ビル・ホリスト 来日公演

2016/06/01 水曜日

Bill Horistビル・ホリスト 来日公演

Open: 19:30:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

出演:
TRIO:ビル・ホリスト+Marron+山本達久
TRIO:ビル・ホリスト+石橋英子+ジョー・タリア

出演者詳細:

ビル・ホリスト/Bill Horist
![/sdlx/160601-HP-BillPhoto.jpg](/sdlx/160601-HP-BillPhoto.jpg)

ワシントン州シアトルのギターリスト、ビル・ホリストは、独自のプリペアドギターへのアプローチを持つインプロ バイザーとして有名である。プリペアドギターは一風変わった物を使ってギターの音色や音質を変える手法で、フレッド・フリス/ハンス・ライヒェル/キース・ロウなどの伝統を受け継ぎながらも、自分のサウンドを作り出している。彼はこれらアプローチに見事なフレーズサンプリングやその他エフェクトを織 り込み、雄大な音楽のタペストリーを作りだす。
数多くのレコードでホリストの演奏を聴くことはできるが、彼の世界を体験する最も良い方法はライブだ。普通のエレクトリックギターから変った手法で音を引き出すさまは、聴くだけではなく、見ていても楽しめる。
[billhorist.com](http://www.billhorist.com/)

マロン/Marron
![/sdlx/marron2016.jpg](/sdlx/marron2016.jpg)
1969年滋賀県野洲町生まれ。音楽家。12歳の頃よりギターを始める。ジャンルにとらわれる事なく様々な音楽を独自のフィルターでOUTPUTする。marron aka dubmarronics名義のソロとしてはアンビエントを基本に独自の手法によるギターエレクトロニカのオリジネーターとして、世界各地のミュージシャンより支持を得ている。坂田学とのdubdub on-sengではドラムンギターという編成での可能性をjaponicaレーベルでの12インチシングルCalypso On-Sengの特大ヒットで披露。DJ.Daichiとのハウスミュージックを基盤においたBased On Kyotoでのthink global move localの実践、自身のユニットdubmarronicsでの今までにないアンビエントの定義、勝井祐二、山本達久とのプログレッシブジャムトリオ プラマイゼロでのジャム、Softの清水との京都観光案内兼ロックジャムユニット ギターヒーロー観光協会’sなど活動は多岐に渡る。アルゼンチンのFernando Kabusacki、シアトルのBill Horist、イギリスの映像作家Max Hattler、etcなど。海外のアーティストとのコラボレーションも多い。爆笑の先に何かあると信じる京都在住スマイリーな音楽自由人。
[ダブダブオンセン](http://www2.odn.ne.jp/dubdub_on-seng/index.html)

山本達久
![/sdlx/130828-yamamoto2.jpg](/sdlx/130828-yamamoto2.jpg)
1982年生。純アコースティック非エレクトリックドラマー。2003年、一楽儀光(ドラびでお)とのツインドラムハードスカムコアバンド「香港男祭」でRUINS、ガロリンズと共に韓国ツアーを敢行。賞賛と叱責を同時に浴びる。時期を同じく、佐々木匡士、倉地久美夫トリオ(菊地成孔sax/山内桂sax)など、唯一無二の歌い手との共演を重ねる。その時期から、山本精一、内橋和久、知久寿焼(exたま)、灰野敬二などなど数々のミュージシャンと多数セッションを敢行。同時にZu(ITA)、Lightning Bolt(US)、triosk(AUS)、Hans Reichel(GEL)、Gianni Gebbia(ITA)、Roger Turner(UK)など、来日アーティストのTourサポート、他多数にわたるイベントのオーガナイズも山口bar印度洋でこなす。現在では、数々の即興セッションを主軸に、石橋英子とのduoや、ナスノミツル、井上経康とのzggzag!!!、勝井祐二、marronとのプラマイゼロ、田村夏樹、藤井郷子、Kelly Churkoとのカルテット、el-malo柚木隆一郎ソロ音源へのレコーディング、2008年度芥川賞作家であり、歌手でもある川上未映子BANDへの参加、最近では成田宗弘(HIGHRISE)、田畑満(ZENI-GEVA/AMT & TCI)とのGreenFlames、町田良夫steelpanとのユニット「オハナミ」、大友良英、Jim O’roukeと共にカヒミ・カリィ・バンドでの録音や、AxSxE率いるNATSUMENのメンバーでもある等、数々のプロジェクトに参加、企画し、都内を中心に活動。

石橋英子
![/sdlx/eiko-profile_new388.jpg](/sdlx/eiko-profile_new388.jpg)
茂原市出身の音楽家。大学時代よりドラマーとして活動を開始し、いくつかのバンドで活動。映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、2枚のソロアルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤー。シンガー・ソングライターであり、セッション・プレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。最近では七尾旅人、Phew、タテタカコ、長谷川健一の作品に参加。(写真:澁谷征司)
[石橋英子 Homepage](http://www.eikoishibashi.net/)

