ホーメイ・アンサンブル「トゥバ・クズ」

2018/06/10 日曜日

Khoomei Ensemble TYVA KYZYホーメイ・アンサンブル「トゥバ・クズ」

Open: 18:30 | Start: 19:00 - 22:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,500

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

結成20周年記念ワールドツアー東京公演 第1夜『銀河の子』

演:
■ トゥバ・クズ(from トゥバ共和国)
■ 笹久保伸(ギター)+ イルマ・オスノ(歌・ダンス)
■ 小暮香帆(ダンス)
■ 藤田陽介(ホーメイ、自作オルガン他)
■ 山川冬樹(ホーメイ、心臓、頭蓋骨他)

ホーメイ・アンサンブル「トゥバ・クズ」
東京公演オフィシャルサイト
khoomei.net

出演者詳細

トゥバ・クズ
/sdlx/180610-TyvaKyzy-x388.jpg
遊牧民の娘として生まれ育ったチョドゥラー・トゥマットを中心として、1998年に南シベリアはトゥバ共和国で結成された女性ホーメイ・アンサンブル。1人の歌手が同時に2つの声で歌うと言われる究極の歌唱法「ホーメイ」は、その神秘的な響きで多くの人を魅了するが、トゥバでは長らく女性が歌うことを禁じられてきた。トゥバ・クズはそのホーメイの”ガラスの天井”を破り、女性が歌うスタイルを切り開いてきた世界で最初のホーメイ・アンサンブルである。「トゥバ・クズ」とはトゥバ語で「トゥバの娘」を意味するが、その名の通り彼女たちの奏でる音楽はトゥバの大地の恩寵に包まれている。
メンバー(写真左より)
ショルバーナ・ベレクオール Sholbana Belek-ool
アルトゥナイ・フーラク Altynay Khuurak
チョドゥラー・トゥマット Choduraa Tumat
アイランマー・ダムラン Aylanmaa Damyran
オルチャ・トゥマット Olcha Tumat

笹久保伸
/sdlx/180610-Sasakubo-x388.jpg
現代音楽とアンデス音楽のギタリスト。ペルー・アンデスで4年間のフィールドワークと演奏活動を行い、これまでに27枚のCDを発表。南米各地とヨーロッパで演奏しながら、近年はアート運動「秩父前衛派」を組織。その表現は音楽に留まらず、写真、映像、ドローイングに渡り、瀬戸内国際芸術祭への参加などアート領域でも注目を集めている。
shin-sasakubo.com

イルマ・オスノ
/sdlx/180610-Irma-x388.jpg
ペルー・アンデス、アヤクーチョ県出身。12歳までケチュア語だけを話す村で育ち、その生活の中で自然に村の音楽や踊りを覚えた。1980年代にアヤクーチョでテロが激しくなったため、首都リマへ移住し高校教師をしながら音楽活動を続けた。現在は日本の大学でスペイン語講師をしながらアヤクーチョ音楽を歌い続けている。
イルマ・オスノ「タキ -アヤクーチョ-」インタビュー

小暮香帆
/sdlx/180610-Kogure-x388.jpg
ダンサー、振付家。1989年生まれ。6歳より踊り始める。これまで笠井叡をはじめ多数振付家作品に出演、海外ツアーに参加。2012年よりソロ活動を開始。ソロ公演「遥かエリチェ」(2013)、「ミモザ」(2015)、「ユートピア」(2017)を発表し、国内外で作品を上演する。また舞台のみならずミュージシャン、画家、美術家など様々なアーティストとのセッション、映画、CM、MVに出演するなど活動は多岐にわたる。2012年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。第二回セッション・ベスト賞、横浜ダンスコレクションR2015コンペディションⅠ奨励賞、第6回エルスール財団新人賞受賞。めぐりめぐるものを大切にして踊っている。
kogurekaho.com

藤田陽介
/sdlx/180610-Fujita-x388.jpg
香川県出身。2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。その自作パイプオルガンと声(ホーメイやイヌイットの特殊歌唱など)を主軸に、水や火、生物から新しい音を見出すことに関心を持ち、常に多様なメディア/事象を音楽に取り込んでいる。ソロのライブ・パフォーマンスを主なアウトプットとしながら、EYヨ(ボアダムス)や山川冬樹との共作などコラボレーション・ワークも多数。展示形式での作品として、湖底に沈んだ村の記憶をテーマに水中の音で構成した「見えない湖」(2015/神奈川県立相模湖交流センター)、土中の幼虫(アメリカミズアブ)の音を可聴化する作品「CELL」(札幌国際芸術祭2017)などがある。
fujita-yosuke.moo.jp

