Plastic Palace People

2014/10/27 月曜日

Plastic Palace PeoplePlastic Palace People

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

公演内容変更のお知らせ

この度、来日予定だったクリストフ・ヒーマンは病気により来日が難しくなり、10月27日の公演内容を変更させて頂きます事をご報告させていただきます。Plastic Palace Peopleに変わり登場するのはPhew!国内のアヴァンギャルドシーンでも絶大な評価と見るものを釘付けにするパフォーマンスでさらなる活躍をみせる彼女のソロパフォーマンスは今回も期待大!共演は変わる事無くイ・オッキョン + ジム・オルーク デュオ、コンラッド・スプレンガーのパフォーマンスが登場!内容変更を経てもなお実に胸躍らせる組み合わせとなった本公演にどうぞご期待下さい。

出演:
Phew
イ・オッキョン + ジム・オルーク デュオ
コンラッド・スプレンガー

出演者詳細:

Phew
![/sdlx/141002-Phew.jpg](/sdlx/141002-Phew.jpg)
伝説的なパンクバンド Aunt Sally で活動をスタート。 80 年に坂本龍一とのコラボシングル『終曲』、81 年にはコニー・プランク、CAN のメンバーらと『Phew』を制作。しばしのブランクを経て元 DAF やノイバウテンのメンバ ーらとレコーディング。アントン・フィアと 2 枚のアルバムを発表。最近では、山本精一とのユニットやパンクバンドのMOSTなどその活動は多岐にわたる。11年に新プロジェクト、Project UNDARKを結成。12年5月に『Radium Girls 2011』をリリース、音楽はクラスターのメビウスが担当。13年エレクトロニクスと映像を使ったソロ・プロジェクトをスタート。現在ソロアルバムを録音中。

イ・オッキョン
![/sdlx/Okkyung-Lee.jpg](/sdlx/Okkyung-Lee.jpg)
イ・オッキョン (ニューヨーク) は、韓国で音楽を学んだ後、2000年よりニューヨークを拠点に移して活動。チェロ用いて演奏、即興、作曲を行い独自のチェロの奏法や音世界を追求。ジャズや韓国の伝統的な音楽を皮切りに果てはノイズ・ミュージックに至るまで様々なジャンルのエッセンスを独自の感性で貪欲に吸収しそこから新しい音楽を生み出し続ける。ローリー・アンダーソンやデレク・ベイリー、ジョン・ゾーンなど数々のアーティストと共演、共作を重ね、ソロアーティストとしても世界各地でコンサート行っている。

ジム・オルーク
![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg)
1969年シカゴ生まれ。Derek Baileyの音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにBaileyを訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Faheyの作品をプロデュースする一方でGastr Del SolやLoose Furなど地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilcoの『A Ghost Is Born』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子など多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor』(2009)は『Bad Timing』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。写真: 松尾宇人

コンラッド・スプレンガー
![/sdlx/141027-KonradSprenger.jpg](/sdlx/141027-KonradSprenger.jpg)
1977年、ドイツ・ラークに生まれたヨーク・ヒラー(Joerg Hiller)によるプロジェクト、コンラッド・スプレンガー(Konrad Sprenger)は作曲家、音楽プロデューサー、アーティストとしてベルリンを拠点に現在も活動している。2000年以降、彼はミニマルミュージックの作曲家Arnold Dreyblattや作曲家でインストゥルメントビルダーでもあるEllen Fullman、EthnostressやEi、collaboratesといったバンド、アート集団であるHoney-Suckle Companyとともにライブや制作をコンスタントに重ねている。また、自身の作品はもちろん、Arnold DreyblattやEllen Fullman、Robert Ashley、Terry Foxといったアーティストの作品をこれまでにプロデュース、リリースしている音楽レーベルChoose recordsも主宰している。最近ではコンピューターで制御されたマルチチャンネルのエレクトリックギターにフォーカスしたライブパフォーマンスを行っており、彼の音楽やインスタレーション作品は、「ハンブルグ駅現代美術館」、「ベルグハイン」、「ギャラリー・ギッティ・ノウルバクシュ」、「Podewil」、「Schaubühne」、「Pavillon der Volksbühne」などベルリン内の数多くのギャラリーやクラブ、ドイツ国内ではカールスルーエの「Badischer Kunstverein」やバーデンバーデンの「Kunsthalle」、フランクフルトの「Frankfurter Kunstverein」やシュトゥットガルトの「Künstlerhaus Stuttgart」などで発表されてきた。また、スイス「バーゼル美術館」やニューヨークにある「MoMA PS1」、ロンドンの「Cubitt Gallery」、本場であるバルセロナ「Sonar」でのパフォーマンスを行うなど、国内外を問わず精力的に活動している。コンピュータでコントロールされるマルチチャンネルエレキギターについて:コンラッド・スプレンガーは、不協和音による認識の不安のようなものを喚起させるために、ユークリッドアルゴリズムに基づいてリズムパターンを探っていく。ギターの弦をまるで周波数発生器のように使用するアプローチを追及することで、ほかの様々な制御式機材と同調しコントロールされており、そのフルスペクトルなサウンドは、テクノやクラウトロック、ミニマリズムの催眠的な繰り返されるリズムともリンクして、オーディエンスを共有の高みへと推進していく。このカスタムされた楽器は、彼のアイデアによって考え出され、Sukandar KartadinataとDaniel van den Eijkelの二人により制作された。
[Konrad Sprenger Official Website](http://www.konradsprenger.com)

Plastic Palace People (ジム・オルーク&クリストフ・ヒーマン)
![/sdlx/130828-pppcvr.jpg](/sdlx/130828-pppcvr.jpg)

90年代よりさらに以前から幾度とないコラボレーションを繰り返しているJim O’Rourke & Christoph Heemannの強力コンビ。1991年に発表された “Plastic Palace People Vol. 1” は冷たいトーンを保ちつつ徐々に沈んでいく硬質持続音、そこへ恐らくChristoph Heemannによるモノと思われる毒気の強い音響が投入される冷やかな作品内容に出会う事が出来る。

協力:
![/sdlx/141026-CCA_newlogo2014.jpg](/sdlx/141026-CCA_newlogo2014.jpg)

関連イベント
2014年10月23日(木)
イ・オッキョン
ジム・オルーク
オーレン・アンバーチ

開場 18:45 / 開演 19:00
場所:北九州芸術劇 場小劇場(リバーウォーク北九州6階)
要予約
[CCA北九州](http://www.cca-kitakyushu.org/jp/)

Live: Phew Okkyung Lee + Jim O'Rourke Duo Konrad Sprenger Christoph Heemann was forced to cancel his Japan tour due to hospitalization. Thus we present a special modified program. Please come and enjoy. We all wish Christoph a speedy recovery. Artist information: Phew ![/sdlx/141002-Phew.jpg](/sdlx/141002-Phew.jpg) Okkyung Lee ![/sdlx/Okkyung-Lee.jpg](/sdlx/Okkyung-Lee.jpg) Cellist Okkyung Lee is one of the most dynamic forces in improvised music today, a fearless and powerful performer whose playing incorporates a love of noise, extended technique and elements from the outer fringes of contemporary composition. A native of Korea, Okkyung Lee has been devel­op­ing her own voice in a con­tem­po­rary cello per­for­mance and impro­vi­sa­tion. Using her clas­si­cal train­ing as a spring­board, she incor­po­rates jazz, sounds, Korean tra­di­tional music, and noise with extended techniques. Since mov­ing to New York in 2000, she has per­formed and recorded with numer­ous artists such as Derek Bai­ley, Jaap Blonk, Nels Cline, Anthony Cole­man, Mark Dresser, Shel­ley Hirsch, Susie Ibarra, Vijay Iyer, Eyvind Kang, Alonzo King, Chris­t­ian Mar­clay, Raz Mesinai, Min Xiao-Fen, Thurston Moore, Ikue Mori, Lawrence D. “Butch” Mor­ris, Jim O’Rourke, Zeena Parkins, Marc Ribot, Marina Rosen­feld, Elliott Sharp and John Zorn to name a few. Okkyung holds dual bachelor’s degrees in film scoring/contemporary writ­ing & pro­duc­tion from Berklee Col­lege of Music, and master’s degree in con­tem­po­rary impro­vi­sa­tion from New Eng­land Con­ser­va­tory of Music. Jim O'Rourke ![/sdlx/130828-Jim.jpg](/sdlx/130828-Jim.jpg) Born 1969 in Chicago. O’Rourke encountered the music of Derek Bailey as youngster and began visiting him in London at the age of 13. Eyes opened to the power of improvisational guitar, he released several of his own highly experimental works and has worked closely with John Fahey and Loren Mazzacane Connors. During his long association with the Chicago experimental and improv scene O’Rourke participated in several bands and projects including Gastr Del Sol and Loose Fur. His work with Takehisa Kosugi music director of the Merce Cunningham Dance Company as well as Tony Conrad, Arnold Dreyblatt, Christian Wolff and others built bridges between contemporary and popular music. O’Rourke’s release of landmark albums Bad Timing and Happy Days in 1997 and Eureka in 1999 garnered much attention. From 1999 to 2005 he was a member of Sonic Youth, playing bass, guitar and synthesizer as well as recording and mixing the band. In 2004 he won a Grammy Award for his production of Wilco’s A Ghost is Born. O’Rourke has also earned a loyal following for his participation in numerous albums by various artists around the world. He has a deep knowledge of Japanese culture and currently lives in Tokyo. Some of his many production credits in Japan include Quruli, Kahimi Karie, and Eiko Ishibashi. He also continues to be a consummate collaborator, working with Akira Sakata, Merzbow, Yoshihide Otomo, Seiichi Yamamoto, Boredoms and others. His recordings of Toru Takemitsu’s Corona for pianists Tokyo Realization was awarded the Agency for Cultural Affairs Arts Festival Award for Excellence in 2006. He has also scored films by Werner Herzog, Olivier Assayas, Shinji Aoyama, Koji Wakamatsu and others. His own short films have been part of the 2004 and 2006 Whitney Biennial and the 2005 Rotterdam Film Festival. O'Rourke is a diverse and powerful artist. Always searching, his borderless activity goes beyond the common labels Alternative, Post-rock, Experimental-pop, Film music, Free music, Jazz, Americana, Contemporary music and continues to defly classification. Photograph by Ujin Matsuo Konrad Sprenger ![/sdlx/141027-KonradSprenger.jpg](/sdlx/141027-KonradSprenger.jpg) Konrad Sprenger is the pseudonym of Joerg Hiller, a composer, music producer and artist based in Berlin. He was born in 1977 in Lahr, Germany. Hiller runs the Choose record label, for which he has produced recordings by artists Ellen Fullman, Arnold Dreyblatt,Robert Ashley and Terry Fox among others. Since 2000 Hiller regularly performs and works together with minimal music composer Arnold Dreyblatt and composer/ instrument builder Ellen Fullman, the bands Ethnostress and Ei and collaborates with the art collective Honey-Suckle Company. His recent focus has been on live performance with a computer-controlled multi-channel electric guitar. [About