グンジョー/今井/増渕 + 遠藤 Duo

2015/07/17 金曜日

Gunjo / Imai / Masubuchi + Endoグンジョー/今井/増渕 + 遠藤 Duo

Open: 19:00:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

衝撃の初出演から約1年、前衛ロック界の伝説的グループ、グンジョーガクレヨンがSDLXに再び登場!中尾勘ニ (管) , tamayurakurage (電子音)が参加し5人編成でのスペシャルステージに!さらに日本の音楽史に名を刻むギタリスト今井和雄のソロ演奏に加え、これまで幾度と無く共演を重ねてきた若手ギタリスト、増渕顕史と遠藤隆太朗のデュオが集結!

Live:
グンジョーガクレヨン + 中尾勘ニ + tamayurakurage
今井和雄 solo

増渕顕史 + 遠藤隆太朗

DJ:
Hakobune

VJ:
Kyosuke Terada

出演者詳細:

グンジョーガクレヨン
![/sdlx/140615-gunjogacrayon.jpg](/sdlx/140615-gunjogacrayon.jpg)
組原正 Tadashi Kumihara (g,vo)
前田隆 Takashi Maeda (bs)
宮川篤 Atsushi Miyagawa (ds)
今年結成35周年を迎える日本の前衛ロック界の伝説的グループ。
1979年、組原正 (g)、大森文雄(key)、前田隆(bs)、宮川篤 (ds)、園田游(vo,reeds)により結成。1980年PASSレコードから5曲入LP『GUNJOGACRAYON』でデビュー。硬質なビートとフリージャズ的な即興演奏を融合したスタイルでポストパンクの象徴となる。その後、方法論を完全即興演奏に変化させ、1987年2nd『gunjogacrayon(2nd album)』(DIW)、1994年3rd『グンジョーガクレヨンIII』(日本カセット・レコーヂング)をリリース。以降も同じメンバーで活動を続け、2009年に解散を表明するが、2012年に完全復活。他のアーティストとの交流も積極的に行い、かつて無く意欲的かつ解放的な演奏活動を展開する。組原は2007年に1stソロ・アルバム『hyoi』(PASS/P-Vine)、2012年に2ndソロ『inkuf』(DIW/discUNION)をリリースし、デビュー当時“パンク版デレク・ベイリー”と評価された特異なギター・プレイをさらに進化させている。・・・「剛田武」筆
[Homepage](http://gunjogacrayon.com/)

今井和雄
![/sdlx/150416-imai.jpg](/sdlx/150416-imai.jpg)
1955年生。高柳昌行、小杉武久に師事。1970年代から即興音楽を中心に活動。91年ソロによる即興シリーズ「ソロワークス」を始める。
[今井和雄 Homepage](http://www.japanimprov.com/kimai/kimaij/)

増渕顕史
![/sdlx/150717-masubuchi.jpg](/sdlx/150717-masubuchi.jpg)
Yogoh Record主宰。ギタリスト。
カントリーブルース、フリーインプロヴィゼーション、 60’sロックに影響を受ける。フォークロア的抒情性、唯心性と即興演奏における音の即物性との調和を目指す。[Twitter](https://twitter.com/yogoh_record)

遠藤隆太朗
![/sdlx/150717-endo.jpg](/sdlx/150717-endo.jpg)
遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、音楽だけでなく詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。
[Twitter](https://twitter.com/endoryutaro)

hakobune (DJ)
![/sdlx/130802-Hakobune.jpg](/sdlx/130802-Hakobune.jpg)
レイヤーを重ね合わせ、音風景を描く。2007年に活動を開始。これまでに41作のアルバムを各国のレーベルから発表している。
[http://hakobunemusic.jp/](http://hakobunemusic.jp/)
[http://hakobune.bandcamp.com/](http://hakobune.bandcamp.com/)