ジョー・タリア/Joe Talia
![/sdlx/150213-JoeTalia_Psquared.jpg](/sdlx/150213-JoeTalia_Psquared.jpg)
オーストラリア・メルボルン在住のドラマー/コンポーザー/プロデューサー/サウンドエンジニア。もともとコンテンポラリージャズ/インプロビゼーション界のドラマーとして評価を得ていた彼は、Andrea Keller Quartet、Oren Ambarchiとのデュオなど数多くのプロジェクトに参加しているが、近年はそれと平行して、ソロやJames Rushfordとのデュオ、またNed Collette、Francis Plagne、Yuko Konoなどアウトサイダーシンガーソングライターのドラマーとして、幅広く活動している。スタジオエンジニアとしては、NAZORANAI(Oren Ambarchi・Stephen O’Malley・灰野敬二)、灰野敬二・Jim O’Rourke・Oren Ambarchiトリオ、Richard Pinhasなどのアルバムのミックスの他、オーストラリアを中心とした様々なミュージシャンのアルバムのプロデュース・録音・ミックス・マスタリングを手がけている。
[Joe Talia Official website](http://www.joetalia.com/)

Live: TRIO:Bill Horist + Marron + Tatsuhisa Yamamoto TRIO:Bill Horist + Eiko Ishibashi + Joe Talia Artist Information: Bill Horist ![/sdlx/160601-HP-BillPhoto.jpg](/sdlx/160601-HP-BillPhoto.jpg) Seattle-based guitarist Bill Horist delivers an idiosyncratic and richly emotive take on the world’s most ubiquitous instrument. He has played on dozens of records and has performed throughout North and Central America, Europe and Japan; collaborating with numerous leading lights in a beguiling range of genres. Perhaps best known for his prepared guitar treatments, his work is widely regarded alongside masters like Fred Frith and Keith Rowe. He has cultivated a unique voice in a number of styles in the realms of, jazz, rock, folk, and experimental music. [billhorist.com](http://www.billhorist.com/) Marron ![/sdlx/marron2016.jpg](/sdlx/marron2016.jpg) [DubDubOnsen](http://www2.odn.ne.jp/dubdub_on-seng/index.html) Tatsuhisa Yamamoto ![/sdlx/130828-yamamoto2.jpg](/sdlx/130828-yamamoto2.jpg) Photo: Ujin Matsuo Eiko Ishibashi ![/sdlx/eiko-profile_new388.jpg](/sdlx/eiko-profile_new388.jpg) Eiko Ishibashi is a session musician, producer, and singer song writer who is based in Japan. Though mainly playing the piano, she is a multi-instrumentalist who is also able to play the drums, flute, and vibraphone. In recent years, she has been performing over 100 shows annually, sharing the stage with many artists such as Jim O’Rourke, Keiji Haino, Akira Sakata, Charlemagne Palestine, Seiichi Yamamoto, Gasper Claus, Oren Ambarchi, Glenn Kotche, Darling Gray and Merzbow. She has also recently had 2 European tours and has performed in the Fuji Rock Festival. Eiko Ishibashi started her musical career as a drummer, performing in several bands. She started playing the piano a few years back, when she began to score music for films and work as a solo musician. Since then, she has released 2 solo albums and the album “slip beneath the distant tree” under the name of Eiko Ishibashi + Tatsuya Yoshida. Her 2nd album “drifting devil” which featured artist such as Seiichi Yamamoto, had created buzz being critically appraised by both critics and fellow musicians, and was selected for the years best album list in Japanese magazines. (Photo: Seiji Shibuya) [Eiko Ishibashi Homepage](http://www.eikoishibashi.net/) Joe Talia (drums) ![/sdlx/150213-JoeTalia_Psquared.jpg](/sdlx/150213-JoeTalia_Psquared.jpg) Joe Talia is a drummer, composer and record producer/engineer based in Melbourne, Australia. He first established his reputation as a drummer in contemporary jazz and improvised music, fields in which he is now active as a member of the ARIA award winning Andrea Keller Quartet and in numerous collaborative projects, including a long-term duo with Oren Ambarchi. In the last few years a great deal of his work as a drummer has taken place alongside outsider singer-songwriters (such as Ned Collette, Yuko Kono and Francis Plagne), in groups which synthesize his adventurous, exploratory drumming with the demands of song form. His longstanding musical partnership with Ned Collette has resulted in three records, on which Talia acts as both drummer and producer/engineer, most recently the well-received 2 (Fire Records 2012). Talia also works in the realm of electro-acoustic composition and performance, working with reel -to-reel tape machines and other analogue devices. Following the release of his musique concrete suite in/exterior in 2006, he established a duo with composer James Rushford. Although the duo’s working methods and sound sources have changed radically between releases (and even performances), all of their work breathes the same peculiar air of lingering obsession and decayed virtuosity. Having worked with extended instrumental timbres and rapid-fire electro-acoustic techniques on previous releases, their most recent LP Manhunter (Kye 2013) develops a unique palette of submerged synthesizers, expiring drum machines and domestic detritus. In addition to the collaborations above he has performed, recorded and toured with Jim O'Rourke, Anthony Pateras, Boredoms, Richard Pinhas, John Duncan, Brous, Mary Halvorson, The Australian Art Orchestra, Thembi Soddell, Anthea Caddy, Sean Baxter, Robbie Avenaim, David Shea, Marco Fusinato, Rand and Holland, Adam Simmons, and Magic Mountain Band, among others. As a studio engineer, producer and mixer he has worked on records for Oren Ambarchi, Stephen O’Malley, Keiji Haino, Jim O’Rourke, Fire! and many others. [Joe Talia Official website](http://www.joetalia.com/)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!