SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Hello, Wendy! 2nd album release party Buffalo Daughter presents 

カテゴリ: 音楽

タグ: Experimental | Japan | Pop | Rock

開場 18:30 / 開演 19:30

料金 前売3800円/当日4300円(ドリンク別)

出演:
Hello, Wendy!(大野由美子+マイカ ルブテ+AZUMA HITOMI+新津由衣、ゲスト:ASA-CHANG)
Metalchicks(シュガー吉永+吉村由加)

チケットは e+ または Peatix にて発売中!
e+チケット購入はこちらから
Peatixチケット購入はこちらから

出演者詳細:

Hello, Wendy!
(大野由美子+マイカ ルブテ+AZUMA HITOMI+新津由衣、ゲスト:ASA-CHANG)
/sdlx/180823-hellowendy-388.jpg
Buffalo Daughterの大野由美子をリーダーに、マイカ ルブテ、AZUMA HITOMI、新津由衣の4人で結成されたシンセサイザー・カルテット。2014年リリースの1stアルバム『The First Encounter with Hello, Wendy!』では、世界で初めてコンピューターが歌った曲として知られる「Daisy Bell」や、ウェンディ・カルロスのシンセサイザー・バージョンが有名な「ブランデンブルク協奏曲第3番」(バッハ)、さらにクラフトワークの「Computer Love」など、電子音楽の歴史をなぞるようなカバーを披露し話題となる。以降、チボマットや立花ハジメとの対バンなど散発的にライブを行っていたが、2018年5月、1stアルバムの世界をさらに広げた待望の2ndアルバム『No.9』をユニバーサルミュージックからリリース。
Hello, Wendy official site

Asa-chang
/sdlx/180325-asachang-388.jpg
20代前半は、ファッション誌「CUTiE」「Olive」や、小泉今日子らを手がけるヘアメイク・アーティストとして活躍。同時に「東京スカパラダイスオーケストラ」を創始。脱退後しばらくして「ASA-CHANG&巡礼」を始動。インド・アジア系打楽器から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立。ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集める一方、作曲・アレンジャーとしても活躍。2015年よりNHK E テレの音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」にレギュラー出演、体当たりな演技と演奏が好評を博す。

Metalchicks
(シュガー吉永+吉村由加)
/sdlx/180823-Metalchicks2018-388.jpg
Buffalo Daughterのギタリストであるシュガー吉永と、元DMBQ/OOIOOのドラマー吉村由加によるグラインド・テクノ・ミーツ・メタルバンド。2005年リリースの1stアルバム『METALCHICKS』は、インダストリアルなシンセリフ、切り刻むドラムンベース・ビート、ゴアトランスの硬質さとボコーダーをフィーチャーしたデジタル・ヘビー・ロック・アルバムとなり、コアな音楽ファン/クリエーターから熱い支持を受ける。翌年発売の2ndアルバム『St. Wonder』は映画「笑う大天使」のサウンドトラックとして制作され、ミニマルなエレクトロニクスやクラシックに影響を受けたコーラスやオルガンなど新たなアプローチも披露。2018年は3rdアルバムのリリースが予定されており、本格的再始動の年になる。
Metalchicks official site

プレイガイドにて発売中!

オフィシャルハッシュタグ

#HelloWendy!

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます