ブッチャー-大友デュオ

2013/08/08 木曜日

Butcher-Otomo Duoブッチャー-大友デュオ

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ジョン・ブッチャー x 大友良英による二人のDuoを2セット予定。このデュオは、過去、東京、ロンドン、マドリッド及びバルセロナにおいて行われ、東京では、9年振り3度目。どんな演奏になるのか?どうぞご期待下さい!

ライブ:
ジョン・ブッチャー x 大友良英

<ジョン・ブッチャー:ありとあらゆるサウンド可能性の顕在化>
管の隅々まで緊張をみなぎらせて空間を揺さぶり、あるいは倍音や分割振動、各部の共鳴を操って拡張された音色スペクトルの結晶格子を織り上げるかと思えば、近接マイクにより微細な振動を顕微鏡的に拡大し、フィードバックの眼に見えない回路に耳を澄ます。ジョン・ブッチャーはこうして、サキソフォンが潜在的に有しているありとあらゆるサウンドの可能性を自在に引き出してみせる。その演奏は刻々と移り変わる流動の相の下にあり、舞台上に現れている身体の輪郭は仮初めのものに過ぎない。かつて観たライヴでは、手に持った石を気ままに打ち合わせながらサウンドの視界から姿をかき消してしまう鈴木昭男をとらえようと、センサーの感度を研ぎ澄ますあまり、階段の軋みにすら反応していたっけ。
福島恵一

ジョン・ブッチャーは自身の即興演奏について「スタイリステックなものではなく、頭の中に浮かぶ音楽的なイマジネイションをサックスで表現している」のだという。長年にわたって探究、開発してきたテクニックは特殊奏法から息音やタンギングにまで及ぶ。そして、バリエーションの豊富さとコントロール力で、ミクロからマクロまでそれぞれの次元において音色やテクスチャーを緻密に変化させていく。豊かなボキャブラリーと柔軟性を持つ彼はさまざまな選択肢を持つ。置かれた状況さえも音楽を形成するファクターとして迎えいれるだけに、共演者あるいは場によって異なった音世界が立ち現れる。それだけに今回の日本ツアーも毎回聞き逃せない演奏となるに違いない。
横井一江

[ジョン・ブッチャー Japan Tour 詳細](http://jazzandnow.hatenablog.com/)

アーティスト詳細:

ジョン・ブッチャー (テナー&ソプラノ・サクソフォン)
![/sdlx/130808-bucher002.jpg](/sdlx/130808-bucher002.jpg)
1954年、イギリス、ブライトン生れ。物理学者でもあったが、1982年に学界を離れて以降、フリー・インプロヴィゼーションに焦点を当てた活動を続けている。ジョン・ブッチャー / ジョン・ラッセル / フィル・ディラン、スポンティニアスミュージックアンサンブル、ポルヴェクセル、AMM等に参加。デレク・ベイリー、ジェリー・ヘミングウェイ、ロードリ・デイビィス、鈴木昭男、大友良英、中村としまる、クリスチャン・マークレー等、幾多のアーティストと共演。クリシェを退け、奏法の拡張を重ねて、独自の<声>を獲得した極めて類い稀なサックス奏者の一人であり、併せて、多重録音やサイトスペシフィックな演奏に取り組むなど、その探求はとどまるところを知らない。なお、大友良英とのデュオは、過去、東京、ロンドン、マドリッド及びバルセロナにおいて行われ、東京では、9年振り3度目となります。
ジョン・ブッチャー Photo by William E. Woodcock.
ジョン・ブッチャー & 大友良英 Photo by Kazue Yokoi
[johnbutcher.org.uk](http://www.johnbutcher.org.uk/)

