SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Incredible Sound Vision of Eurasia in Tokyo ユーラシアンオペラ 東京 2018《 夜の部 》

カテゴリ: 音楽

タグ: Experimental | World | 来日公演

開場 17:00 / 開演 17:30

料金 予約3700円/当日4200円(1D込み)

ユーラシアンミュージックの〈現在〉と交わりをもつ一昼夜の饗宴。トゥバ、トルコ、シベリア、ウクライナからきた4人のミューズが大陸的コスモロジーへと誘い、日本のアーティストとの出会いによりさらに新しくなっていく未知の音楽の誕生の瞬間。

出演:
(Vocal)
サーデット・テュルキョズ
アーニャ・チャイコフスカヤ
マリーヤ・コールニヴァ
サインホ・ナムチラク

八木美知依(箏)
河崎純 (db)
石塚俊明 (打楽器)
チェ・ジェチョル(韓国打楽器)
黒田鈴尊 (尺八)
大塚惇平 (笙)
小沢あき(ギター)
音楽詩劇研究所(亞弥、三浦宏予ほか)

*内橋和久さんは昼だけになります。

ご予約・お問い合わせ
音楽詩劇研究所 info@musicpoeticdrama.com
オフィシャルサイト:ユーラシアンオペラ 東京 2018

Facebook: @MPDLab
Twitter: @MPDLab

出演者詳細:

サーデット・テュルキョズ
/sdlx/180930-SaadetTürköz.jpg
© Paul Jacquat
即興ヴォーカリスト。東トルキスタン(ウイグル自治区)から政治難民としてイスタンブールに辿り着いたカザフ系の両親の下に生まれ、幼い頃に同地のカザフ・コミュニティーの長老たちから学んだ中央アジアの語り物と、日常聞こえてくるコーランの響きと自由な節回しが、後のスタイルの原点となる。20歳でスイスのチューリッヒに移り住み、フリージャズや即興音楽に出会い、それが自身の音楽的ルーツに塗り重なって、今の独特のスタイルに至る。現在、チューリッヒを拠点に、世界各地の即興ミュージシャンと刺激的なコラボレーションを展開する。代表的な共演者に Elliot Sharp(ギター、サックス/米国)、 Fred Frith(マルチ/米国)、Nils Wogram(トロンボーン/独)、Koch-Schuetz-Studer Trio(スイス)、日本の音楽家では、琴の八木美知依、ヴォイス・パフォーマンスの巻上公一など。2010年には国際交流基金主催日本トルコ現代音楽制作「Sound Migration」に参加。2017年の音楽詩劇研究所「黒海プロジェクト」において、イスタンブールでの全公演に参加した。
サーデット・テュルキョズ official site

アーニャ・チャイコフスカヤ
/sdlx/180930-AnyaTchaikovskaya.jpg
ウクライナ出身の歌手。幼少の頃をサハリン島で過ごし、ウクライナ、ロシア両国の伝統文化を継承している。 2004年にウクライナのドネツク音楽院卒業後、数々のウクライナの主要な音楽家とともに活動。ジャズを中心に、ウクライナの伝統歌唱法も用いるその声に「ウクライナの真珠」との称号が与えられた。数多くのロック、ジャズバンドに参加し、ウクライナのカルトロックバンドとして知られる Okean Elzy でもヴォーカリスをつとめた。2009年には、ジョージアの詩人・作曲家 Irina Kudrjashovoj と共同作業を続け、アルバム『OljnDvir』をリリース。ウクライナの民謡、神話などのフォルクローレを題材にセカンドアルバムを制作。ロシアのサンクトペテルブルクに拠点を移した後は、ウクライナ古謡を研究し、紀元前にも遡るウクライナ地方の古謡や民謡をマスターした。同時に正教聖歌と西洋古典声楽への理解を深め、アンドレイ・コンダコフ、ウラジーミル・ヴォルコフ、ヴャチェスラフ・ガイヴォロンスキーらロシアの前衛音楽家との出会いにより、即興的・演劇的なパフォーマンスを志向し、ウクライナ古謡を即興的に用いながらより自由な演奏スタイルへと移行した。音楽詩劇研究所のロシア公演「モスクワミーティング」(2016)で初共演したのち、「黒海プロジェクト」(2017)にゲストソリストとして参加し、Odessa International Theatre Festival に出演した。