山川冬樹
/sdlx/180610-Yamakawa-x388.jpg
現代美術家/ホーメイ歌手。声と身体を媒体とした表現で、音楽、現代美術、舞台芸術の分野を横断しながら、これまでに16カ国でパフォーマンスを行う。ホーメイ歌手としては2003年トゥバ共和国で開催された「第4回国際ホーメイフェスティバル」で「アヴァンギャルド賞」を受賞。同年東京で開催された「第2回日本ホーメイコンテスト」では、第1回大会(2001年)に引き続きグランプリと観客賞をダブル受賞。展示形式の代表作『The Voice-over』は、東京都現代美術館にコレクションされている。2015年横浜文化賞 文化・芸術奨励賞受賞。今回トゥバ共和国よりトゥバ・クズを招聘、本イベントを企画。
「生」がリセットされる異界。山川冬樹 70時間連続ライヴの(ほぼ)全貌

20th Anniversary WORLD TOUR Tokyo Night #1 “Ginga no Ko (Children of the silver rivers)”

LIVE:
Tyva Kyzy (from Tyva Republic)
Shin Sasakubo (Guitar) + Irma Osno (Vocals, Dance from Ayacucho, Peru)
Kaho Kogure (Dance)
Yosuke Fujita (Khoomei, Selfmade Organs, etc)
Fuyuki Yamakawa (Khoomei, Heartbeats, Skeletons, etc)

Khoomei Ensemble TYVA KYZY
Tokyo Concerts Official Site (in Japanese)
khoomei.net

Artist Information:

Tyva Kyzy
/sdlx/180610-TyvaKyzy-x388.jpg
“Tyva Kyzy” (“Daughters of Tuva”) is the first and only women’s group in Tuva that performs all styles of Tuvan throat-singing. This from of multiple tones harmonic singing has been practiced mostly by men and prohibited for women. Tyva Kyzy dares to perform publicly this ancient art of singing in their own unique “feminine” style.
Members (from left of photograph):
Sholbana Belek-ool
Altynay Khuurak
Choduraa Tumat
Aylanmaa Damyran
Olcha Tumat
tyvakyzy.com

Shin Sasakubo
/sdlx/180610-Sasakubo-x388.jpg
shin-sasakubo.com

Irma Osno
/sdlx/180610-Irma-x388.jpg

Kaho Kogure
/sdlx/180610-Kogure-x388.jpg
kogurekaho.com

Yosuke Fujita
/sdlx/180610-Fujita-x388.jpg
fujita-yosuke.moo.jp

Fuyuki Yamakawa
/sdlx/180610-Yamakawa-x388.jpg
Born in London UK on 1973. Based in Tokyo Japan. Fuyuki Yamakawa -creator of sound/visual installations and improvised musical happenings – picks up and amplifies the sound of his heartbeat with an electronic stethoscope. At the same time this triggers the lighting of a series of light bulbs that oscillate simultaneously with the heartbeats, themselves cadenced to the rhythm of his ‘Khoomei’, a form of popular Tuvan (central asian) overtone singing in which Yamakawa excels, characterised by diplophonia, which is the contemporary emission of two sounds requiring total control of one’s breathing. Through his vocalisation, he controls his heartbeat’s speed and velocity. ” My physical body`s phenomena is outputted as sound and light and it gives perceptional stimulations to eyes, ears, and skins of audiences. Eventually the venue transforms into extended part of my body,” he says. ” Sometimes it stops my heart for seconds. I use electric guitar but I never touch the strings. I shake and rub the body of guitar to make drones. These actions work like ‘sports’, which influence heart beat.” With a background in video art and graphic design, in 2001 he won the Grand Prix and Audience Award at the 1st Khoomei Festival in Japan (September) and started his professional career as a voice performer. In 2003, he was invited to the 4th International Khoomei Festival, which was held in the Republic of Tuva. He won the Avant-garde Award in the contest and became known as an Avant-garde Khoomei singer. In the same year, he participated in the 2nd Khoomei festival in Japan and succeeded in defending his championship title.
Fuyuki Yamakawa official site

More great eventsこちらもどうですか

このカテゴリーにはまだないみたい / No events in this category

Via hashtagハッシュタグから