フィル・ニブロック&トーマス・アンカーシュミット

2013/09/06 金曜日

Phill Niblock & Thomas Ankersmitフィル・ニブロック&トーマス・アンカーシュミット

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

作曲家&映像作家フィル・ニブロック登場!2013年10月に80歳の誕生日をひかえるニブロック。そしてこの9月にはフィル・ニブロックとトーマス・アンカースミットのコラボレーションがスタートしてから10周年を迎えます。2003年9月、ここスーパー・デラックスでニブロックとアンカースミットは初めての共演を行い、以降は積極的な共演の機会を設け、多くの好評を得るとともに世界各地にて披露されてきました。伝説的と形容出来るこのコラボレーションを10年ぶりとなる初演の場所、スーパー・デラックスで数多くの名作を生んで来たニブロックの素晴らしいキャリアをともに祝いましょう!そしてこの日のスペシャルゲストはニブロックと古くから交流がありアンカースミットもかつて共作のリリースもある間柄のジム・オルーク。重要なゲスト出演に尚のこと期待が高まります。どうぞこの日、新たな歴史の目撃者となって下さい。

ライブ:フィル・ニブロック&トーマス・アンカースミット
スペシャルゲスト:ジム・オルーク

出演者詳細:
フィル・ニブロック
![/sdlx/130906-PhillNiblock.jpg](/sdlx/130906-PhillNiblock.jpg)
1933年 アメリカ/インディアナ出身 。インターメディア・アーティストとして、音楽・ビデオ・フィルム・写真・コンピューター等、表現は多岐にわたり、60年代からの、NYミニマルミュージックシーンの住人。80年代、90年代と変わらないその徹底したスタイルは、Jim O’rourke他多くのアーティストに影響を与えている。彼のインターメディア作品は4つの芸術的規律において、技術的、審美的問題を投げかけ、同時に「パフォーマンス」「音楽」「映画」「スライド」の4つの規律はあらゆるレベルで統合し、また他のレベルへ分散する。「音楽」は、長尺で演奏されるもので重いチューニングによる多数のトーンから生じる音のテクスチャーを模索する。静止した表面のテクスチャーと極端に活発な倍音の動きのコンビネーションは、非常に独創的な音楽を生み出す。作品は伝統的な楽器で演奏され、正確にチューニングされた長音を加工せずに録音したテープからつくられる。彼の経歴をたどってみよう。1968年より、ニューヨークのExperimental Intermedia Foundationに所属、1985年~ディレクターを勤める。1973年よりExperimental Intermedia Foundationにおける音楽・インターメディアの800ものパフォーマンスをプロデュース。近年はベルギー、ゲントでExperimental Intermedia Foundationの組織を設立し、アーティストレジデンスを主催。 今回は彼の80歳を記念した日本ツアーとなる。
[Phill Niblock Official](http://www.phillniblock.com/)

トーマス・アンカースミット
![/sdlx/130906-ThomasAnkersmit.jpg](/sdlx/130906-ThomasAnkersmit.jpg)
1979年 オランダ/レイデン出身。長年に渡り Phill Niblockのコラボレーターとして活動する他、サージ アナログモデュラーシンセとアルト サックス、 コンピューターを使用した、有機的なその音はホロソニックと呼ばれ、2000年代初めより彼の良質な作品に使わている。 それらの楽曲はコンテンポラリーな分野で国際的に高い評価を受け2010年以降、PANや Touch, ASH等のレーベルからリリースされている。 共演者として Phill Nilblockの他、 Kevin DrumやValerio Tricoli等がいる。
Thomas Ankersmit photo by AlexIng lizian
[Thomas Ankersmit Official](http://www.thomasankersmit.net)
[Thomas Ankersmit Soundcloud](http://www.soundcloud.com/weerzin)

ジム・オルーク
![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg)
1969年シカゴ生まれ。Derek Baileyの音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにBaileyを訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Faheyの作品をプロデュースする一方でGastr Del SolやLoose Furなど地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilcoの『A Ghost Is Born』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子など多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor』(2009)は『Bad Timing』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。
Photo by Ujin Matsuo

協賛:オランダ王国大使館
![/sdlx/130909-KN-Logo.png](/sdlx/130909-KN-Logo.png)

In October 2013, composer & filmmaker Phill Niblock will be turning 80. Also, in September this year, Niblock and Thomas Ankersmit will be celebrating the 10-year anniversary of their collaboration. Their first ever concert together took place at SuperDeluxe in Tokyo in September 2003. Niblock and Ankersmit have been touring and performing together intensively ever since. Live: Phill Niblock & Thomas Ankersmit Special guest: Jim O'Rourke Phill Niblock ![/sdlx/130906-PhillNiblock.jpg](/sdlx/130906-PhillNiblock.jpg) Phill Niblock makes thick, loud drones of music, filled with microtones of instrumental timbres which generate many other tones in the performance space. Simultaneously, he presents films/videos which look at the movement of people working, or computer driven black and white abstract images floating through time. He was born in Indiana in 1933. Since the mid-60's he has been making music and intermedia performances which have been shown at numerous venues around the world among which: The Museum of Modern Art; the Kitchen; the Paris Autumn Festival; Palais des Beaux Arts, Brussels; Institute of Contemporary Art, London; Akademie der Kunste, Berlin; ZKM, Karlsruhe; Carpenter Center for the Visual Arts at Harvard; World Music Institute at Merkin Hall NYC. Since 1985, he has been the director of the Experimental Intermedia Foundation in New York where he has been an artist/member since 1968. He is the producer of Music and Intermedia presentations at EI since 1973 (about 1000 performances) and the curator of EI's XI Records label.Phill Niblock's music is available on the XI, Moikai and Touch labels.A DVD of films and music is available on the Extreme label. "Phill Niblock's music and films are concerned with detail and simplicity ... dense, imposing sound mass ... Sum and difference tones pile up until they sound like an orchestra of voices ... one listens first to one level of detail, then to another, only gradually learning to hear everything at once." -Robert Palmer (New York Times) [Phill Niblock Official](http://www.phillniblock.com/) Thomas Ankersmit ![/sdlx/130906-ThomasAnkersmit.jpg](/sdlx/130906-ThomasAnkersmit.jpg) Thomas Ankersmit (1979, Leiden, The Netherlands) is a musician and installation artist based in Berlin and Amsterdam. He makes live electroacoustic music with analogue and digital electronics, as well as alto saxophone. Since 2006 his main instrument, both live and in the studio, has been the Serge analogue modular synthesizer. Physical and psychoacoustic phenomena such as sonic reflections, otoacoustic emissions and highly directional ("Holosonic") sound have been an important part of his work since the early 2000's. His work with analogue synthesizers is also characterized by a gentle abuse of the equipment, using feedback and disturbances to the signal flow to create dense but finely detailed swarms of electronic sound. He regularly collaborates with Phill Niblock, Valerio Tricoli and Kevin Drumm. For the first ten years of his activities, Ankersmit focussed almost exclusively on live performance and installation work. Since 2010, his music has been released on the PAN, Touch and Ash International labels. Ankersmit's sound and installation work have been presented at Hamburger Bahnhof, MaerzMusik and Berghain, Berlin; Museum Ludwig, Cologne; Henie Onstad Art Centre, Oslo; Kunsthalle, Basel; CCA, Glasgow; MoMA PS1, New York; Paradiso and Muziekgebouw aan ’t IJ, Amsterdam; REDCAT, Los Angeles; Serralves Museum, Porto; ZKM, Karlsruhe and at festivals for electronic, experimental and contemporary music all over the world. "Ankersmit constructs a musical world that feels alive and capable of going anywhere, and yet also manages to give the music a strong sense of structured purpose, a degree of compositional control unusual in this area of live performance. It is the fine balance between the sense of chaos that threatens to pull everything apart and the controlled formation of the music into clearly defined sections of differing intensities that raises the work above that of so many of Ankersmit’s contemporaries." -Richard Pinnell (The Wire) Thomas Ankersmit photo by AlexIng lizian [Thomas Ankersmit Official](http://www.thomasankersmit.net) [Thomas Ankersmit Soundcloud](http://www.soundcloud.com/weerzin) Jim O'Rourke ![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg) Born 1969 in Chicago. O’Rourke encountered the music of Derek Bailey as youngster and began visiting him in London at the age of 13. Eyes opened to the power of improvisational guitar, he released several of his own highly experimental works and has worked closely with John Fahey and Loren Mazzacane Connors. During his long association with the Chicago experimental and improv scene O’Rourke participated in several bands and projects including Gastr Del Sol and Loose Fur. His work with Takehisa Kosugi music director of the Merce Cunningham Dance Company as well as Tony Conrad, Arnold Dreyblatt, Christian Wolff and others built bridges between contemporary and popular music. O’Rourke’s release of landmark albums Bad Timing and Happy Days in 1997 and Eureka in 1999 garnered much attention. From 1999 to 2005 he was a member of Sonic Youth, playing bass, guitar and synthesizer as well as recording and mixing the band. In 2004 he won a Grammy Award for his production of Wilco’s A Ghost is Born. O’Rourke has also earned a loyal following for his participation in numerous albums by various artists around the world. He has a deep knowledge of Japanese culture and currently lives in Tokyo. Some of his many production credits in Japan include Quruli, Kahimi Karie, and Eiko Ishibashi. He also continues to be a consummate collaborator, working with Akira Sakata, Merzbow, Yoshihide Otomo, Seiichi Yamamoto, Boredoms and others. His recordings of Toru Takemitsu’s Corona for pianists Tokyo Realization was awarded the Agency for Cultural Affairs Arts Festival Award for Excellence in 2006. He has also scored films by Werner Herzog, Olivier Assayas, Shinji Aoyama, Koji Wakamatsu and others. His own short films have been part of the 2004 and 2006 Whitney Biennial and the 2005 Rotterdam Film Festival. O'Rourke is a diverse and powerful artist. Always searching, his borderless activity goes beyond the common labels Alternative, Post-rock, Experimental-pop, Film music, Free music, Jazz, Americana, Contemporary music and continues to defly classification. Photo by Ujin Matsuo Subsidized by: Embassy of the Kingdom of the Netherlands ![/sdlx/130909-KN-Logo.png](/sdlx/130909-KN-Logo.png)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!