スーパー・デラックス エディション 3日目

2018/11/24 土曜日

SuperDeluxe Edition - Day Threeスーパー・デラックス エディション 3日目

Open: 19:30 | Start: 20:00

SuperDeluxe

当日/Door: ¥3,300

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

Edition Festival presents

スーパー・デラックス エディション

[LIVE]

石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia.

マタナ・ロバーツ matana roberts.

パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル pat thomas. joel grip. antonin gerbal.

チケット購入
イープラス【三日間 通し券
イープラス【11月24日 一日券
Peatix【三日間 通し券
Peatix【11月24日 一日券

出演者詳細:

石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア

石橋英子 Eiko Ishibashi

茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけに、数年前よりソロとしての作品を作り始める。ピアノ演奏をメインとしながらもドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチプレイヤー。シンガー・ソングライター、セッション・プレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。近年は坂本慎太郎、ジム・オルーク、七尾旅人、 星野源、前野健太などの作品やライブに参加。劇団マームとジプシーや、映画、ドラマなどの音楽を手掛ける。
eikoishibashi.net

ジム・オルーク Jim O’Rourke

1969年シカゴ生まれ。Gastr Del SolやLoose Furなどのプロジェクトに参加。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1997年超現代的アメリカーナの系譜から「Bad Timing」、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム「Eureka」を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年、Wilcoの「A Ghost Is Born」のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞。アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、近年は日本に活動拠点を置く。日本ではくるり、カヒミ・カリィ、石橋英子、前野健太など多数をプロデュース。武満徹作品「コロナ東京リアリゼーション」など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。

ジョー・タリア Joe Talia

ジョー・タリアはオーストラリア人のドラマー、コンポーザー、レコードプロデューサー/エンジニアであり、現在東京に在住する。長年活動するOren Ambarchiとのデュオや、アウトサイダーシンガーソングライター(特にNed Collette)との作品に名高く、タリアはオープンリール方式テープレコーダーとその他のアナログ装置を用いながら、エレクトロ・アコースティックの作曲とパフォーマンスの分野で活動している。これらの二つの面が、2018年にリリースされたソロLP「Tint」では美しく組み合わされ、ミニマリストの厳格さとクラウトロックの美しさを取り込んでいる。
www.joetalia.com

マタナ・ロバーツ Matana Roberts

マタナ・ロバーツは国際的に著名なコンポーザー、バンドリーダー、サックス奏者、サウンド実験主義者、そしてミクストメディアの専門家である。彼女は2000年代初頭にSticks And Stones quartetの中心的メンバーとして二つのレコードを制作し、過去10年間で彼女自身の名前で、様々な形態のソロやアンサンブルの作品をリリースしてきた。おそらく彼女の作品の中で最も高く評価されたCoin Coin projectを通じて彼女を知る人も多いだろう。Coin Coin projectは、「パノラマ的な音のキルティング」のマルチチャプター作品であり、神秘的なルーツを晒し、アメリカのクリエイティブな表現における直感的で士気を高める伝統へと導きだす。それはまた同時に、即興音楽の構造内での叙述性、歴史、コミュニティー、政治的な表現への深く実質的な従事を確保している。Constellationレコードは2011年からCoin Coin projectの記録化に取りかかり、これまでに12のアルバムの長さで構成された章のうちの最初の3つの章をリリースしている。

パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル

パット・トーマス Pat Thomas

パット・トーマスは、8歳からクラシックピアノを学び、16歳からジャズピアノを演奏し始めた。それ以来、彼は即興、ジャズ、新音楽を取り入れながら、全くもってユニークなスタイルを向上させてきた。また、Derek Bailey、Tony Oxley、Lol Coxhill、Steve Beresford、Evan Parkerをはじめとする、英国の即興音楽において最も重要な多くのミュージシャンたちと共演してきた。ISM trioに加えて、彼のレギュラープロジェクトは、ライブの楽器演奏とローファイテクノロジーの間の交差点を探求することに専念する形状をシフトするユニットである、ヴィブラフォニスト/マルチ演奏家であるOrphy Robinsonとの「Black Top」、またAhmed Abdul-Malikの音楽について制作をするカルテット「AHMED」などが挙げられる。「AHMED」は、21世紀の新しいジャズの想像を掻き立てるために、Abdul-Malikの20世紀半ばに合成されたヴィジョンの中で、見落とされたドキュメントや断片的な計画を掘削し、再び魂を宿わせ、働かせることを活動の目的としている。「トーマスはみすぼらしい身なりをしていて、第一印象は寧ろ冷たいように感じるかもしれないが、演奏を始めるときに即座に増幅される、兎も角も誇り高いカリスマを彼は持ち合わせている。熟練が思考プロセスに先行している他のピアニストとは異なり、トーマスは常に彼の才能と演奏を思い通りに駆使しながら、それがどんなに自由に抽象概念ともつれ合うことを厭わなくても、常に信頼すべき正確さを持ち得ているのである。」-The Jazzmann

ジョエル・グリップ Joel Grip

長年、エネルギッシュなダブルベーシスト、フィルムメーカー、プロデューサーとして、グリップは、ヨーロッパの即興音楽の新しいシーンにおいて重要な役割を担ってきた。Umlaut Recordsの創始者として、ミュージシャンの集団をオーガナイズし、また国際的に音楽をプロモートするクリエイティブな形態を切り開いてきた。また2003年以来、洗練された音楽的リスクテイキング、アップビート、社会的集まりのユニークで魅力的な組み合わせを提供する独立型のフェスティバル、スウェーデンのダーラフローダでのHagenfestenのメインオーガナイザーの一人としても活動している。グリップの音楽的才能は、音楽的な洗練と社会的コミュニケーションを一つにまとめるための類似した技巧により発揮される。彼は、Neuköllner Modelle, Mirror Mind Rose, Ahmed, Herr Borel Grip, Je Suis! and наказаниеなどのグループを活動の場としている。
joelgrip.com

アントニン・ジェルバル Antonin Gerbal

Peeping Tomのデビュー作「File under:Bebop」が2009年にリリースされて以来、アントニン・ジェルバルは、ヨーロッパ即興音楽のプリズムを通して、ジャズドラミングの歴史を再解釈することで、彼独自のドラムへのアプローチを模索してきた。即興演奏者、コンポーザー、教育者、パフォーマーとしてのジェルバルの活動は、とりわけUmlaut Recordsを通じて、ペルシア音楽シーンの活力を連想させる。Nakasanye、Zoor、ISM、Peeping Tomなどの多くのオリジナルプロジェクトと共に、ヨーロッパ、アメリカ、ロシア、日本で演奏を行い、またONCEIMなどの大規模なアンサンブルや、1920年代と30年代のジャズのアレンジメントを導くUmlaut Big Bandの活動に参加している。
antoningerbal.com

about the edition festival.

Edition Festival for Other Music「もうひとつの音楽のためのフェスティバル」は、ジョン・チャントラーのオーガナイズにより、2月にストックホルムで開催されました。2019年の4回目のエディションでは、Annea Lockwood、Oren Ambarchi & crys cole、Sarah Hennies、Kassel Jaegerなどのアーティストを迎える予定です。2018年11月のフェスティバルでは、チャントラーのレーベル1703 Skivbolagetとのコラボレーションにより、2016年の1回目のエディションでEllen Fullman とOkkyung Leeにより演奏されたコンサートのレコーディング「The Air Around Her」がリリースされます。Bill Naceのアートワークと共に、CD、LP、デジタルダウンロードにて購入可能です。
www.edition-festival.com

スーパー・デラックス エディション【2018年11月22〜24日】

11月22日 詳細&チケット
Antibodies Collective
They Live (宇波拓 & 大蔵雅彦)
レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ

11月23日 詳細&チケット
マルタ・フォスベリ
クリスティーン・ エドルンド
テーリ・テムリッツ ▸ Deproduction
 (日本語と英語で上映)

11月24日 詳細&チケット
石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア
マタナ・ロバーツ
パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル

Supported by Musikverket, Sweden.