the computer-controlled multi-channel electric guitar] Konrad Sprenger explores rhythmic patterns based on the Euclidean algorithm, to evoke a kind of cognitive insecurity through metrical dissonance. Sprenger approaches the strings of the guitar as frequency generators, tuned and set into motion by various electronically controlled mechanical actions. The music relates to the insistent rhythms of Minimalism, Krautrock and Techno, and their shared focus on transcendence through propulsive, full-spectrum sound. The custom-built instrument was conceived by Konrad Sprenger, and realized by Sukandar Kartadinata and Daniel van den Eijkel. [Konrad Sprenger Official Website](http://www.konradsprenger.com) Plastic Palace People (Jim O'Rourke & Christoph Heemann) ![/sdlx/130828-pppcvr.jpg](/sdlx/130828-pppcvr.jpg) Comments on the CD "Plastic Palace People Vol. 1" .... “An album of previously-unreleased recordings that go back as far as 1991 when Jim O’Rourke had just graduated from music school and traveled to Aachen, Germany to meet Christoph Heemann - who had just set up his studio there. Both The Elvis Messiahs - Jim’s first band from school days - and Christoph’s H.N.A.S. were in their final stages, and both collaborators felt the desire to explore different directions, drawing inspiration from their wide ranging musical interests and varying backgrounds. Volume One presents an intense three-part journey, a mix of granular synthesis and concrete sounds, reshaped, reassembled: “But there was something high in the sky, swinging slowly down toward the mound. Something globular that wore what looked like a shining crown and shook like a mound of jelly. Nearer it came and nearer, swinging lower with each vibration of its circular bulk. It blazed suddenly into sharp visibility. It wasn’t a king, and it wore no crown. It was a floating spheroid, veined and translucent, filled with an intricate assortment of moving parts that gave off a continuous whirring sound...” Christoph Heemann ![/sdlx/141026-CHRIS.jpg](/sdlx/141026-CHRIS.jpg) Born in 1964 in Aachen, Germany, Heemann began his musical work in 1983 as a founding member of the group HIRSCHE NICHT AUFS SOFA (H.N.A.S.), who released several albums of their surreal collagemusic between 1985 and 1993, drawing inspiration from such diverse elements as musique concrete, avantgarde, krautrock and improvised music. After the group disbanded Heemann continued working solo and with the group MIMIR (with Edward Ka-spel and Jim O'Rourke), the drone projects MIRROR (with Andrew Chalk), and IN CAMERA (with Timo van Luyck). Heemann's solo compositions have often been described as "ear-movies", in which he fuses field recordings, acoustic instruments, electronics, and electroacoustic sounds into audio narratives. Aside from this Heemann has done a series of musical collaborations (with Jim O'Rourke, Lee Ranaldo, Charlemagne Palestine, William Basinski) and works as a producer (Keiji Haino, Charlemagne Palestine, Limpe Fuchs, Current 93). He has run the Streamline label since 1994 Special Thanks: ![/sdlx/141026-CCA_newlogo2014.jpg](/sdlx/141026-CCA_newlogo2014.jpg) Related events Thursday October 23, 2014 Okkyung Lee Jim O'Rourke Oren Ambarchi Open 6:45pm / Start 7pm Place: Playhouse, Kitakyushu Performing Arts Center (River Walk 6F) Prior booking is essential [CCA KITAKYUSHU](http://www.cca-kitakyushu.org/english/index.html)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/05/19 日曜日

    Edible Kayabaen x SupernaturalDeluxe presentEdible Tokyo Rally AFTER PARTY《in 東京 Tokyo》

    Open: 16:30 | Start: 16:30 - 20:00

    東京の14箇所で開催される「Edible Tokyo Rally」 2日間の最後を飾る、循環型コミュニティーガーデン「Edible Kayabaen」でのRooftop After Party !!
    Tokyo's first ever city-wide celebration of Urban Edible Gardens, spanning across +14 locations, culminates in a Rooftop After Party at Edible Kayabaen.

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)

    Start: 終日/All Day

    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)、ゲストあり
    詳細近日発表!
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto), with special guest
    More info coming soon!

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)

    Start: 終日/All Day

    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)、ゲストあり
    詳細近日発表!
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto), with special guest
    More info coming soon!

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!