Tape フェス DAY 2

2015/10/09 金曜日

Tape Festival DAY 2Tape フェス DAY 2

Open: 19:00:00 | Start: 19:30 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

2日間の通し券は[お問い合わせフォーム](https://www.super-deluxe.com/inquiry/)から
申し込んでください〜
*当日の入場は通し券のお客様優先となります

出演:
Time is a Mountain【初来日公演】
テニスコーツ
Tape

出演者詳細:

Time Is a Mountain

Time Is a Mountainを率いるトマス・ハロンステンは、Tapeをはじめとする数多くのレコーディングを通じて、独自の音楽スタイルを確立してきた。いまやスウェーデンでも類を見ないユニークな音楽家となった彼は、様々なデジタル機材を駆使してオーガニックな響きを紡ぎ出すことを得意としている。盟友アンドレアス・ヴェルリーン(Wildbirds & Peacedrums、Fire!、Tonbruket)とヨハン・バットリング(Tape、Fire!)とともに作り上げた珠玉のアルバムは、音楽史を未来から過去まで自在に横断する比類なき作品となっている。

テニスコーツ Tenniscoats
![/sdlx/tennis_photo2015.jpg](/sdlx/tennis_photo2015.jpg)
1993年前後、植野隆司のプカプカブライアンズにさやが加入、1995年majikickレーベル始動。1996年 テニスコーツとして初ライヴ。平行し、Cacoyの活動、また1999年マヘル・シャラル・ハシュ・バズのスコットランドでの初ライヴに参加。パステルズを始めとしたグラスゴーシーンに出会う。2003年初U.S Tour with Deerhoof。ウィアードメドルレコードの主宰で札幌で初ライヴを行い、高橋幾郎がドラマーで初参加。この頃、生意気と生西康典が行っていたマンスリーイベントに参加。Kujun、Arata、しのっぺんとのバンド形式を経て、相馬大らが参加する、2004年3rdフルCD『ぼくたちみんなだね』リリース。工藤冬里、久下惠生などが参加するセッションを含んだライヴを多くのミュージシャンと行った模様が、2005年豪Chapter Musicリリースの 『ライヴ・ワンダラス』に収録。このリリースツアーで、ローレンス・イングリッシュと『とても会いましょう』の録音を行う。2005年、ビル・ウェルズらとUK/Scotland Tour、パステルズとのレコーディング開始。デンマークのRoskilde Festivalに出演した2006年、スウェーデンのTapeと出会い、共作した『タンタン・テラピー』が2007年にリリース。同年大阪で「Festival Beyond Innocence」の最終回が行われ、そこに梅田哲也の計らいで初参加、親交を深めのちに高橋幾郎も加わり『moere』をリリース。2008年 oneone Tour。2009年、Teenage Fanclubのノーマン・ブレイク、ジェラルド・ラブらも参加したパステルズとの共作アルバムをリリース。2010年、生西康典『おかえりなさい、うた』に参加、制作。この時、飴屋法水と初めて会い、朗読をした。『Take Away Show』出演。2011年、飴屋法水演出の『おもいのまま』で音楽を担当。西川文章の録音による『ときのうた』自主 リリース。ジャド・フェアーとツアー、大城真の録音で 『Enjoy Your Life』リリース。PROJECT FUKUSHIMA!に参加。大友良英と共演を重ねる。2012年、合唱隊うんどらを主宰、池間由布子が参加。2013年、下山(GEZAN)と合体ツアー、そのライヴ録音を翌年リリース。yumbo、並木大典(NSD)など約50タイトルを出しているレーベルの選集『majikick7CD BOX』をリリース。柴田聡子のライヴに植野隆司参加。2014年、遠藤水城のプロジェクトで大分県国東市に行き、テニスコーツの自分ムービーを撮影、現在発表中。そこに、美術家の雨宮庸介、写真家の西光祐輔がいた。

Tape
![/sdlx/tape2015.jpg](/sdlx/tape2015.jpg)
アンドレアス・バットリング
トマス・ハロンステン
ヨハン・バットリング
2000年から活動を続けているTape。彼らがつくる音楽は、実験主義とポップスやフォークの間にある、ちょっと特別なものだ。2002年に最初のアルバム「Opera」をスウェーデンのレーベルHäpnaからリリースし、その翌年に初来日を果たしてからは、欧米やアジアを中心に様々な国々へとツアーを続けている。主な共演者はビル・ウェルズ、デイヴィッド・グラッブス、テニスコーツ、エフタークラングなど。
「Tapeはバルサのように軽やかなアコースティックの質感と、穏やかでいて硬質なデジタルの迫力を有機的にブレンドする」- WIRE
「Tapeの新作は、懐かしの我が家に帰ってきたような気持ちにさせてくれる。アコースティック楽器と電子音の暖かみある融合は、私たちを決して失望させたりしない。」- Foxy Digitals

関連イベント

2015月10月11日(日)
TAPE、テニスコーツ、DJ: アオツキ書房
Open 19:00/Start 19:30
神戸 旧グッゲンハイム邸
予約/詳細:[SHOS 26](http://shos.me/event/shos-26/)

2015年10月12日(月・体育の日)
TAPE、テニスコーツ
Open 18:00/Start 18:30
京都 きんせ旅館
予約:p-hour@leto.eonet.ne.jpまで、件名を「tape」として、お名前/お電話番号/ご予約枚数をお知らせください。
詳細:[きんせ旅館](http://www.kinse-kyoto.com/)

