2018/10/19 金曜日

Akikazu Nakamura / Akiko Nakayama / Morgan Fisher中村明一/中山晃子/モーガン・フィッシャー

Open: 19:00 | Start: 20:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,300

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

竹取物語:音と光のパフォーマンス

中村明一 Akikazu Nakamura

中山晃子 Akiko Nakayama

モーガン・フィッシャー Morgan Fisher

このコンサートのために特別に結成されたトリオ「The Bamboo Cutters」は最高の即興技術を持つメンバー:【中村明一】虚無僧尺八の音楽を伝統と最先端の音楽を織り交ぜることの出来る最高の尺八奏者。【中山晃子】21世紀にまで及ぶ、60年代の「リキッドライトショー」の技術に基づいた、ユニークな「Alive Painting」。【モーガン・フィッシャー】珍しいヴィンテージのキーボードと最新のエレクトロニクスを使用しているキーボード奏者。彼のルーツは70年代のロックであり、彼の音楽はアンビエント/トランスの音楽の領域とクロスしている。

竹取物語は10世紀に作られた幻想的な物語ですが、今回は、物語自体は語られる事はありません。この魅力的なテーマや象徴をインスピレーションとして、即興に生かして行きます。この物語で象徴となっている竹は尺八と関係していると言えるでしょう。竹に隠された小さな赤ん坊と金は、この信じられない程単純な楽器尺八から、中村が作りだす広大な音楽を象徴しています。中山の複雑に展開する抽象的な色のイメージは、不可能とも言えるかぐや姫の出す難問やその為の冒険を象徴しています。この物語の中にフィッシャーは広大なサウンドスケープを用い、無限の空間を作り出します。

The Bamboo Cutters(中村明一/中山晃子/モーガン・フィッシャー)Akikazu Nakamura / Akiko Nakayama / Morgan Fisher

出演者詳細:

中村明一 Akikazu Nakamura

横山勝也師、多数の虚無僧尺八家に師事。米国バークリー音楽大学及びニューイングランド音楽院大学院で作曲とジャズ理論を学ぶ。循環呼吸を操る尺八奏者として、古典を拠り所としつつ多岐に亘る活動を展開し世界40ヶ国余で公演。作曲家としても活躍し委嘱作品多数。日本現代音楽協会会員。桐朋学園芸術短期大学講師。文化庁芸術祭レコード部門優秀賞。文化庁舞台芸術創作奨励賞。CD「虚無僧尺八の世界 北陸の尺八 三谷」(ビクター VZCG349)、「super-nova/Kokoo」(キング KICP716)、他多数。
中村明一 official site

中山晃子 Akiko Nakayama

画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。科学的、物理的な法則に基づくあらゆる現象や、現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。ソロでは音を「透明な図像」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れる。近年では TEDxHaneda、Audiovisual Media festival 2015 (台湾) 、Ars Electronica Fes 2016 (オーストリア)にも出演。
中山晃子 official site

モーガン・フィッシャー Morgan Fisher

ロンドン生まれ。デヴィッド・ボウイがプローデュースするバンド「モット・ザ・フープル」でキーボードを担当。アルバム「ミニチュアーズ」(ロバート・フリップ、マイケル・ナイマン、ペンギンカフェオーケストラ、XTC、プリテンダーズらが参加)、をリリースし話題を呼ぶ。1982年、クイーン・ヨーロッパツアーに参加。1985年日本に移住後は、アンビエントとインプロヴィゼーションの作曲に力を注ぎ、テレビCMの音楽ライターとしてトップを極めるほか、キャット・パワー、ホセ・フェリシアーノ、ザップ・ママらのための作・編曲を手がける。ヨーコ・オノ、ザ・ブーム、コクー、細野晴臣らと共演。キーボーディストとしてだけでなく、プロデュース、作・編曲、フィルム制作、フォトグラフなど、多岐にわたる活動を展開中。
Morgan Fisher official site

The Tale of the Bamboo Cutter: Sound & Light Performance

The Bamboo Cutters (Akikazu Nakamura / Akiko Nakayama / Morgan Fisher)

The Bamboo Cutters are a trio specially formed for this one concert. The members are all experienced at the highest level of creative improvisation: Akikazu Nakamura renowned shakuhachi master, equally at home in the ancient Komuso monk tradition and the most cutting edge avant-garde music. Akiko Nakayama whose unique Alive Painting builds on the 60s techniques of “liquid light shows” and takes it far into the the 21st century. Morgan Fisher (UK) keyboardist using rare vintage keyboards and modern electronics. His roots are in 70s rock and his branches reach the outer edges of ambient/trance music.