Marta Forsberg’s performance is made possible with support from Konstnärsnämnden — the Swedish Arts Grants Committee.

Please note that Deproduction is a screening only and Terre Thaemlitz will not be present.

Edition Festival presents

SuperDeluxe Edition DAY 3

[LIVE]

eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia.

matana roberts

pat thomas. joel grip. antonin gerbal.

Tickets available here:
e-plus【Three Day Pass
e-plus【November 24 one day Ticket
Peatix【Three Day Pass
Peatix【November 24 one day Ticket

Artist information:

eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia.

Eiko Ishibashi

Ishibashi is a singer-songwriter, keyboardist, drummer, and multi-instrumentalist, known for her own elaborately conceptual solo albums and for her frequent collaborations with figures such as Jim O’Rourke, Merzbow, and Phew. In 2018 she released a record of songs ‘The Dream My Bones Dream’ on Felicity and a duo record with Darin Gray ‘Ichida’ on Oren Ambarchi’s Black Truffle label.
eikoishibashi.net

Jim O’Rourke

Jim O’Rourke (1969) is a post-classical composer, guitarist, producer, and filmmaker whose work spans rock, jazz, ambient, and electroacoustic music. In 1993, O’Rourke co-founded the experimental rock group Gastr del Sol with David Grubbs. In the same year, he formed the avant-rock group Brise-Glace with Darin Gray and Dylan Posa. Throughout the 1990s, O’Rourke was a member of the band Illusion of Safety and from 1999 to 2005 he performed and recorded as a member of Sonic Youth. His most recent LP of song material ‘Simple Songs’ was released on Drag City in 2015. O’Rourke worked with Kosugi Takehisa on music for the Merce Cunningham Dance Company and also collaborated with other pioneering artists of contemporary music including Tony Conrad, Arnold Dreyblatt and Christian Wolf. His ‘Steamroom’ series of electro-acoustic works made available for download via bandcamp now has more than 40 titles. In recent years O’Rourke has been based in Japan working with Kahimi Karie, Eiko Ishibashi, Maeno Kenta and others. O’Rourke has also collaborated on soundtracks for film-makers such as Werner Herzog, Olivier Assayas, Shoji Aoyama and Seiji Wakamatsu.

Joe Talia

Joe Talia is an Australian drummer, composer and record producer/engineer now resident in Tokyo. Noted for his long running duo with Oren Ambarchi and his work with outsider singer- songwriters (most notably Ned Collette), Talia also works in the realm of electro-acoustic composition and performance, working with reel-to-reel tape machines and other analogue devices. These twin facets of his work are beautifully combined on his 2018 solo LP ‘Tint’ which takes in both minimalist austerity and kosmische lushness.
www.joetalia.com

matana roberts.

Matana Roberts is an internationally renowned composer, bandleader, saxophonist, sound experimentalist and mixed-media practitioner. She made two records as a core member of the Sticks And Stones quartet in the early 2000s and has gone on to release a diverse body of solo and ensemble work under her own name over the past decade. She is perhaps best known for her acclaimed Coin Coin project, a multi-chapter work of ‘panoramic sound quilting’ that aims to expose the mystical roots and channel the intuitive spirit-raising traditions of American creative expression while maintaining a deep and substantive engagement with narrativity, history, community and political expression within improvisatory musical structures. Constellation began documenting the Coin Coin project in 2011 and has released the first three of a projected twelve album-length chapters to date.

pat thomas. joel grip. antonin gerbal.