If you'd like a 2-day ticket please contact us through the [INQUIRIES](https://www.super-deluxe.com/inquiry/) page on this site. Priority admission for 2day pass holder Live: Time is a Mountain [First performance in Japan!] Tenniscoats Tape Time is a Mountain Time Is a Mountain is the brainchild of Tomas Hallonsten. Honing his craft in the group Tape and on numerous other recordings, he's now one of Sweden's most distinctive musicians, talking to his machines and convincing totally organic sounds out of them. The music on this record throws it's tentacles both into the future and back in history with a sound not to be confused with others. Together with cohorts Andreas Werliin (Wildbirds & Peacedrums, Tonbruket, Fire!) and Johan Berthling (Tape, Fire!) they've created a real gem of a record. Tenniscoats ![/sdlx/tennis_photo2015.jpg](/sdlx/tennis_photo2015.jpg) 1993, Saya joined in Ueno's Band, PukaPuka Brians. 1995, majikick label started by Saya and Ueno. They played with Dj clock as Cacoy, and started to join in Mahel Shalal Hash Baz as members when the band play the first show at Glasgow, 1999. When that time, they met Glasgow music scene. 2003, first U.S Tour with Deerhoof. With weird-meddle record's organizing, they played firstly in Sapporo with guesting the drummer, Takahashi Ikuro. On that time, they joined in the monthly event which Namaiki and Ikunishi Yasunori organized. Tenniscoats were band with friends, Kujun, Arata and Shinoppen so on. 2003, released 'We are every one' (majikick) with Soma Dai and friends. They played many shows with guesting many musicians like Tori Kudo, Yoshio Kuge. 2005, released 'Live Wanderus' (Chapter Music) which is the compilation of that live sessions. On that releasing tour, they met Lawrence English and recorded 'Totemo Aimasho' in Brisbane. 2005, UK/Scotland Tour with Nikaido Kazumi, Mahel Shall Hash Baz.. And They started the recording with the Pastels. And They met the Tape at Stockholm's airport , and had a tour with them in next year. 2006. Roskilde festival. 2007, 'TanTan Therapy' (Hapna) with Tape was released. In this year, They joined the last 'Festival Beyond Innocence' (organized by Uchihashi Kazuhisa) in Osaka with helping of Umeda Tetsuya. They and Umeda Tetsuya and Takahashi Ikuro recorded together and released 'moere' after. 2008, onion Tour with Satomi , Greg from Deerhoof. 2009, released 'Two Sunsets' (domino) with the Pastels. Norman Blake, Gerald Love, Bill Wells also joined in the album. 2010, joined in the exhibition Ikunishi Yasunori 'Okaerinasai Uta'. Saya met Ameya Norimizu and reading together on this time. 2010, in the shooting of 'Take Away Show' they played Baibaba Bimba. 2011, Sound of Ameya Norimizu theater work 'Omoi no mama'. 2011, released 'Tokinouta' (majikick) recorded by Nishikawa Bunho. Tour with Jad Fair in Japan, and recorded 'Enjoy Your Life' recorded by Oshiro Makoto. They joined in Project Fukushima! and played Yoshihide Otomo. 2012, Saya organized the choir group 'Undora' which Yuko Ikema is the member. 2013, Tour with GEZAN, and released that live recording. 2013, released 'majikick 7CD Box' which released about 50 titles - yumbo, eddiemarcon, NSD, damson… Ueno joined Shibata Satoko's show. 2014, Ueno released 100 new songs cassette Box. 2014, Tenniscoats started the shooting project at Kunisaki haunt, Oita-ken, and now continuing. Endo mizuki is organizing the project. The artist Amemiya Yosuke and the photo grapher Nishimitsu Yusuke joined in the art project. [Tenniscoats Homepage](http://www.tenniscoats.com/) Tape ![/sdlx/tape2015.jpg](/sdlx/tape2015.jpg) Tape has been around since 2000. They've been making something special already from the start. Music in between experimentalism, pop and folk. Their first album Opera was released in 2002 by Swedish label Häpna. In 2003 they did their first Japan tour and since then there's been a string of activities with touring at places like the US, many European countries, China, Japan and Taiwan. They've toured together with people like Bill Wells, David Grubbs, Tenniscoats, Ass, Efterklang and many others. “Tape organically blend balsa-light acoustic textures (guitars, percussion, winds and brass) with a range of organs and a gentle yet firm digital pressure.” – WIRE “Hearing a new Tape record feels like coming home. Their warm blend of acoustic instrumentation (piano, guitar, harmonium, etc.) and electronics never dissapoints.” – Foxy Digitalis Related Events Sunday 2015-10-11 TAPE, Tenniscoats, DJ: Aotsuki Shoten Open 19:00/Start 19:30 KOBE Guggenheim House Reservations & Info:[SHOS 26](http://shos.me/event/shos-26/) Monday/Holiday 2015-10-12 TAPE, Tenniscoats Open 18:00/Start 18:30 KYOTO Kisen Ryokan Reservations: email to p-hour@leto.eonet.ne.jp Info:[きんせ旅館](http://www.kinse-kyoto.com/)

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/03/09 土曜日

    サンキュー!Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/03/20 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.9お花見マチネ 🌸 Ohanami Matinee

    Open: 13:00 | Start: 15:00 - 19:30

    開場 15:00 Open 〜 終了 19:30 Close
    ライブ 15:00 と 17:00 (入れ替えなし)
    ★ シュネラートラーマイヤー (スイスより来日)
    ★ 湯川寅彦 (三味線) ✕ ヨシダダイキチ (シタール) ✕ 上野雄次 (花道家)
    ★ DJ Yuichi (東京)
    ★ Food & Drink:BAR bin (恵比寿)、café tane (恵比寿)、はなたれ海おでんの旅 (鴨川)、房総ラム (南房総市)、みほし焙煎珈琲製造所 (鴨川)