Day Three

2014/06/11 水曜日

Day ThreeDay Three

Open: 19:00:00 | Start: 20:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

出演:
テニスコーツ
飴屋法水
梅田哲也
高橋幾郎
沢田穣治
池間由布子
立花ハジメ

1週間通し券の受付は締め切らせていただきました。

出演者詳細:

テニスコーツ Tenniscoats
![/sdlx/TENNIS.jpg](/sdlx/TENNIS.jpg)
1993年前後、植野隆司のプカプカブライアンズにさやが加入、1995年majikickレーベル始動。1996年 テニスコーツとして初ライヴ。平行し、Cacoyの活動、また1999年マヘル・シャラル・ハシュ・バズのスコットランドでの初ライヴに参加。パステルズを始めとしたグラスゴーシーンに出会う。2003年初U.S Tour with Deerhoof。ウィアードメドルレコードの主宰で札幌で初ライヴを行い、高橋幾郎がドラマーで初参加。この頃、生意気と生西康典が行っていたマンスリーイベントに参加。Kujun、Arata、しのっぺんとのバンド形式を経て、相馬大らが参加する、2004年3rdフルCD『ぼくたちみんなだね』リリース。工藤冬里、久下惠生などが参加するセッションを含んだライヴを多くのミュージシャンと行った模様が、2005年豪Chapter Musicリリースの 『ライヴ・ワンダラス』に収録。このリリースツアーで、ローレンス・イングリッシュと『とても会いましょう』の録音を行う。2005年、ビル・ウェルズらとUK/Scotland Tour、パステルズとのレコーディング開始。デンマークのRoskilde Festivalに出演した2006年、スウェーデンのTapeと出会い、共作した『タンタン・テラピー』が2007年にリリース。同年大阪で「Festival Beyond Innocence」の最終回が行われ、そこに梅田哲也の計らいで初参加、親交を深めのちに高橋幾郎も加わり『moere』をリリース。2008年 oneone Tour。2009年、Teenage Fanclubのノーマン・ブレイク、ジェラルド・ラブらも参加したパステルズとの共作アルバムをリリース。2010年、生西康典『おかえりなさい、うた』に参加、制作。この時、飴屋法水と初めて会い、朗読をした。『Take Away Show』出演。2011年、飴屋法水演出の『おもいのまま』で音楽を担当。西川文章の録音による『ときのうた』自主 リリース。ジャド・フェアーとツアー、大城真の録音で 『Enjoy Your Life』リリース。PROJECT FUKUSHIMA!に参加。大友良英と共演を重ねる。2012年、合唱隊うんどらを主宰、池間由布子が参加。2013年、下山(GEZAN)と合体ツアー、そのライヴ録音を翌年リリース。yumbo、並木大典(NSD)など約50タイトルを出しているレーベルの選集『majikick7CD BOX』をリリース。柴田聡子のライヴに植野隆司参加。2014年、遠藤水城のプロジェクトで大分県国東市に行き、テニスコーツの自分ムービーを撮影、現在発表中。そこに、美術家の雨宮庸介、写真家の西光祐輔がいた。

飴屋法水
![/sdlx/AMEYA-L.jpg](/sdlx/AMEYA-L.jpg)
演出家・美術家
1961年生。78年、唐十郎主催の「状況劇場」に参加。84年に「東京グランギニョル」を結成。90年代は演劇から美術活動に移行しながらも、人間の身体に一貫してこだわり続け、輸血、人工授精、感染症、品質改良、化学食品、性差別などをテーマに制作。95年、ヴェネツィア・ビエンナーレ参加後に美術活動を停止しするが、2005年に「バ  ング  ント」展で美術活動を再開、08には平田オリザ作『転校生』で演劇も再始動。その後、フェスティバル/トーキョーや、水と土の芸術祭など国際的なフェスティバルで活動を展開する。

梅田哲也
![/sdlx/UMEDA.jpg](/sdlx/UMEDA.jpg)
2000年より大阪のクラブやライブハウスで活動を開始。2002年、内橋和久主催の「Festival Beyond Innocence」に出演して以降、フランスの「Festival DENSITE’S」、オーストリアの「Unlimited」をはじめとした音楽フェスティバルに出演。2007年イスラエルの「Blurrr」に出演してからは、パフォーミングアートのフェスティバルやプロジェクトでも作品を発表し、ソロのパフォーマンスだけでなく、学生や非パフォーマンス人員を巻き込んだ、現地の住人とのコラボレーションによる作品を多く手掛けている。2005年のグループ展「Sound Art Lab.」以降、国内外の美術館およびオルタナティブな空間におけるインスタレーションを発表するなか、2008年の個展「門」や2011年からのBreaker Projectとの共同作業などで、建築構造から観客の行動まで、とりまく状況全般を素材とした体験型のプロジェクトを展開。テニスコーツとの共演は2007年大阪の「OPENPOOL」に始まり、現在もまだ進行中。2009年と2011年に同行したヨーロッパツアーでは、共に地獄を味わった。
[Tetsuya Umeda Homepage](http://www.siranami.com)

高橋幾郎
![/sdlx/IKURO-TAKAHASHI.jpg](/sdlx/IKURO-TAKAHASHI.jpg)
高橋幾郎 ドラム、その他、音楽関係者。

沢田穣治
![/sdlx/SAWADA.jpg](/sdlx/SAWADA.jpg)
作 / 編曲家 コントラバス奏者
C h o r o C l u b の ベ ー シ ス ト で あ り な が ら 、様 々 な 楽 器 を 愉 し み、作編曲などや様々なアーティストのプロデュースをはじめそ の活動は幅広く、近年の作品にはアントニオ・カルロス・ジョビンの作 品集「Canta Jobim」、2011年の震災を受け止めて音楽として昇華した「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA」、「武満徹ソングブック」等、最近ではピアニ スト中川瑞葉による日本初録音となるジョージ・クラム作曲『マクロコスモス II』をプロデュース。特に海外ではアルゼンチンやブラジルの音楽家から の信頼もあつく、サイモンフィッシャーターナー、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート、ジョアン・リラ、フ ェルナンド・カブサッキ、アントニオロウレイロ、ヴィニシウスカントゥアリ アなど、レコーディングやセッションを重ねている。作曲家 としては横浜市文化振興財団作曲家シリーズで選出されたほか、フォンテックから室内楽作品集『silent movie』 もリリース。現在の活動ユニットには即興的3ピースユニット「MELT」をはじめ日本独特の文化を取り入れ発信するユニットでの活動もあり緊縛師である有 末剛氏との「東京縛音舞」や、民謡、昭和歌謡などを発掘し取り上げている「カデルノジャポニカ」などがある。

池間由布子
![/sdlx/IKEMA.jpg](/sdlx/IKEMA.jpg)
池間由布子 / Ikema Yuko 2010年よりギターの弾き語りを開始。ユニット活動を経て、2011年より現在のソロ活動を始める。テニスコーツにコーラス、またうんどら合唱隊に参加している。2013年、majikickレーベルのコンピレーションに「アナグマ」が収録され、ファースト作品「エクスキューズ・ミイ」が同レーベルから2013年8月にリリースされた。

立花ハジメ

Live: Tenniscoats Ameya Norimizu Umeda Tetsuya Takahashi Ikuro Sawada Jyoji Ikema Yuko Tachibana Hajime Thank You Sold Out! 1 week Pass Artist Information: Tenniscoats ![/sdlx/TENNIS.jpg](/sdlx/TENNIS.jpg) 1993, Saya joined in Ueno's Band, PukaPuka Brians. 1995, majikick label started by Saya and Ueno. They played with Dj clock as Cacoy, and started to join in Mahel Shalal Hash Baz as members when the band play the first show at Glasgow, 1999. When that time, they met Glasgow music scene. 2003, first U.S Tour with Deerhoof. With weird-meddle record's organizing, they played firstly in Sapporo with guesting the drummer, Takahashi Ikuro. On that time, they joined in the monthly event which Namaiki and Ikunishi Yasunori organized. Tenniscoats were band with friends, Kujun, Arata and Shinoppen so on. 2003, released 'We are every one' (majikick) with Soma Dai and friends. They played many shows with guesting many musicians like Tori Kudo, Yoshio Kuge. 2005, released 'Live Wanderus' (Chapter Music) which is the compilation of that live sessions. On that releasing tour, they met Lawrence English and recorded 'Totemo Aimasho' in Brisbane. 2005, UK/Scotland Tour with Nikaido Kazumi, Mahel Shall Hash Baz.. And They started the recording with the Pastels. And They met the Tape at Stockholm's airport , and had a tour with them in next year. 2006. Roskilde festival. 2007, 'TanTan Therapy' (Hapna) with Tape was released. In this year, They joined the last 'Festival Beyond Innocence' (organized by Uchihashi Kazuhisa) in Osaka with helping of Umeda Tetsuya. They and Umeda Tetsuya and Takahashi Ikuro recorded together and released 'moere' after. 2008, onion Tour with Satomi , Greg from Deerhoof. 2009, released 'Two Sunsets' (domino) with the Pastels. Norman Blake, Gerald Love, Bill Wells also joined in the album. 2010, joined in the exhibition Ikunishi Yasunori 'Okaerinasai Uta'. Saya met Ameya Norimizu and reading together on this time. 2010, in the shooting of 'Take Away Show' they played Baibaba Bimba. 2011, Sound of Ameya Norimizu theater work 'Omoi no mama'. 2011, released 'Tokinouta' (majikick) recorded by Nishikawa Bunho. Tour with Jad Fair in Japan, and recorded 'Enjoy Your Life' recorded by Oshiro Makoto. They joined in Project Fukushima! and played Yoshihide Otomo. 2012, Saya organized the choir group 'Undora' which Yuko Ikema is the member. 2013, Tour with GEZAN, and released that live recording. 2013, released 'majikick 7CD Box' which released about 50 titles - yumbo, eddiemarcon, NSD, damson… Ueno joined Shibata Satoko's show. 2014, Ueno released 100 new songs cassette Box. 2014, Tenniscoats started the shooting project at Kunisaki haunt, Oita-ken, and now continuing. Endo mizuki is organizing the project. The artist Amemiya Yosuke and the photo grapher Nishimitsu Yusuke joined in the art project. [Tenniscoats Homepage](http://www.tenniscoats.com/) Ameya Norimizu ![/sdlx/AMEYA-L.jpg](/sdlx/AMEYA-L.jpg) Umeda Tetsuya ![/sdlx/UMEDA.jpg](/sdlx/UMEDA.jpg) works in various fields such as performing art, improvisational music and exhibition. He has actively collaborated with a number of visual artists and musicians. He focuses on time-process with simple physical phenomena of light and sound and expands them into live installation as site-specific. As recent activities, his solo exhibitions include 大きなことを小さくみせる[show big things as if they were small] (Kobe Art Village Center, 2011), and 小さなものが大きくみえる[small things that seems big] (Shin-Fukujyusou, Osaka, 2011). He has taken part in international exhibitions such as Double Vision:Contemporary Art from Japan (Moscow Museum of Modern Art / Haifa Museum of Art, 2011), x_sound : John Cage, Nam June Paik and after(Nam June Paik Art Center, 2012), and Aichi Triennale 2010 - Arts and Cities (Futaba building, 2010). He is based in Osaka. [Tetsuya Umeda Homepage](http://www.siranami.com) Takahashi Ikuro ![/sdlx/IKURO-TAKAHASHI.jpg](/sdlx/IKURO-TAKAHASHI.jpg) Sawada Jyoji ![/sdlx/SAWADA.jpg](/sdlx/SAWADA.jpg) Composer, arranger, double bassist Double bassist of Choro Club, who also enjoys playing many other instruments. Producer of artists of various genres, as well as composer of film music and many commissioned works. A wide-ranging musician, his recent works includes Canta Jobim, a collection of works by Antonio Carlos Jobim; NO NUKES JAZZ ORCHESTRA, which sublimates his response to the 2011 Tohoku Earthquake; and Toru Takemitsu Songbook, borne out of his great admiration for Takemitsu. He has especially gained the trust of many Argentinian and Brazilian musicians, having worked in recordings and sessions with Simon Fisher Turner, Renato Motha & Patricia Lobato, Joao Lyra, Fernando Kabusacki, Antonio Loureiro and Vinicius Cantuária amongst others. As a composer, he has written an ensemble work for suikinkutsu (Japanese garden decoration: a buried earthen jar producing sound when water is dripped into it) and Ondes Martenot (played by Takashi Harada), premiered at Suntory Hall and selected for the 2002 Yokohama Arts Foundation Composer Series. A collection of his chamber music, Silent Movie, has been released by Fontec. In 2013, he produced the first Japanese recording (peformed by Mizuha Nakagawa) of Makrokosmos II by George Crumb, a work exploiting extended techniques on the piano. In addition, he has incorporated traditional Japanese culture on many occasions, for example in the events ‘Tokyo Bakuonbu’ (with Nawashi and Go Arisue) and ‘Caderno Japonica’ (discovery and performance of folk music and Showa period songs, with composer Sunao Isaji). Ikema Yuko ![/sdlx/IKEMA.jpg](/sdlx/IKEMA.jpg) Tachibana Hajime

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!