SuperDeluxe presents 灰野敬二 × 白石民夫 不失者はここから始まった

2018/07/06 金曜日

SuperDeluxe presents Keiji Haino x Tamio Shiraishi 'The Beginnings of Fushitsusha'SuperDeluxe presents 灰野敬二 × 白石民夫 不失者はここから始まった

Open: 19:30 | Start: 20:00 - 23:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,300

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

今から40年前の1978年、灰野敬二がバンド「不失者」を結成した。その活動は現在も存続し、もはやその ”音” による影響力は国際的にまで広がりをみせ、日本国内のアヴァンギャルドミュージックシーンを、今や世界に誇る一つのシーンとして発展させる一因となった。主にトリオ編成のバンドとして知られる不失者は、結成当初、白石民夫とのデュオから始まった。不失者はここから始まった。これは事実である。
現在、アメリカ NYで音楽活動を続ける、サクソフォニスト白石民夫の7月上旬の来日に伴い、日本地下音楽ファン待望の、灰野敬二と白石民夫の夢のデュオ共演がスーパーデラックスにて実現する!40年前のデュオから始まった、あの時の不失者は、時空を超えて再会し、どこへ辿り着くのか?!この貴重なライブを目撃しに来てください!!この機会、ぜひお見逃しなく!
また、この日の前座には不失者結成から40年の時を経た日本地下音楽シーンから2010年代に結成されたバンドを2組ピックアップ!昨年、NYで白石民夫と共演を果たしたGAIAMAMOO (ガイアマムー)。そして昨今国内で精力的に活動するエレファントノイズカシマシが初出演!さらに、DJには今を翔ける地下アイドル、姫乃たまも登場するぞ!
7月6日金曜日七夕前日、六本木スーパーデラックスでお待ちしております!世代を超えて変化し続ける、シーンの”今”はここからまた始まる。

出演:
灰野敬二 × 白石民夫《不失者はここから始まった》
GAIAMAMOO
エレファントノイズカシマシ
DJ:姫乃たま

出演者詳細:

灰野敬二
/sdslx/161120-Keiji-Haino.jpg
1952年5月3日千葉県生まれ。アントナン・アルトーに触発され演劇を志すが、ザ・ドアーズに遭遇し音楽に転向。ブラインド・レモン・ジェファーソンをはじめとする初期ブルースのほか、ヨーロッパ中世音楽から内外の歌謡曲まで幅広い音楽を検証し吸収。1970年、エドガー・アラン・ポーの詩から名を取ったグループ「ロスト・アラーフ」にヴォーカリストとして加入。また、ソロで自宅録音による音源制作を開始、ギター、パーカッションを独習する。1978年にロックバンド「不失者」を結成。1983年から87年にかけて療養のため活動休止。1988年に復帰して以来、ソロのほか不失者、滲有無、哀秘謡、Vajra、サンヘドリン、静寂、なぞらない、The Hardy Rocksなどのグループ、experimental mixture名義でのDJ、他ジャンルとのコラボレーションなど多様な形態で国際的に活動を展開。ギター、パーカッション、ハーディ・ガーディ、各種管弦楽器、各地の民間楽器、DJ機器などの性能を独自の演奏技術で極限まで引き出しパフォーマンスを行なう。170点を超える音源を発表し、確認されただけでも1500回以上のライブ・パフォーマンスを行なっている。
灰野敬二 official site

白石民夫
/sdlx/180706-tamioshiraishi-388.jpg
1970年代後半:演奏活動を開始。 多くのミュージシャン(「灰野敬二」などを含む、パフォーマンスアートも含む)と、吉祥寺の「マイナー」にて共演する。1980年代: 演劇集団「ホモフィクタス」に参加。 舞踏・パフォーマンスアートとの共演も行う。1990年:米国へ移住。「ABC No Rio」(NY)などで、多くのミュージシャンと共演する。 1992年:東京へ移住。新宿西口の路上にて演奏を行う。1994年:NYへ移住。多くのミュージシャン・グループ(「CrashWorship」などを含む)と共演する。2008年: NY地下鉄構内での演奏を開始。現在も続けている。現在:NYにて、多くのミュージシャン(パフォーマンスアートも含む)との共演を行っている。

