なぞらない

2014/03/03 月曜日

NAZORANAIなぞらない

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Live:
なぞらない (灰野敬二 + スティーヴン・オマリー+ オーレン・アンバーチ)
山本達久 + ジム・オルーク + 石橋英子

なぞらないの日本初公演が実現!

この日、灰野敬二+ジム・オルーク+オーレン・アンバーチトリオのLPジャケットのデザインを毎年のように手がけてきたスティーヴン・オマリー(Sunn O)))、 KTL)が、灰野、アンバーチ、オマリーの3人によるトリオ『Nazoranai(なぞらない)』として日本初となるライヴを敢行!これも今年は3月2日に開催する灰野敬二+ジム・オルーク+オーレン・アンバーチの毎年に渡る素晴らしいトリオ演奏によって新たに導かれた本当に喜ぶべき産物の一つであると呼べよう。これまで度々行われたヨーロッパ公演や、オマリーのレーベルIdeologic Organからリリースされた最新2枚組LPは世界各地にて広く賞賛されている。今回のスーパー・デラックスでのライヴでは、ロックのパワー・トリオから豊かな音楽表現に満ちた存在へと変貌を遂げる彼ら独自の強烈なパフォーマンスを目の当たりにできるはずだ。
―フランシス・プラーニュ

Photo by Ben Guiver

灰野敬二
![/sdlx/120130-haino.jpg](/sdlx/120130-haino.jpg)
1952年5月3日、千葉県市川市生まれ。幼少時川越市で育つ。1971年、エドガー・アラン・ポーの小説からくる「ロスト・アラーフ」に加入。ノイズ系ロック、フリージャズ、即興演奏のアーティストが集う吉祥寺ライブハウス「マイナー」にて即興演奏を始める。1975年よりソロのギタリストとして活動開始。1981年アメリカ公演、90年代、即興性演奏ゲーム形式「COBRA」発明者、ジョン・ゾーンと共演。どんなに激しく感じたとしても、灰野敬二の発する轟音と静寂とその間、全てにおいて何時も曇りがなくクリアで透き通っている。それは彼を敬愛するバンド、ソニック・ユースにも共通するものがあるかも知れない。魂の現れである故に必然と身体全身で表現されるパフォーマンスは唯一無二の有形物の暗号。それは音楽そのものとも呼べる。ロック、サイケデリック、ノイズミュージック、フリージャズ、フリーミュージック、全てのボーダーを超えて紡がれる魂の言葉、プリミティヴな即興性を持つ演奏は現代に生きる真の音楽家そのものの姿であるといえよう。  
灰野敬二オフィシャル ホームページ [hainokeiji.com](http://www.hainokeiji.com/)

スティーヴン・オマリー (Stephen O’Malley)
![/sdlx/140302-stephen.jpg](/sdlx/140302-stephen.jpg)
[Stephen O’Malley Official Website](http://www.ideologic.org/)

オーレン・アンバーチ
![/sdlx/120130-oren.jpg](/sdlx/120130-oren.jpg)
ギターやパーカッションを用いた実験音楽家で、1986年以来ライブパフォーマンスを行う。主にギターの可能性について焦点を当て、もはやそれとは分から ないような異質な抽象的領域へと楽器を再定義していく。オーストラリア最大の実験音楽の祭典である「What Is Music? フェスティバル」の共同ディレクターを務める。重量級絶望系ドローン・ノイズ・ユニットSUNN O))) にも参加するオーストラリアの鬼才。
[Homepage](http://www.orenambarchi.com/) / [myspace](http://www.myspace.com/45213783)
Photograph of Keiji Haino, Jim O’Rourke and Oren Ambarchi taken by 松尾宇人

