Jim O'Rourke, Keith Rowe, Phill Niblock, Dave Grohl, Gunter Muller, Evan Parker, z'ev, Toshimaru Nakamura, Peter Rehberg, Merzbow and many more. Since 2004 Ambarchi has worked with American avant metal outfit Sunn 0))) contributing to many of their releases and side-projects including their Black One album from 2005 and the recent Monoliths & Dimensions release. For 10 years together with Robbie Avenaim, Ambarchi was the co-organiser of the What Is Music? festival, Australia’s premier annual showcase of local and international experimental music. The festival hosted over 200 local and international performers. Ambarchi now curates the Maximum Arousal series at The Toff In Town in Melbourne and has recently co-produced an Australian television series on experimental music called Subsonics. Ambarchi recently co-curated the sound program for the 2008 Yokohama Triennale. [Oren Ambarchi Homepage](http://www.orenambarchi.com) Jim O'Rourke ![/sdlx/121204-jim02.jpg](/sdlx/121204-jim02.jpg) Joe Talia ![/sdlx/130317-joetalia.jpg](/sdlx/130317-joetalia.jpg) Joe Talia is a drummer, percussionist and electro-acoustic performer based in Melbourne, Australia. Never satisfied with containment to any one style or discipline, He plays drums, percussion, amplified objects electronics and tape machines. After studying improvisation at the Victorian College of the Arts, Talia went on to become involved in the Australian jazz and improv scene. As well as being a respected drummer, Talia also works in the realm of electro-acoustic music, both live and studio based. His debut solo work, in/exterior, a four part suite of musique concrète compositions, was released in 2006 and since then he has formed an electro-acoustic duo with composer James Rushford, together they have completed two albums, Palisades (sabbatical records 2009) and the upcoming paper fault line, a through-composed tour-de-force of instrumental concrète, blistering noise and contemporary classical virtuosity. He also has a long standing musical partnership with singer-songwriter Ned Collette, working as both a drummer and producer/engineer on Collette's album Future Suture (Dot Dash 2007) and with Wirewalker, on Over the Stones, Under the Stars (Dot Dash 2009) and performing on several European tours. Talia is also member of the ARIA award winning Andrea Keller Quartet. Talia has performed, recording and toured with diverse range of musicians and ensembles, including Oren Ambarchi, Robbie Avenaim, Anthony Pateras, Francis Plagne, Thembi Soddell, Sean Baxter, David Shea, Marco Fusinato, The Bartok Project, Rand and Holland, Erik Griswold, Adam Simmons, and countless others. [Joe Talia Homepage](http://www.joetalia.com/) ##Previous releases: Oren Ambarchi & Joe Talia Hit & Run ![/sdlx/130113-hitandrun.jpg](/sdlx/130113-hitandrun.jpg) (C) 2011 Touch Music [Touch Music ](http://www.touchmusic.org.uk/news/tone_453_oren_ambarchi_joe_tal.html) Oren Ambarchi & Jim O'Rourke Indeed ![/sdlx/130113-indeed.jpg](/sdlx/130113-indeed.jpg) (C) 2011 Editions Mego [Editions Mego](http://editionsmego.com/release/DeMEGO+021)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!