マリーヤ・コールニヴァ
/sdlx/180930-MaryaKorneva.jpg
歌手、作曲家、ディレクター。イルクーツクに生まれる。秘境的生活で知られる正教古儀式派(セメイスキー)にも出自をもち、国立民族劇団を主宰する両親の元で育つ。幼少の頃から音楽、演劇、民族芸能に慣れ親しみ、両親の劇団公演で訪れる民俗博物館で、シベリアの広大な草原に暮らすさまざまな民族の芸能の声を聞きながら育つ。ロシア語や文学への関心をたかめ、とりわけ革命前の「銀の時代」の詩人に強く関心をいだき、それらを元に歌曲の作曲を続ける。イルクーツク州立大学で哲学とジャーナリズムを専攻し、ジュリア・クリステヴァ、ウンベルト・エーコ、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなどを研究し、哲学、思想、言語への関心を自らの音楽に還元するため、合唱や作曲を専門とするフレデリック・ショパン記念イルクーツク音楽学校で学ぶ。イルクーツク州交響楽団でソリストとして活動するほか、女優、歌手としてドラマシアターで活動。東洋の身体技法を習得しながら、様々な音楽、演劇のプロジェクトに参加し、ジャズ、アヴァンギャルド、即興、電子音楽、民族音楽を演奏。自身で作曲も行い、実験映像とのコラボレーション作品を多数残している。2017年の音楽詩劇研究所「バイカルプロジェクト」にゲストソリストとして招かれ、ブリヤート共和国での国際音楽祭 Voice of Nomads、イルクーツク現代美術館での公演に参加した。

サインホ・ナムチラク
/sdlx/180930-SainkhoNamtchylak.jpg
© Carolina Dutca
喉歌、実験的なジャズ、古典、電子音楽、仏教的な思想を組み合わせて表現することのできる、世界的にも類稀なヴォーカリストとして知られている。ロシア連邦トゥバ共和国の中 でもモンゴルとの国境近く、南シベリアに位置する小さな村で生まれた彼女の初めての音楽的なインスピレーションは、南シベリアからモンゴルまで続く無限の砂漠と草原(ステップ)の遊牧の民だった祖母が歌う子守唄からもたらされたものだった。 感じるままに歌う社会(幸せなときも、悲しいときにも)の中で成長していった彼女は、モスクワのグネーシン音楽院で声楽を専攻し、同時にトゥバやモンゴルに特有の喉歌による倍音唱法やソビエト時代に長らく禁じられてきたシベリアのラマ教、シャーマニスティックな伝統をも学ぶ。その後、トゥバ共和国の国立民族音楽団の歌手としてキャリアをスタートし、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダを回るツアーをおこなう。1988 年には、民族的要素と現代的な要素を組みわせたスタイルをつくり出そうと試みるソビエト連邦のジャズ アンサンブルTri-Oの主要メンバーとして西洋のメディアから注目を集め、その表現は驚きをもっ て迎えられた。また 、ヨーロッパの音楽家とも積極的にコラボレートしており、1993年にヨーロッパのレーベルから『Out of Tuva』を発表し世界の音楽シーンに衝撃を与えた。 美術家、書家でもあり、民族の叙事詩を用い、声の表現やエレクトロニクス、ライブペインティングを融合させた総合的なパフォーマンスを、ウィーンを拠点に世界各地で行ってい る 。7オクターブともいわれる声域と技術、芸術的なリサーチと文化的・宗教的背景に裏打ちされた彼女のパフォーマンスは「過去も、現在の最先端あるいは未開の領域までも、聴か せ、旅させる」と評されている。
サインホ・ナムチラク official site

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
協力:Keio ABR(慶應義塾大学)
/sdlx/180930-tokyo-festival-road-ol-01-388.png
/sdlx/180930-ACT-logo-388.png

info@musicpoeticdrama.com へのメールにて予約受付中!

オフィシャルハッシュタグ

#EurasianOpera

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます