梅ジャム、唐辛子ミックス

2015/06/13 土曜日

Plum Jam: Red Pepper Mix梅ジャム、唐辛子ミックス

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

Live:
小山田圭吾 (Cornelius)
大野由美子 (Buffalo Daughter)
羽鳥美保 (Cibo Matto)
本田ゆか (Cibo Matto)
松下敦 (Zazen Boys, Buffalo Daughter)
八木美知依 (エレクトリック21弦箏、17弦ベース箏、歌)
徳井直生
澤井妙治
浦川通

+モア!?!?

出演者詳細:

小山田圭吾
![/sdlx/150521-oyamada.jpg](/sdlx/150521-oyamada.jpg)
1969年東京都生まれ。’89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後 ’93年、Cornelius(コーネリアス)として活動開始。現在まで5枚のオリジナルアルバムをリリース。 自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど 幅広く活動中。
[cornelius-sound.com](http://www.cornelius-sound.com/)

大野由美子
![/sdlx/150521-oono.jpg](/sdlx/150521-oono.jpg)
[Buffalo Daughter](http://www.buffalodaughter.com)

羽鳥美保
![/sdlx/150613-mihohatori_.jpg](/sdlx/150613-mihohatori_.jpg)
音楽ユニット、チボ・マット(Cibo Matto)のメンバーで、主にボーカルを担当していた。そのほか、ビースティ・ボーイズのアルバム『ハロー・ナスティ』や、ショーン・レノンのアルバム『イントゥ・ザ・サン』のレコーディング、ゴリラズの1stアルバムでは、同バンドのメンバーであるヌードル役でのボーカル参加など、多くのミュージシャンやバンドとの交流でも知られている。2003年には、スモーキー・ホーメル(ベックやトム・ウェイツのサポート・ギタリストとして知られる)と音楽ユニット「スモーキー&ミホ」を結成し、アルバム『人間の土地』を発表し、ブラジル音楽をとりあげて活動。2005年には、ソロ・アルバム『Ecdysis』を日本とアメリカで発表した。日本国内では日暮愛葉、城南海のプロデュース、UAへの楽曲提供を務める。また、2007年の映画『神童』や、ファッションブランド「ディーゼル」のショートフィルム(アレクシ・タン監督)の音楽を担当した。
[Cibo Matto](http://www.yeahbasicallycibomatto.com)

本田ゆか
![/sdlx/yuka_op1.jpg](/sdlx/yuka_op1.jpg)
ニューヨークで出会った羽鳥美保と結成したユニット「チボマット」のキーボード&サンプラーとして知られる本田ゆか。その卓越したテクニックと素晴らしい音楽センスは、Yoshimi P-We(ボアダムス、OOIOO)との「yoshimi and yuka」や、篠原ともえらとの「PANIKARAQS」など、数々のユニット活動においても発揮され、2009年からはオノ・ヨーコのバンド、Plastic ONO Bandにショーン・レノン、清水ひろたか、小山田圭吾らと共に参加している。
[Cibo Matto](http://www.yeahbasicallycibomatto.com)

松下敦
![/sdlx/150613-matsushita.jpg](/sdlx/150613-matsushita.jpg)
[Zazen Boys](http://www.mukaishutoku.com/zazenboys.html)

八木美知依
![/sdlx/150613-DeathKoto-L.jpg](/sdlx/150613-DeathKoto-L.jpg)
邦楽はもちろん、前衛ジャズや現代音楽からロックやポップまで幅広く活動するハイパー箏(こと)奏者。故・沢井忠夫、沢井一恵に師事。NHK邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージやジョン・ゾーンらに影響を受ける。ゾーンのプロデュースによるソロ・アルバム『Shizuku』(99年)を皮切りに、自己の箏アンサンブルとの『ゆらる』(01年)、17絃ソロ作『Seventeen』(05年)、インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(b)とポール・ニルセン・ラヴ(ds)を迎えた『ライヴ!アット・スーパーデラックス』(06年)をリリース。06年にペーター・ブロッツマン(s)、ポール・ニルセン・ラヴとトリオを結成し、『Head On』(08年)と『ヴォルダ』(10年)をリリース。最新作はエリオット・シャープ(g)とのデュオ作『リフレクションズ』(10年)。08年、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと共に英国のワールドミュージック誌 “Songlines” の《世界の最も優れた演奏家50人》に選ばれる。Moers Jazz Festival(ドイツ)、Vision Festival(米国)、Kongsberg Jazz Festival(ノルウェー)、Újbuda Jazz Festival(ハンガリー)、Music Unlimited(オーストリア)、Instal(イギリス)等に出演。世界のトップ・インプロヴァイザーと共演するかたわら、プログレッシヴ・ロック・アーティストのスティーヴン・ウィルソン(Porcupine Tree)、アコーディオン奏者のcoba、更に浜崎あゆみ、アンジェラ・アキやTakuya(元Judy & Mary)といったJ-POPアーティストのレコーディングやステージにも参加。現在は本田珠也(ds)、田中徳崇(ds)、トッド・ニコルソン(b)、須川崇志(b)と結成した《八木美知依ダブル・トリオ》を活動の核とし、オリジナル曲を中心としたレパートリーを聴かせている。
[八木美知依BLOG-琴の次第-](http://michiyo-yagi.cocolog-nifty.com/)
[八木美知依 japanimprov.com](http://www.japanimprov.com/myagi/)

徳井直生
![/sdlx/tokui.jpg](/sdlx/tokui.jpg)
1976年石川県生まれ。東京大学工学系研究科博士課程修了。工学博士。在学中からプログラミングを駆使した音楽・インスタレーション作品を発表するなど活動は多岐にわたる。2009年にクリエイター集団Qosmoを設立。
[Qosmo](http://www.qosmo.jp)

澤井妙治
![/sdlx/150613-sawai.jpg](/sdlx/150613-sawai.jpg)
サウンド アーティスト/クリエーター 様々な環境下での音の与える効果にフォーカスし、新たな音響インタラクション・デザインの可能性を追求する。Sonar Festival、FUJI ROCK Festival、東京都現代美術館 森美術館などにおいてのライブパフォーマンスやインスタレーション作品、また広告/Web/プロダクトなどの活動域においてはD&AD (Black Pencil)、Cannes Lions、Adfest、One Showなどでサウンドを用いたコンテンツで受賞多数。(株) Qosmo取締役役員。
[Qosmo](http://www.qosmo.jp)

浦川通
![/sdlx/150613-urakawa.jpg](/sdlx/150613-urakawa.jpg)
[Qosmo](http://www.qosmo.jp)

