工藤 x 斉藤

2009/12/15 火曜日

Kudo x Saito工藤 x 斉藤

Open: 19:00:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

齋藤徹との3/20(二十ぶんの三)

弦楽魔人と舞踏羅刹による、20年の永きにわたる空路歴程、3年目はどんな光景がたち現れるのか!? 20年間、毎年一度だけ行うライブプロジェクトの第3年目!!!お見逃しなく!!! 「どちらが演奏家でどちらが舞踏家なのか?」/ 出演: 工藤丈輝、齋藤徹

「どちらが演奏家でどちらが舞踏家なのか?」
──昨年のライブ終了後、
観客の一人がもらした言葉である。
齋藤は獅子の頭をもつ低弦で踊り、
工藤は闇をまさぐる筋骨を投げ出しては奏でる。
そこにジャンルはもう存在しないのかもしれない。
たがいの領域を超えて、
はるか古来の異境に思いをはせる、
雄大な20ヶ年企画の第3弾!
 
出演者情報:

工藤丈輝

1967年東京生まれ。慶応義塾大学仏文科卒。在学中から舞台活動を始めるが、1989年玉野黄市との出会いがその後の進路を決定づける。和栗由紀夫作品に出演の後、1992年「LaTragedia」よりソロ活動開始。1995〜1998年山海塾に参加。元藤 子主宰のアスベスト館では舞踏手のみならず作舞も手がける。1997年に高田恵篤らと自らの集団「東京戯園館」を創立、主宰。近年はソロを主軸に世界各地で持続的に公演活動を行っている。2005年「開眼草」により舞踏批評家協会新人賞。

齋藤徹

1955年、東京生まれ。コントラバス奏者・作曲家。舞踏・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・タンゴ・ジャズ・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズムなど様々なジャンルと積極的に交流。ヨーロッパとアジア、日本をつなぐ「ユーラシア・エコーズ」を日本、韓国、シンガポールで開催。神奈川フィルのために、ストーンアウト・オーケストラ版(コントラバスと3種の箏とオーケストラの為)タンゴエクリプス(コントラバスとバンドネオンとオーケストラの為)を作曲・演奏(2000、2001年)。アジア、欧米など各地で演奏活動。

235620091215.jpg

with Tetsu Saito 3/20


Saito Tetsu x Taketeru Kudo Project



235620091215.jpg

Artist information:

Taketeru Kudo


Butoh Dancer

Saito Tetsu


Double bass player, composer


More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!