山本達久
![/sdlx/130828-yamamoto2.jpg](/sdlx/130828-yamamoto2.jpg)
1982年生。純アコースティック非エレクトリックドラマー。2003年、一楽儀光(ドラびでお)とのツインドラムハードスカムコアバンド「香港男祭」でRUINS、ガロリンズと共に韓国ツアーを敢行。賞賛と叱責を同時に浴びる。時期を同じく、佐々木匡士、倉地久美夫トリオ(菊地成孔sax/山内桂sax)など、唯一無二の歌い手との共演を重ねる。その時期から、山本精一、内橋和久、知久寿焼(exたま)、灰野敬二などなど数々のミュージシャンと多数セッションを敢行。同時にZu(ITA)、Lightning Bolt(US)、triosk(AUS)、Hans Reichel(GEL)、Gianni Gebbia(ITA)、Roger Turner(UK)など、来日アーティストのTourサポート、他多数にわたるイベントのオーガナイズも山口bar印度洋でこなす。現在では、数々の即興セッションを主軸に、石橋英子とのduoや、ナスノミツル、井上経康とのzggzag!!!、勝井祐二、marronとのプラマイゼロ、田村夏樹、藤井郷子、Kelly Churkoとのカルテット、el-malo柚木隆一郎ソロ音源へのレコーディング、2008年度芥川賞作家であり、歌手でもある川上未映子BANDへの参加、最近では成田宗弘(HIGHRISE)、田畑満(ZENI-GEVA/AMT & TCI)とのGreenFlames、町田良夫steelpanとのユニット「オハナミ」、大友良英、Jim O’roukeと共にカヒミ・カリィ・バンドでの録音や、AxSxE率いるNATSUMENのメンバーでもある等、数々のプロジェクトに参加、企画し、都内を中心に活動。写真: 松尾宇人

ジム・オルーク
![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg)
1969年シカゴ生まれ。Derek Baileyの音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにBaileyを訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Faheyの作品をプロデュースする一方でGastr Del SolやLoose Furなど地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilcoの『A Ghost Is Born』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子など多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor』(2009)は『Bad Timing』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。写真: 松尾宇人

石橋英子
![/sdlx/Eiko-ishibashi.jpg](/sdlx/Eiko-ishibashi.jpg)
茂原市出身の音楽家。大学時代よりドラマーとして活動を開始し、いくつかのバンドで活動。映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、2枚のソロアルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤー。シンガー・ソングライターであり、セッション・プレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。最近では七尾旅人、Phew、タテタカコ、長谷川健一の作品に参加。写真: 松尾宇人
[Homepage](http://www.eikoishibashi.net/)

協力:
![/sdlx/140302-CCAlogo2014.jpg](/sdlx/140302-CCAlogo2014.jpg)

関連イベント
2014年2月27日(木)
スティーヴン・オマリー(ソロ)
スティーヴン・オマリー/オーレン・アンバーチ/ジム・オルーク(トリオ)
CCA北九州
[www.cca-kitakyushu.org/jp/](http://www.cca-kitakyushu.org/jp/)

