Beyond Code

2016/04/22 金曜日

Beyond CodeBeyond Code

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Beyond Codeは、コードによる表現を極限まで追求した先には何があるのか、ライブパフォーマンスを通じて探求していくイベントです。VJ、DJ、オーディオ・ビジュアルといったジャンルの垣根を超えて「コードの先」を様々な手法で表現するアーティストを紹介していきます。これまで、久保田晃弘、HH (姚仲涵 & 葉廷皓)、Yu Miyashita、RESHAFT、HEXPIXELS (比嘉了& Kezzardrix & 丸橋圭太郎)、ひつじ、Nyolfen、VJ GRAIN noir、Kawakami Kohei、早坂あきら、といった多くの個性的なアーティストが出演してきました。

2回目となる今回も多彩な顔ぶれが揃いました!

出演:
Renick Bell
Manuel Palenque
lycoriscoris x 橋本麦
Intercity-express x Shuhei Matsuyama
Vegpher x 北千住デザイン
田所 淳

出演者詳細:

Renick Bell
![/sdlx/160422-renic.jpg](/sdlx/160422-renic.jpg)
アメリカ・テキサス州出身。2006年から東京を拠点に活動し、2015年に多摩美術大学で博士号を取得。リアルタイムでプログラムコードを書き込み、アルゴリズムを構成する「ライブコーディング」によって、複雑で予測不能なリズムと、ヘヴィーでドープなベースを持つ独特の「即興演奏」を展開する。これまで、ヨーロッパ、アジア、アメリカをはじめとした各国のクラブ、美術館、スクワッターが占拠する廃屋など、様々な場で演奏活動を展開してきた。近年では、algorithmとraveの混合語である〈Algorave〉を冠したライブイベントの中心人物として、世界を股にかけた演奏活動を精力的におこなっている。the3rd2ndからレコードをリリースしており、またQuantum Nativesから新作をリリース予定。
[www.renickbell.net/doku.php](http://www.renickbell.net/doku.php)

Manuel Palenque
![/sdlx/160422-manuel.jpg](/sdlx/160422-manuel.jpg)
1986年ブレノスアイレス生まれ。プログラマー、サウンド&ビジュアルパフォーマンサー。音と映像の双方をリアルタイムにミックスした活動を行う。UNTREFでエレクトロニックアートを学び、万博やシアター、ライブ、メディアインスタレーションなどでインタラクティブ・デザイナー、プログラマーとして多くの活動に加わる。音楽プロデューサーとして、ライブパフォーマンスのための電子音楽の作曲、ゲームや映画のサウンドデザインを行う。また、ブレノスアイレス、マル・デル・プラタ、メンドーサ、ロサリオ、イビザ、バルセロナ、ボゴタなど世界各所の都市でワークショップを行っている。
[manuelpalenque.com/](http://manuelpalenque.com/)

橋本麦
![/sdlx/160422-baku.jpg](/sdlx/160422-baku.jpg)
映像作家, デジタルアーティスト. 1992年生まれ, 武蔵野美術大学中退. 実験的なルックやジェネラティブな制作手法を得意とし, 映像作品からWebまで幅広く手掛ける. これまでにgroup_inou, Koji Nakamura, fhána等のアーティストのMV, アニメ「すべてがFになる」のED映像などを手掛ける. 第19回文化庁メディア芸術祭新人賞受賞. 現在, INS Studioに所属.

lycoriscoris
![/sdlx/160422-lycoris.jpg](/sdlx/160422-lycoris.jpg)
東京を中心に活動する音楽家。幼少の頃より楽器に触れて育ち、 バンド活動を経て2009年頃より本格的に電子音楽の制作を始める。 これまでに1枚のEPと2枚のフルアルバムをリリース。「DOMMUNE」や、涼音堂主催「渋響」、「OUT OF DOTS 2012-2013」、「ProjectedScape」、「sonorium」、「2.5D」、「EMAF 2013」などに出演し、2012年8月には上海などの5カ所を巡る中国ツアーを行なう。 Andreas TillianderやMARK FELL、らの来日公演で共演。またリミキサーとしてpawnやkous、アントニオカルロスジョビントリビュートコンピなどに参加。音楽誌、サウンド&レコーディングマガジンへのインタビュー掲載、また同誌への音響プログラミングソフトMax/MSP記事に寄稿するなど活動は多岐にわたる。生演奏やプログラミング、サンプリング、カセット・テープなどを駆使しながらも、一貫してデジタル時代を逆行するかのようなオーガニックな音像を追求している。
[lycoriscoris.com/](http://lycoriscoris.com/)

Intercity-express
![/sdlx/160422-intercity.jpg](/sdlx/160422-intercity.jpg)
コンポーザー・大野哲二によるソロプロジェクト。国内外の広告音楽制作と同時に、AudioVisualのライブ作品を発表。直感的に視覚と聴覚を連動させるそのジオメトリカルな生成パターンを主軸に、MUTEK(モントリオール)やFILE(ブラジル)等のメディアアートフェス、またイタリアやロシア、マルタ、ポーランド、オランダなど、ヨーロッパを中心に公演を行う。
[www.csp-salad.com/](http://www.csp-salad.com/)