Kyosuke Terada
![/sdlx/150717-VJtrdksk.jpg](/sdlx/150717-VJtrdksk.jpg)
インプロデュオHUH 、コラージュノイズソロbum等で音楽活動中。
VJ (日の毬、DOOOM BOYS event、etc…)、絵やコラージュ、映像作品制作も行っている。
[Web site](http://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/)

Live: Gunjogacrayon + Kanji Nakao + tamayurakurage Kazuo Imai Takashi Masubuchi + Ryutaro Endo DJ: Hakobune VJ: Kyosuke Terada Artist Information: Gunjogacrayon ![/sdlx/140615-gunjogacrayon.jpg](/sdlx/140615-gunjogacrayon.jpg) Gunjogacrayon has been known as a legendary band of Japan . They while having 35 -year career , also has ambitious activities now. [Homepage](http://gunjogacrayon.com/) Kazuo Imai ![/sdlx/150416-imai.jpg](/sdlx/150416-imai.jpg) Kazuo Imai is a Tokyo-based guitarist who plays in a rigorous and original free improvisation idiom. His music joins the rigour and texture of contemporary classical with the passion of free jazz. He has played with many Western and Japanese improvisers, including Lee Konitz, Barre Phillips, Arthur Doyle, Han Bennink, Irene Schweizer, Shuichi Chino, Tetsu Saitoh and Kazue Sawai. In addition to playing solo and in collaborations, Imai is also a member of the important collective improvisation group Marginal Consort. [Kazuo Imai Homepage](http://www.japanimprov.com/kimai/kimaij/) Takashi Masubuchi ![/sdlx/150717-masubuchi.jpg](/sdlx/150717-masubuchi.jpg) [Twitter](https://twitter.com/yogoh_record) Ryutaro Endo ![/sdlx/150717-endo.jpg](/sdlx/150717-endo.jpg) Ryutaro Endo is a guitarist based in Tokyo. After studying Photography and Art , he changes his method of expression from photography to music. While being a part of Tokyo Avant-garde and improvisation music scene, Endo keeps traditional style such as Jazz and Blues as base to his music and performs with various musicians with diversity. His solo, on the other hand, uses classic guitar tone which somewhat brings nostalgia but also searches for new possibility at the same time. [Twitter](https://twitter.com/endoryutaro) Hakobune (DJ) ![/sdlx/130802-Hakobune.jpg](/sdlx/130802-Hakobune.jpg) Hakobune is a ambient musician. Originally from Kasai, Hyōgo, he now resides in Tokyo. His music consists of layered guitar soundscapes. Before making ambient music, he was in a powerviolence band called Whales. [http://hakobunemusic.jp/](http://hakobunemusic.jp/) [http://hakobune.bandcamp.com/](http://hakobune.bandcamp.com/) Kyosuke Terada ![/sdlx/150717-VJtrdksk.jpg](/sdlx/150717-VJtrdksk.jpg) [Web site](http://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2023/06/10 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.5坂田明 × Susana Santos Silva × Giovanni Di Domenico × 小暮香帆 × 中山晃子

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    ヨーロッパと日本の注目アーテイストによる音楽・ダンス・Alive Paintingのコラボレーションを見逃しなく!ジャンルやメディアを超えるワールドクラスの即興パフォーマンスを是非体験してください。
    Join us for a very special performance of live music, dance, and Alive Painting! Awa Eye and Ear Control!

  • 2023/06/20 火曜日

    Permaculture Academy Japanパーマカルチャーデザイン・コース

    Start: 終日/All Day

    定員に達したため、お申込の受付を終了とさせていただきます
    2023年6月20日〜26日 と 2023年8月8日〜14日(合計12泊14⽇)
    パーマカルチャー・アカデミー・ジャパンのパーマカルチャーデザイン認定 (PDC) コースでは、 自分の暮らしの土台にある生態系とバランスのとれた持続可能な再生システムをデザインする方法についての情報、 アイデア, インスピレー ションに没頭することができます。豊かな暮らしをデザインするための観察力、​創造性とプロセスを身に付ける集中講座です。