横田寛之ETHNIC MINORITY

2012/03/19 月曜日

Hiroyuki Yokota ETHNIC MINORITY横田寛之ETHNIC MINORITY

Open: 19:00:00 | Start: 19:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

毎晩のように行うストリートライヴが注目を集めイーストワークスからアルバム「Startin’」をリリースするジャズ、ファンクやロック、4つ打ち系ダンスミュージックリスナーまでも唸らせる脅威の新世代トリオ 横田寛之ETHNIC MINORITYが満を持してのリリースパーティを開催!

Member:
横田寛之 (saxophone,sound effect)
サトウヒロ(bass)
島野和樹 (cajon,drums.)

Dj:
1010 (千住宗臣 a.k.a. DCPRG, COMBOPIANO etc.)
VJ:
masha

2009年10月、リーダー横田寛之の呼びかけで始まった横田寛之ETHNIC MINORITY。メンバーは横田寛之(saxophone,sound effect)、サトウヒロ(bass)、島野和樹(cajon,drums)のスリーピース。”ETHNIC MINORITY”は英語で「少数民族」の意味。世界中を旅しながら生活し、ロマンティックで美しい芸術を生む移動民族と、ストリートライヴ、ジャズ、ロックのイメージを重ね合わせて名付けられた。
長時間の路上ライヴに耐えられるよう、当初はサックス、アコースティックベース、カホンという小音量でミニマルな編成・音楽を志向していたが、島野和樹がカホンを改造、バスドラムに代えてオリジナルドラムを開発して以来、ロック、ファンク、グランジなどを取り入れたアバンギャルドなジャズを演奏するようになった。 サトウヒロと横田寛之は早稲田大学ハイソサエティオーケストラの同期。2004年の卒業後、しばらく一緒に演奏する機会はなかったが、サトウヒロのポップスバンド「Summer Soft」のサポートとして横田寛之、島野和樹が出会い、ETHNIC MINORITYの構想が生まれる。
毎晩のように行うストリートライヴが数多くのクリエイタ、イベントオーガナイザの注目を集め、さまざまなクラブイベントにて演奏を始める。また月に一回、インターネットTV”STOPMOTION.JP”にて横田寛之によるテレビ番組「ゴーシュダビンチTV」に出演している。

横田寛之ETHNIC MINORITY
Startin’

![/sdlx/cdstartin.jpg](/sdlx/cdstartin.jpg)
EWCD-0186
East Works Entertainment
2,000 (TaxIn)
発売:2012.1.25

ジャズはもちろん、ファンクやロック、4つ打ち系ダンスミュージックリスナーまでも唸らせる脅威の新人トリオ
歌心溢れながらも咆哮するスピリチュアルなサックス、ファンクビートから4ビートまで強靭且つ正確なグルーヴを生み出すベース、超絶テクニックをもって繊細に乱れ打ちツーバスでたたみ掛けるドラムのトリオによる、ハイテンション・インストゥルメンタル・ミュージックがewe recordsから登場!!!!
ジャズをベースにファンク、ロック、4つ打ち系ダンスミュージックなど幅広い音楽性を取り入れたインストゥルメンタル・ミュージック。サックスはLINE6やBOSS社のエフェクター”LOOP STATION”を用いたミニマルなループや様々なエフェクターを用いて独特の音響効果を生み出し、ベースも楽曲によってさまざまなギターエフェクターを使用し様々なニュアンスを見事に表現し、ドラムはキックに[カホン+ツインペダル]を採用し4つ打ち?ラテン?ファンクビートまで躍動感のあるプレイを全編で聴かせている。
オリジナル楽曲はサックスのリフが印象的なBPM速めで疾走感のある”Minority D-“、4つ打ちと速い4ビートを繰り返しながら徐々に熱を帯びてゆくダンス系キラーチューン”Dr. Wild”、シンセサイザーmicro KORGを使用し80年代往年のフュージョンサウンドを現代風に見事にアレンジしたナンバー”Upper Summer Love”などが聴きどころ。また、強靭なファンクネスでグルーヴしているリズム隊に乗って、サックスがループを用いながら歌心溢れファンキーフレーズを連発しているオーネット・コールマンのマーキュリー時代の名曲”Times Square”のカバーは必聴!!!!! ほか、缶コーヒーのCFで有名なディープ・パープルの名曲”Black Night”など目の付け所が一味違うカバー曲収録。

Member: Hiroyuki Yokota (saxophone,sound effect) Hiro Sato(bass) Kazuki Shimano (cajon,drums.) Dj: 1010 (Muneomi Senju a.k.a. DCPRG, COMBOPIANO etc.) VJ: masha Hiroyuki Yokota ETHNIC MINORITY Startin' ![/sdlx/cdstartin.jpg](/sdlx/cdstartin.jpg) EWCD-0186 East Works Entertainment 2,000 (TaxIn) Release:2012.1.25

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!