Live: NAZORANAI (Keiji Haino+Stephen O'Malley+Oren Ambarchi) Tatsuhisa Yamamoto + Jim O'Rourke + Eiko Ishibashi The first-ever Japanese performance from Nazoranai, the trio of Haino, Ambarchi and Stephen O’Malley (Sunn O))), KTL). The trio’s many European performances and their recent double LP on O’Malley’s Ideologic Organ label have been widely praised. Their performance at SuperDeluxe promises to attain their signature intensity, transforming the rock power-trio into an agent of ritual hypnosis. by Francis Plagne Photo by Ben Guiver Artist info: Keiji Haino ![/sdlx/120130-haino.jpg](/sdlx/120130-haino.jpg) Keiji Haino Homepage [hainokeiji.com](http://www.hainokeiji.com/) Stephen O'Malley ![/sdlx/140302-stephen.jpg](/sdlx/140302-stephen.jpg) O'Malley is a founding member of several groups including Sunn O))), Burning Witch, KTL, and Khanate. Within these groups and alone, he has collaborated with a variety of artists including Greg Anderson, Merzbow, Eyvind Kang, Alan Moore, Julian Cope, Joe Preston, Attila Csihar, Stuart Dempster, Peter Rehberg, Lee Dorrian, Jóhann Jóhannsson, Nurse With Wound, Boris & Michio Kurihara, Jim O'Rourke, Keiji Haino, Daniel O'Sullivan & Kristoffer Rygg, Aaron Turner, Oren Ambarchi, Alexander Tucker, and percussionist Z'EV. O'Malley also produced work together with the French choreographer and theatre director Gisèle Vienne, American sculptor Banks Violette, the Italian performance artist Nico Vascellari, Swiss art collective KLAT, and the Belgian film maker Alexis Destoop. O'Malley has directed and produced album cover art and design since the early 1990s for groups including Earth, Burzum, Emperor, Melvins and Boris. He has also worked as a rock/metal music journalist & published a black metal fanzine called Descent in the nineties. He was involved with creation of both the Southern Lord label and the experimental/neofolk/black metal label The Ajna Offensive. In 2011 he began curating and art directing the Ideologic Organ record label, in association with the Viennese Editions Mego. [Stephen O'Malley Official Website](http://www.ideologic.org/) Oren Ambarchi ![/sdlx/120130-oren.jpg](/sdlx/120130-oren.jpg) Oren Ambarchi's works are hesitant and tense extended songforms located in the cracks between several schools: modern electronics and processing; laminal improvisation and minimalism; hushed, pensive songwriting; the deceptive simplicity and temporal suspensions of composers such as Morton Feldman and Alvin Lucier; and the physicality of rock music, slowed down and stripped back to its bare bones, abstracted and replaced with pure signal. Ambarchi has performed and recorded with a diverse array of artists such as Fennesz, Otomo Yoshihide, Pimmon, Keiji Haino, John Zorn, Rizili, Voice Crack, Jim O'Rourke, Keith Rowe, Phill Niblock, Dave Grohl, Gunter Muller, Evan Parker, z'ev, Toshimaru Nakamura, Peter Rehberg, Merzbow and many more. Since 2004 Ambarchi has worked with American avant metal outfit Sunn 0))) contributing to many of their releases and side-projects including their Black One album from 2005 and the recent Monoliths & Dimensions release. For 10 years together with Robbie Avenaim, Ambarchi was the co-organiser of the What Is Music? festival, Australia’s premier annual showcase of local and international experimental music. The festival hosted over 200 local and international performers. Ambarchi now curates the Maximum Arousal series at The Toff In Town in Melbourne and has recently co-produced an Australian television series on experimental music called Subsonics. Ambarchi recently co-curated the sound program for the 2008 Yokohama Triennale. [Homepage](http://www.orenambarchi.com/) / [MySpace](http://www.myspace.com/45213783) Photograph of Keiji Haino, Oren Ambarchi taken by Ujin Matsuo Tatsuhisa Yamamoto ![/sdlx/130828-yamamoto2.jpg](/sdlx/130828-yamamoto2.jpg) Kafka's Ibiki​ photo by Ujin Matsuo Jim O'Rourke ![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg) Born 1969 in Chicago. O’Rourke encountered the music of Derek Bailey as youngster and began visiting him in London at the age of 13. Eyes opened to the power of improvisational guitar, he released several of his own highly experimental works and has worked closely with John Fahey and Loren Mazzacane Connors. During his long association with the Chicago experimental and improv scene O’Rourke participated in several bands and projects including Gastr Del Sol and Loose Fur. His work with Takehisa Kosugi music director of the Merce Cunningham Dance Company as well as Tony Conrad, Arnold Dreyblatt, Christian Wolff and others built bridges between contemporary and popular music. O’Rourke’s release of landmark albums Bad Timing and Happy Days in 1997 and Eureka in 1999 garnered much attention. From 1999 to 2005 he was a member of Sonic Youth, playing bass, guitar and synthesizer as well as recording and mixing the band. In 2004 he won a Grammy Award for his production of Wilco’s A Ghost is Born. O’Rourke has also earned a loyal following for his participation in numerous albums by various artists around the world. He has a deep knowledge of Japanese culture and currently lives in Tokyo. Some of his many production credits in Japan include Quruli, Kahimi Karie, and Eiko Ishibashi. He also continues to be a consummate collaborator, working with Akira Sakata, Merzbow, Yoshihide Otomo, Seiichi Yamamoto, Boredoms and others. His recordings of Toru Takemitsu’s Corona for pianists Tokyo Realization was awarded the Agency for Cultural Affairs Arts Festival Award for Excellence in 2006. He has also scored films by Werner Herzog, Olivier Assayas, Shinji Aoyama, Koji Wakamatsu and others. His own short films have been part of the 2004 and 2006 Whitney Biennial and the 2005 Rotterdam Film Festival. O'Rourke is a diverse and powerful artist. Always searching, his borderless activity goes beyond the common labels Alternative, Post-rock, Experimental-pop, Film music, Free music, Jazz, Americana, Contemporary music and continues to defly classification. Eiko Ishibashi ![/sdlx/Eiko-ishibashi.jpg](/sdlx/Eiko-ishibashi.jpg) [Homepage](http://www.eikoishibashi.net/) Special Thanks: ![/sdlx/140302-CCAlogo2014.jpg](/sdlx/140302-CCAlogo2014.jpg) Related events 2014-2-27 (Thu) Stephen O'Malley SOLO Stephen O'Malley + Jim O'Rourke + Oren Ambarchi TRIO CCA KITAKYUSHU [www.cca-kitakyushu.org/english/index.html](http://www.cca-kitakyushu.org/english/index.html)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!