Close Encounters

2018/10/16 火曜日

Test Tone presentsClose Encounters

Open: 19:30 | Start: 20:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥2,800

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

dj スニフ & シェイン・アスペグレン  dj sniff & Shane Aspegren

幡ヶ谷ちっちゃいものクラブ(テンテンコ & KΣITO) Hatagaya Chichaimono Club (Tentenko& KΣITO)

DJ: キャル・ライアル Cal Lyall

出演者詳細:

dj スニフ & シェイン・アスペグレン  dj sniff & Shane Aspegren

Hong Kong based Shane Aspegren and dj sniff come together as a energetic and versatile duo building upon each of their diverse musical backgrounds. Although free improvisation is at the core of this collaboration, their focus on rhythm and viscerality allows them to break out of conventional notions associated with the genres of experimental and improvised music.
dj sniff & Shane Aspegren 2016 (YouTube)
Photo by Bobby Sham 沈嘉豪

幡ヶ谷ちっちゃいものクラブ(テンテンコ & KΣITO)

テンテンコ
1990年8月27日生まれ。北海道出身。身長142cm。2013年BiSに加入し、2014年の解散とともにフリーランスとして活動を始める。2016年にTOY’S FACTORY / MIYA TERRACEとマネージメント契約。「90年代からの日本の”インディー霊”を全て背負っているといっても過言ではない、ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」と人は彼女を評し、オーバーグランドとアンダーグランドを自由に行き来し、コメンテーターからバラエティのひな壇、ポップスからインダストリアル、朝から真夜中まで型にはまらない聖域なき活動を行っている。2016年8月にファーストデジタルシングル「放課後シンパシー」をリリース。2016年12月にソロとしては初のMINI ALBUMをリリースした。昼夜場所環境問わず活動する彼女の動きには今後も注目である。
tentenko.com

KΣITO
トラックメーカー、DJ。10代の始めにHIP HOPに出会い、その後DJ、トラック制作を始める。様々なジャンルに幅を広げていく中でJUKEに出会い、2013年に「JUKE SHIT EP」をリリース。同時にAKAIのMPDを使いシーケンサー無しでJUKEのリズムを叩くスタイルのライブを開始。都内を中心にDJ、ライブ活動を行っている。

キャル・ライアル (Cal Lyall)

即興ギタリスト/サウンド・アーティスト。ジャンク楽器、エレクトロ・パーツ、フィールド・レコーディングやエフェクターなどから音楽的な空間を生み出す。広範な音楽形式に興味を持ち、東南アジアやその周辺地域へ渡航し研究。日本で旺盛なライヴを展開しながら、これまでにタイ、インドネシア、ラオス、中国、韓国などでツアー。また、レーベル「Subvalent」や「Jolt Sonic Arts」(オーストラリア)の東京拠点としての活動に加え、西麻布SuperDeluxeで月一回のイベント「Test Tone」を主宰していました。
キャル・ライアル official site
Photo by Satomi Ito

Test Tone presents: Close Encounters

Artist information:

dj sniff & Shane Aspegren

Hong Kong based Shane Aspegren and dj sniff come together as a energetic and versatile duo building upon each of their diverse musical backgrounds. Although free improvisation is at the core of this collaboration, their focus on rhythm and viscerality allows them to break out of conventional notions associated with the genres of experimental and improvised music.
dj sniff & Shane Aspegren 2016 (YouTube)
Photo by Bobby Sham 沈嘉豪

Hatagaya Chichaimono Club (Tentenko & KΣITO)

Tentenko
tentenko.com

KΣITO
Track maker and DJ. After discovering hip-hop in his teenage years, was inspired to become a DJ and track maker. While working across a wide variety of genres, he encountered Chicago dance phenomenon Juke and released “”JUKE SHIT EP”” in 2013. He is now based in Tokyo, where he regularily DJs and performs live Juke sets on the AKAI MPD pad without a sequencer.

Cal Lyall

Involved in the arts scene in Japan for over fifteen years, Cal Lyall has organized large-scale performances involving both Japanese and overseas artists, while also remaining a key member of a number of musical groups which have toured both locally and internationally. His musical activities are documented on over 30 albums he has both produced (including three full-length compilations released on medama records in Japan) and contributed to as a writer or musician. As a curator, he established the monthly Test Tone concert series in 2005 at Tokyo’s SuperDeluxe. Featuring over a thousand distinct artists over its 9 year run, it reached its 100th installment in 2014. With an active performance schedule in Japan and past tours through Thailand, Laos, Indonesia, China, Korea, Australia and the US, he also heads up the Subvalent record label and oversees the Tokyo Hub of Jolt Sonic Arts (Australia).
Cal Lyall official site
Photo by Satomi Ito

More great eventsこちらもどうですか

    1 2

    Via hashtagハッシュタグから