大友良英
![/sdlx/121111-Otomo.jpg](/sdlx/121111-Otomo.jpg)
音楽家/プロデューサー。1959年横浜市生まれ。十代を福島市で過ごす。常に複数のバンドを率い、多くのグループやプロジェクトに参加。同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中に及ぶ。映画音楽家としても、中国映画や日本映画、テレビドラマなど数多くの映像作品の音楽を手がける。近年は「アンサンブルズ」の名のもと様々な人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がける。
photo by Koh Okabe
[大友良英 JAMJAM日記](http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/)

Live: John Butcher x Otomo Yoshihide (2set live) Artist information: John Butcher ![/sdlx/130808-bucher002.jpg](/sdlx/130808-bucher002.jpg) John Butcher's work ranges through improvisation, his own compositions, multitracked saxophone pieces and explorations with feedback and extreme acoustics. Originally a physicist, he left academia in 1982, and has since collaborated with hundreds of musicians - including Derek Bailey, John Stevens, Gerry Hemingway, The EX, Polwechsel, Gino Robair, Rhodri Davies, John Edwards, Toshimaru Nakamura, Paul Lovens, Eddie Prevost, John Russell, Mark Sanders, John Tilbury, Christian Marclay, Andy Moor, Phil Minton, and Steve Beresford. He is well known as a solo performer who attempts to engage with a sense of place. His first solo CD, Thirteen Friendly Numbers, also includes compositions for multitracked saxophones, whilst later releases focus both on live performance and amplification and saxophone-controlled feedback. Resonant Spaces is a collection of site-specific performances collected during a tour of unusual locations in Scotland and the Orkney Islands. In 2011 he received a Paul Hamlyn Foundation Award for Artists. His compositions include pieces for the Austrian group Polwechsel, the Australian Elision, the Rova and Quasar Saxophone Quartets and Penny Wands for reconstructed Futurist Intonarumori. Two larger scale commisions have been premiered at the Huddersfield Contemporary Music Festival - somethingtobesaid(2008) for the John Butcher Group and Isola (2012) for Cranes & Freighters. Recent collaborative projects include Anemone with trumpeter Peter Evans, The Contest of Pleasures with Axel Dörner and Xavier Charles, Way Out Northwest with Torsten Muller and Dylan van der Schyff, and The Apophonics with Gino Robair and John Edwards. Butcher values playing in occasional encounters - ranging from large groups such as Butch Morris' London Skyscraper and the EX Orkestra, to duo concerts with Otomo Yoshihide, David Toop, Kevin Drumm, Christof Kurzmann, Thomas Lehn, Fred Frith, Okkyung Lee, Matthew Shipp and Akio Suzuki. John Butcher Photo by William E. Woodcock. John Butcher & Otomo Yoshihide Photo by Kazue Yokoi John Butcher Photo by William E. Woodcock. John Butcher & Otomo Yoshihide Photo by Kazue Yokoi [johnbutcher.org.uk](http://www.johnbutcher.org.uk/) Otomo Yoshihide ![/sdlx/121111-Otomo.jpg](/sdlx/121111-Otomo.jpg) Otomo Yoshihide spent his teenage years in Fukushima, about 300 kilometers north of Tokyo. Influenced by his father, an engineer, Otomo began making electrical devices such as a radio and an electronic oscillator. In junior high school, his hobby was making sound collages using open-reel tape recorders. This was his first experience creating music. Soon after entering high school he formed a band which played rock and jazz, with Otomo on guitar. It wasn't long, however, before he became a free jazz aficionado, listening to artists like Ornette Coleman, Erick Dolphy and Derek Bailey; and hearing music, both on disk and at concerts, by Japanese free jazz artists. Especially influenced by alto sax player Kaoru Abe and guitarist Masayuki Takayanagi, Otomo decided to play free jazz. In 1990, Otomo started what was to become Ground Zero. Until it disbanded in March 1998, the band was at the core of his musical creativity, while it underwent several changes in style and membership. Since Ground Zero, Otomo has embraced minimal improvisation, film music and the jazz/big band conceptions of his New Jazz Quartet/Quintet/Orchestra. photo by Koh Okabe [Otomo Yoshihide JAMJAM diary](http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!