Pat Thomas

Pat Thomas studied classical piano from aged 8 and started playing Jazz from the age of 16. He has since gone on to develop an utterly unique style – embracing improvisation, jazz and new music. He has played with many of the most important musicians in British improvised music including Derek Bailey, Tony Oxley, Lol Coxhill, Steve Beresford and Evan Parker. Alongside the ISM trio, his regular projects include ‘Black Top’ with vibraphonist/multi-instrumentalist Orphy Robinson — a shape-shifting unit dedicated to exploring the intersection between live instruments and lo-fi technology — and AHMED, a quartet dedicated to making music about the music of Ahmed Abdul-Malik. This group excavate, re-inhabit and use a-new the now overlooked documents, and fragmentary plans, of Abdul-Malik’s mid-20th century synthetic vision to produce a new jazz imagination for the 21st century.
Sartorially shabby as Thomas may be, and on first impression even rather stolid, he has a somewhat imperious charisma that’s immediately amplified when he starts to play. Unlike other pianists whose virtuosity seems to be racing ahead of their thought processes Thomas always seems supremely in command of his gift, and his playing, no matter how free and ready to tangle with abstraction, always carries a charge of authoritative exactitude.” – The Jazzmann

Joel Grip

For a number of years now, energetic double bassist, filmmaker and producer Grip has played an important role for the new scenes of improvised music in Europe. As founder of Umlaut Records, he opened up for creative forms of organizing collectives of musicians and promoting their music internationally. Since 2003 he has been one of the main organizers of Hagenfesten in Dala-Floda, Sweden, a stand-alone festival offering a unique and endearing combination of sophisticated musical risk-taking, and up-beat, social get-together. Grip’s musicianship is informed by a similar knack for welding musical sophistication with social communication. He is active in the groups Neuköllner Modelle, Mirror Mind Rose, Ahmed, Herr Borel Grip, Je Suis! and
наказание to name a few.
joelgrip.com

Antonin Gerbal

Since the release of Peeping Tom’s debut ‘File under: Bebop’ in 2009, Antonin Gerbal has been developing his own approach of the drums – reinterpreting history of jazz drumming through the prism of European musical improvisation. An improviser, composer, teacher and performer, Antonin Gerbal is associated with the vitality of the Parisian music scene, notably through Umlaut Records. He has performed in Europe, U.S., Russia and Japan, with many original projects such as Nakasanye, Zoor, ISM and Peeping Tom and is also involved in large ensembles such as ONCEIM (playing pieces by Eliane Radigue, Stephen O’Malley and others) and the Umlaut Big Band which brings to life jazz arrangements of the 1920’s and 1930’s.
antoningerbal.com

about the edition festival.

The Edition Festival for Other Music takes place in Stockholm each February and is organised by John Chantler. The 2019 Fourth Edition will include performances by Annea Lockwood, Oren Ambarchi & crys cole, Sarah Hennies, Kassel Jaeger and more. In November 2018 the festival (in collaboration with Chantler’s label 1703 Skivbolaget) will release ‘The Air Around Her’ a recording of the concert performed by Ellen Fullman and Okkyung Lee as part of the First Edition in 2016. This will be available on CD, LP and Digital Download with artwork by Bill Nace.
www.edition-festival.com

SuperDeluxe Edition: November 22—24. 2018

November 22 Info & Tickets
antibodies collective.
they live. (Taku Unami & Masahiko Okura)
leif elggren. oren ambarchi. crys cole.

November 23 Info & Tickets
marta forsberg.
christine ödlund.
terre thaemlitz ▸ Deproduction
 (screening in Japanese & English)

November 24 Info & Tickets
eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia.
matana roberts.
pat thomas. joel grip. antonin gerbal.

Supported by Musikverket, Sweden.

Marta Forsberg’s performance is made possible with support from Konstnärsnämnden — the Swedish Arts Grants Committee.

Please note that Deproduction is a screening only and Terre Thaemlitz will not be present.

More great eventsこちらもどうですか

Via hashtagハッシュタグから