Shuhei Matsuyama
![/sdlx/160422-shuhei-ma.jpg](/sdlx/160422-shuhei-ma.jpg)
千葉工科大未来ロボディクス学科卒。「アートを創作できるエンジニア」としてロボティクスからメディアアートへと様々な領域での活動を行う。TouchDesignerを使用したオーディオ・ビジュアル作品、インタラクティブなインスタレーション、MVのビジュアルエフェクトなど多岐に渡る活動を行っている。
[www.shuhei-matsuyama.com/](http://www.shuhei-matsuyama.com/)

Vegpher
![/sdlx/160422-vegpher.jpg](/sdlx/160422-vegpher.jpg)
FilFla、FourColorなどでも活動するサウンドアーティスト/コンポーザー杉本 佳一によるハイブリッドなビートミュージックプロジェクト「Vegpher」。リズ ムのインパクトと快楽的な低音のシークエンスに主眼を置いた空間的でバウン シーなダンスミュージックを志向する。昨年リリースされたデビューアルバム 『Play』ではマスタリングエンジニアにヨーロッパテクノ界の要人Mokiraことア ンドレアス・ティリアンダーを起用。また、MV制作においてはモーショングラ フィック界のカリスマtakcomを迎えるなどラジカルなコラボレーションを実現し ている。そして2013年10月、Vegpher名義での待望の2ndアルバム『PLUS』を PROGRESSIVE FOrMよりリリース。 杉本の作品はそれぞれのサウンドプロジェクトにおいて、ニューヨークの 「12k」、「apestaartje」、ドイツ「TOM LAB」、日本の「HEADZ」など国内外の 音楽レーベルから多数リリースされており、なかでもFourColorとしての作品 「watter mirror」が英『THE WIRE』誌ベスト・エレクトロニカ・アルバムに選 出されるなど、海外での評価は非常に高い。 これまでにヨーロッパ各国をはじめアジア、オーストラリア、北米・カナダでラ イブパフォーマンスを行うなどグローバルな活動を続けている。また、数多くの 映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのよ うな広告音楽を手掛ける中、2004年カンヌ映画祭では宮崎 淳監督による 「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプ ロヴァンス映画祭ではドイツ人監督TimoKatzによる「Whirr」が「オリジナル映 画音楽部門賞」を受賞するなど実績も残している。
[www.vegpher.com/](www.vegpher.com/)

北千住デザイン
![/sdlx/160422-kitasenju.jpg](/sdlx/160422-kitasenju.jpg)
会社員のかたわら、北千住デザインとして、映像製作、ウェブサイト製作、記事の執筆、同人誌製作、VJなどの活動を行っている。
[kitasenjudesign.com/](https://kitasenjudesign.com/)

田所 淳
クリエイティブコーダー。アルゴリズムを用いた音響合成による音楽作品の創作、ラップトップコンピュータを用いた音と映像による即興演奏などを行う。大学では、openFrameworks、Processing、Arduino、Pure Data、SuperColliderといった「クリエイティブ・コーディング」についての講義を行う。資料はWebサイト( [http://yoppa.org/](http://yoppa.org/) ) で公開、多くの学生やクリエイターに活用されている

Live: Renick Bell Manuel Palenque lycoriscoris x baku hashimoto Intercity-express x Shuhei Matsuyama Vegpher x Kitasenju Design Atsushi Tadokoro Artist Information: Renick Bell ![/sdlx/160422-renic.jpg](/sdlx/160422-renic.jpg) [www.renickbell.net/doku.php](http://www.renickbell.net/doku.php) Manuel Palenque ![/sdlx/160422-manuel.jpg](/sdlx/160422-manuel.jpg) [manuelpalenque.com/](http://manuelpalenque.com/) 橋本麦 ![/sdlx/160422-baku.jpg](/sdlx/160422-baku.jpg) lycoriscoris ![/sdlx/160422-lycoris.jpg](/sdlx/160422-lycoris.jpg) [lycoriscoris.com/](http://lycoriscoris.com/) Intercity-express ![/sdlx/160422-intercity.jpg](/sdlx/160422-intercity.jpg) [www.csp-salad.com/](http://www.csp-salad.com/) Shuhei Matsuyama ![/sdlx/160422-shuhei-ma.jpg](/sdlx/160422-shuhei-ma.jpg) [www.shuhei-matsuyama.com/](http://www.shuhei-matsuyama.com/) Vegpher ![/sdlx/160422-vegpher.jpg](/sdlx/160422-vegpher.jpg) [www.vegpher.com/](www.vegpher.com/) Kitasenju Design ![/sdlx/160422-kitasenju.jpg](/sdlx/160422-kitasenju.jpg) [kitasenjudesign.com/](https://kitasenjudesign.com/) Atsushi Tadokoro [http://yoppa.org/](http://yoppa.org/)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2023/06/20 火曜日

    Permaculture Academy Japanパーマカルチャーデザイン・コース

    Start: 終日/All Day

    定員に達したため、お申込の受付を終了とさせていただきます
    2023年6月20日〜26日 と 2023年8月8日〜14日(合計12泊14⽇)
    パーマカルチャー・アカデミー・ジャパンのパーマカルチャーデザイン認定 (PDC) コースでは、 自分の暮らしの土台にある生態系とバランスのとれた持続可能な再生システムをデザインする方法についての情報、 アイデア, インスピレー ションに没頭することができます。豊かな暮らしをデザインするための観察力、​創造性とプロセスを身に付ける集中講座です。