The Tale of the Bamboo Cutter (Taketori Monogatari) is one of Japan’s oldest stories (10th century), about an extra-terrestrial princess sent to Japan from the moon via a magical, shining bamboo, being adopted by a humble bamboo cutter, and her eventual return home after bewitching the five princes with her incredible beauty, and tempting the Emperor with immortality. The tale will not be specifically told here, however its fascinating themes and symbols are the inspiration for this entirely improvised concert.

Of course the bamboo in the story can relate to the shakuhachi (with the tiny baby and gold hidden in the bamboo perhaps symbolising the vast range of music Nakamura can produce from this deceptively simple instrument). Nakayama’s complex, evolving abstract colour images can symbolise the impossible tasks and adventures in the story. And Fisher’s vast soundscapes provide a boundless space in which this extraordinary story can unfold, with its moon voyages, and the Emperor finally trying to send a message to the moon from Japan’s highest mountain – which, legend has it, has become known since that time as: Mount Fuji (from “fushi” = “immortality”).

Akikazu Nakamura

Studied with komuso shakuhachi master Katsuya Yokoyama, and at Berklee College. Performs worldwide, blending traditional music with rock, jazz, contemporary music, improvisation. First prize at the 1999 Cultural Affairs Arts Festival. Composed for NHK, German radio, Sibelius and Ravel String Quartets; member of the Japan Society of Contemporary Music. His progressive trio Kokoo (shakuhachi and two kotos) played songs by Bowie, King Crimson, Pink Floyd, etc. His new unit Forest plays original fusion music. CDs include The World of Zen Music(Victor VZCG349), Super-nova (King KICP716).
Akikazu Nakamura information in English

Akiko Nakayama

Visual artist Akiko Nakayama creates installations, live performance and photographic works dealing with energy cycles, movement and colors. Employing a wide range of techniques, her unique approach to live painting results in melting landscapes, kaleidoscopic patterns and surreal and saturated vistas. Working in collaboration with some of Japan’s most distinctive improvising artists, including Keiji Haino, Akira Sakata and Hiromichi Sakamoto, she pursues what she titles ‘alive painting’, in which she aims to find the ‘existence of life’ in the act of creating out of nothingness.
Akiko Nakayama official site

Morgan Fisher

Born in London. 1973-76 played with Mott the Hoople, produced by David Bowie. In 1980 produced “Miniatures” (51 one-minute tracks by Robert Fripp, Michael Nyman, Pretenders, XTC, Penguin Cafe Orchestra, Damned, etc. Made vol. 2 in 2000). In 1985 moved to Japan to create ambient and improvised music; composed TV commercial music for Cat Power, Jose Feliciano, Zap Mama and numerous other singers and leading clients. Worked with Yoko Ono, The Boom, Dip in the Pool, Haruomi Hosono, Kokoo. Owns many rare vintage analog keyboards; performs solo monthly at his home studio. Is also very active as a light artist (abstract photographer).
Morgan Fisher official site

More great eventsこちらもどうですか

  • 2018/11/22 木曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Oneスーパー・デラックス エディション 1日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ Antibodies Collective ■ They Live (大蔵雅彦・宇波拓) ■ レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ leif elggren. crys cole. oren ambarchi.
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/11/23 金曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Twoスーパー・デラックス エディション 2日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ マルタ・フォスベリ marta forsberg. ■ クリスティーン・ エドルンド christine ödlund. ■ テーリ・テムリッツ terre thaemlitz. ▸ Deproduction
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/11/24 土曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Threeスーパー・デラックス エディション 3日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ 石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia. ■ マタナ・ロバーツ matana roberts ■ パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル pat thomas. joel grip. antonin gerbal.
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/12/09 日曜日

    Marginal Consort 2018マージナル・コンソート

    Open: 18:30 | Start: 19:00 - 22:00

    ■ 今井和雄 ■ 越川 T ■ 椎啓 ■ 多田正美
    Kazuo Imai, T Koshikawa, Kei Shii, Masami Tada
    勝手にすること|過激にすること|即興すること|解放すること|冷静にすること
    do as you please, go extreme, improvise, be free, be objective
    本会場では最後の公演となります。是非ご来場ください。
    Last performance at SuperDeluxe by Marginal Consort. Don't miss!

  • 2018/12/12 水曜日

    PechaKucha Night Vol. 161

    Open: 19:00 | Start: 20:20 - 23:00

    20 images x 20 seconds 建築家、建築を志す学生、自分を売り来んで仕事につなげちゃいたいひと、クリエイティブマインドのあるひと、みーんな集まれ!20枚のスライドを20秒毎に映しながらのフリートークをしてね。Here is YOUR chance to tell the world about YOUR design, YOUR thoughts, YOUR ideas at SuperDeluxe.

Via hashtagハッシュタグから