Live: Keigo Oyamada (Cornelius) Yumiko Ohno (Buffalo Daughter) Miho Hatori (Cibo Matto) Yuka Honda (Cibo Matto) Atsushi Matsushita (Zazen Boys / Buffalo Daughter) Michiyo Yagi (electric koto, voice) Nao Tokui Taeji Sawai Toru Urakawa and more!?!? Artist Information: Keigo Oyamada ![/sdlx/150521-oyamada.jpg](/sdlx/150521-oyamada.jpg) [cornelius-sound.com](http://www.cornelius-sound.com/) Yumiko Ohno ![/sdlx/150521-oono.jpg](/sdlx/150521-oono.jpg) [Buffalo Daughter](http://www.buffalodaughter.com) Miho Hatori ![/sdlx/150613-mihohatori_.jpg](/sdlx/150613-mihohatori_.jpg) [Cibo Matto](http://www.yeahbasicallycibomatto.com) Yuka Honda ![/sdlx/yuka_op1.jpg](/sdlx/yuka_op1.jpg) [Cibo Matto](http://www.yeahbasicallycibomatto.com) Atsushi Matsushita ![/sdlx/150613-matsushita.jpg](/sdlx/150613-matsushita.jpg) [Zazen Boys](http://www.mukaishutoku.com/zazenboys.html) Michiyo Yagi ![/sdlx/150613-DeathKoto-L.jpg](/sdlx/150613-DeathKoto-L.jpg) Michiyo Yagi studied koto under the late Tadao Sawai and Kazue Sawai, and graduated from the NHK Professional Training School for Traditional Musicians. During her subsequent tenure as Visiting Professor of Music at Wesleyan University in Connecticut, U.S.A., she premiered numerous modern compositions for koto and came under the influence of maverick American composers such as John Cage, Christian Wolff, Conlon Nancarrow, and John Zorn. Yagi’s debut CD Shizuku was produced by Zorn and released on his Tzadik label in 1999. In 2001 she recorded Yural (BAJ/ewe) with her six-koto ensemble Paulownia Crush; this group toured Russia under the auspices of the Japan Foundation in the fall of 2004. In 2005 Yagi released Seventeen (Zipangu), entirely performed on the giant 17-string bass koto. Live! at SuperDeluxe (Idiolect), a trio performance with Norwegians Ingebrigt Håker Flaten (contrabass) and Paal Nilssen-Love (drums), followed a year later. In 2008 Rikskonsertene, the national concert institute of Norway, sponsored a ten-city tour by the trio of Michiyo Yagi, the German saxophonist Peter Brötzmann, and Paal Nilssen-Love, a group that has been touring internationally since 2006. Head On (Idiolect, 2008) and Volda (Idiolect, 2010) both featured this trio. Yagi’s most recent release is Reflexions (Idiolect/Bomba 2010), a duo album with guitarist Elliott Sharp. Forthcoming CD releases include an ambient album co-produced by Eivind Aarset, a trio work with Lasse Marhaug and Paal Nilssen-Love, and a classical/contemporary recording. An eclectic performer who continually challenges conventions, Michiyo Yagi has performed at the Moers, Kongsberg Jazz, Punkt, Újbuda Jazz, Musique Actuel Victoriaville, Archipel, Bang on a Can, Tokyo Summer, Vision, Instal, and Music Unlimited festivals. Her collaborators have included Mark Dresser, Jim O’Rourke, Akira Sakata, Sidsel Endresen, Han Bennink, Eivind Aarset, Alan Silva, Kazutoki Umezu, Omoto Yoshihide, Ned Rothenberg, Knut Buen, Bugge Wesseltoft, Satoko Fujii, Joëlle Leandre, Håkon Kornstad, Tatsuya Yoshida (Ruins), Masahiko Sato, Carl Stone, Billy Bang, Keiji Haino, Mats Gustafsson, and Sachiko M. Her koto has been featured in ex-Judy & Mary guitarist/singer Takuya's band, and she has recorded with neo-prog rocker Steven Wilson (Porcupine Tree), pop idol Ayumi Hamasaki, and singer-songwriter Angela Aki. Michiyo Yagi currently leads the Michiyo Yagi Double Trio and the Michiyo Yagi Trio, and also perfon her original compositions. [Michiyo Yagi BLOG](http://michiyo-yagi.cocolog-nifty.com/) [Michiyo Yagi japanimprov.com](http://www.japanimprov.com/myagi/) Nao Tokui ![/sdlx/tokui.jpg](/sdlx/tokui.jpg) [Qosmo](http://www.qosmo.jp) Taeji Sawai ![/sdlx/150613-sawai.jpg](/sdlx/150613-sawai.jpg) [Qosmo](http://www.qosmo.jp) Toru Urakawa ![/sdlx/150613-urakawa.jpg](/sdlx/150613-urakawa.jpg) [Qosmo](http://www.qosmo.jp)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2022/10/16 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.2八木美知依 Michiyo Yagi

    Open: 16:30 | Start: 18:00 - 19:00

    前売/Advance: ¥3500 | 学生/Student: ¥2500 | 当日/Door: ¥4000
    邦楽から前衛ジャズ、現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで幅広い分野でワールドワイドに活躍するハイパー箏奏者 八木美知依が南房総に初登場!
    チケット販売開始しました!
    Join us for this first-ever performance in southern Chiba by one of the premier virtuosos of the Japanese transverse harp known as the koto!
    Tickets On Sale Now!