GAIAMAMOO
/sdlx/180706-gnn095-388.jpg
現代の日本情緒からインスパイアされた雑音な即興演奏と、古来の日本のおもむき・和風柄をモチーフに取り入れたサイケデリックビデオを、ステージパフォーマンスで融合させる。 聴覚と視覚の感覚的な互いの交差点を即興音とイメージを用いて実験的に明らかにする。Shogo HaraguchiとMehata Sentimental Legendによるエクスペリメンタルミュージックデュオ。2012年結成、東京にて活動開始。翌年スペインツアーを敢行し南北4都市を周る。2015年、Pacific Basin Arts Communication (PARC)主催 Sound Live Tokyo “東京都初耳区” に選出。2016年から2018年、カリフォルニアやニューヨークでツアーを敢行、3年連続で行ったニューヨークツアーでは、そのライブ音源が Ridgewood Radio WFMU by Outpost Artist Resourcesで取り上げられ、2018年にニューヨークの名門ヴェニュー Rouletteに招待され出演を果たす。サンフランシスコで、アメリカのエクスペリメンタルミュージックバンド Wolf Eyesの”Psycho Jazz in the Bay tour” (California, 2017) に同行する。また、ロサンゼルスで行われたスタジオレコーディング音源 “Buddha in Wonderland” と “Circle above the Giant Hand” がLA発信のラジオ dublabで紹介される。その他、国内外フェス Festes Majors Alternatives de Vallcarca (Barcelona, 2016),  Festival GIGANOISE 2 (Tokyo, 2016), Ende Tymes (NY, 2017), Jazz Art Sengawa_CLUB JAZZ 屏風 (Tokyo, 2017), Mixology Festival (NY, 2018), XFest (Boston, 2018). 等に出演。
GAIAMAMOO official site

エレファントノイズカシマシ
/sdlx/180706-elefantcashimashi-388.jpg
音と音楽の究極に美しい輝きを追求する、東京新世代音楽集団。2012年結成。2017年、ファーストアルバム『DISCOVERY』を発表し、クラブ、ライブハウス、野外とあらゆる空間での活発なライブ活動を続けている。現在は、レーベル『PHETISH/TOKYO』代表、そして歌手でもある片岡フグリ。現代美術家の小林ムーク。莫大な量の作品を発表し続ける音楽家、剤電。鉄骨を基点としたオリジナル楽器を操る、岡本ノイズ広場。金星のスカムR&Bゴリラ『KING KONG JAPAN』としても活動する、小松成彰。みんなの愛されモテノイズ、ギタリストのΣ(シグマ)。の6名で活動を展開している。東京、頂点、エレファントノイズカシマシ。 In short, ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI is top of JAPAN.
youtube
SoundCloud

姫乃たま
/sdlx/180706-himenotama-388.JPG
1993年2月12日、東京生まれ。16才よりフリーランスで始めた地下アイドル活動を経由して、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業を営んでいる。音楽ユニット・僕とジョルジュでは、作詞と歌唱を手がけており、主な音楽作品に『First Order』『僕とジョルジュ』等々、著書に『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版)『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。
姫乃たま official site

 

40 years ago, in 1978 Keiji Haino founded the band Fushitsusha. The band is still currently active and the influence of their sound reaches internationally, far beyond Japan. It is safe to say that Fushitsusha is one of the reasons the Japanese avant-garde music scene is known throughout the world. Although Fushitsusha is known as a trio, it actually started as a duo, with Keiji Haino and Tamio Shiraishi. This is the beginning of Fushitsusha.

Live:
Keiji Haino x Tamio Shiraishi (The Beginnings of Fushitsusha)
GAIAMAMOO
ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI
DJ: Himenotama

Artist information:

Keiji Haino
/sdlx/161120-Keiji-Haino.jpg
Born in Chiba on May 3, 1952. Inspired by Antonin Artaud he aimed for the theatre, but an encounter with The Doors stimulated him into music, where he has examined and absorbed a wide range of music from the early blues especially Blind Lemon Jefferson or European medieval music to popular songs across the world. In 1970 he joined a group “Lost Aaraaf” named after Edgar Allan Poe’s poem as a vocalist. Meanwhile, he started to work on home recordings and self-taught the guitar and percussions. In 1978 he formed a rock band “Fushitsusha,” and since 1988, after a recuperation period from 1983 to 1987, he has been internationally active in various forms including solo, groups such as Fushitsusha, Nijiumu, Aihiyo, Vajra, Sanhedrin, Seijaku, Nazoranai or The Hardy Rocks and DJ as “experimental mixture,” as well as collaborations with artists from different backgrounds, drawing the performance of the guitar, percussions, the hurdy gurdy, diverse wind and string instruments, local instruments from across the world and DJ gears to the extreme through unique techniques. He has released more than 170 recordings and performed live at least 1,500 times.
Keiji Haino official site

Tamio Shiraishi
/sdlx/180706-tamioshiraishi-388.jpg
Late 1970’s: started performing music in public, collaborated with various musicians (including Keiji Haino) at the club “minor” in Kichijoji, Tokyo. In 1980’s: in Tokyo, participated performances of “Homo-Fictus” (dramatic company), performed with various butoh dancers,,,, 1990: in USA. Performed with various musicians at various places including “abc no rio” in NY. 1992: in Tokyo. often performed at Shinjuku-Nishiguchi station square (on the street). 1994: again in NY. Started performing with many musicians including “CrashWorship”. 2008: started performing at subway stations in NY (still continuing). Now: performing with many artists(mostly musicians but also performance artists) mostly in NY.

GAIAMAMOO
/sdlx/180706-gnn095-388.jpg
Japanese experimental music duo GAIAMAMOO offers textured, noisy improvised music accompanied by video projections, inspired by traditional Japanese pattern with psychedelic art. The duo focuses on the intersection of sight & image, demonstrated by improvised sounds and abstract visual patterns. Formed in 2012 by Shogo Haraguchi and Mehata Sentimental Legend from Tokyo. In 2015, GAIAMAMOO were chosen to perform on “New Sound Sanctuary” during the Sound Live Tokyo festival, organized by Pacific Basin Arts Communication (PARC). In 2016 and 2018, the duo toured California and New York City, appearing on Ridgewood Radio on WFMU broadcasted by Outpost Artist Resources (NY 2016,17), and opened for Wolf Eyes’ Psycho Jazz in the Bay tour (California, 2017). In 2018, GAIAMAMOO performed at Roulette hosts Mixology Festival (New York), curated by David Weinstein. GAIAMAMOO also appeared in Festes Majors Alternatives de Vallcarca (Barcelona, 2016), Festival GIGANOISE 2 (Tokyo, 2016), Ende Tymes (Brooklyn, 2017), Jazz Art Sengawa_CLUB JAZZ 屏風 (Tokyo, 2017), XFest (Boston, 2018). GAIAMAMOO’ s video was made by Hiroshi Mehata a.k.a. Mehata Sentimental Legend.
GAIAMAMOO official site

ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI
/sdlx/180706-elefantcashimashi-388.jpg
Tokyo new generation music group established in 2017 pursuing perfect beauty in sound and music. Their first album DISCOVERY was released in 2017 and they are actively performing at clubs, livehouses, and outdoors. Members include these six: singer Fuguri Kataoka who is also President of the PHETISH/TOKYO label, Contemporary artist Mooq Kobayashi, the extremely prolific Zaiden. Okamoto Noize Hiroba who performs with his original steel framed musical instrument. The Venus scum R&B gorilla known as King Kong Japan, Shigeaki Komatsu, and the much loved noisician, guitarist Σ(sigma). In short, ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI is top of Japan.
youtube
SoundCloud

Himenotama
/sdlx/180706-himenotama-388.JPG
Born in Tokyo, 12-Feb 1993. At the age of 16 she started out working as a freelance underground idol. Himenotama now focuses primarily on live performances and writing. She is the lyricist and singer for the music unit “Je et Georges” which has released “First Order,” “Je et Georges,” and more. Himenotama’s activity as a writer includes the books “Underground Idol As an Occupation” (Asahi Shimbun Publishing) and “Senkou ~ The Secret Life of an Underground Idol” (Saizo Publishing).
Himenotama official site

More great eventsこちらもどうですか

1 2

Via hashtagハッシュタグから