ダダ100周年 ダダ爆弾

2016/07/18 月曜日

DADA100 DADA EXPLOSIONダダ100周年 ダダ爆弾

Open: 18:00:00 | Start: 18:00 - 23:59

SuperDeluxe

ドリンク込み/Drink included

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

7月18日出演

八木美知依(エレクトリック21弦箏、17弦ベース箏、エレクトロニクス、歌)

GREEN FLAMES(成田宗弘 g、田畑満 b、乾純 ds)

マシュー・モッテル(Talibam!/米国)

映像:生意気

空間演出:生意気、SCRAP PAGES、so+ba、牛嶋みさを

企画・制作 スーパー・デラックス

チケットは [Peatix](http://peatix.com/event/178297/) にて

7月12日〜18日 ダダ発祥の地のキャバレー・ヴォルテールを再現し、国内外から様々なアーティストを招聘。連日、ライブ、パフォーマンス、ワークショップ、展示会や映像など盛りだくさんのプログラムで開催するダダ・フェスティバル!

![/sdlx/dada100-388.jpg](/sdlx/dada100-388.jpg)

出演者詳細:

八木美知依
![/sdlx/160718-michiyoyagi.JPG](/sdlx/160718-michiyoyagi.JPG)
邦楽はもちろん、前衛ジャズや現代音楽からロックやポップまで幅広く活動するハイパー箏(こと)奏者。故・沢井忠夫、沢井一恵に師事。NHK邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージやジョン・ゾーンらに影響を受ける。ゾーンのプロデュースによるソロ・アルバム『Shizuku』(99年)を皮切りに、自己の箏アンサンブルとの『ゆらる』(01年)、17絃ソロ作『Seventeen』(05年)、インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(b)とポール・ニルセン・ラヴ(ds)を迎えた『ライヴ!アット・スーパーデラックス』(06年)をリリース。06年にペーター・ブロッツマン(s)、ポール・ニルセン・ラヴとトリオを結成し、『Head On』(08年)と『ヴォルダ』(10年)をリリース。最新作はエリオット・シャープ(g)とのデュオ作『リフレクションズ』(10年)。08年、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと共に英国のワールドミュージック誌 “Songlines” の《世界の最も優れた演奏家50人》に選ばれる。Moers Jazz Festival(ドイツ)、Vision Festival(米国)、Kongsberg Jazz Festival(ノルウェー)、Újbuda Jazz Festival(ハンガリー)、Music Unlimited(オーストリア)、Instal(イギリス)等に出演。世界のトップ・インプロヴァイザーと共演するかたわら、プログレッシヴ・ロック・アーティストのスティーヴン・ウィルソン(Porcupine Tree)、アコーディオン奏者のcoba、更に浜崎あゆみ、アンジェラ・アキやTakuya(元Judy & Mary)といったJ-POPアーティストのレコーディングやステージにも参加。現在は本田珠也(ds)、田中徳崇(ds)、トッド・ニコルソン(b)、須川崇志(b)と結成した《八木美知依ダブル・トリオ》を活動の核とし、オリジナル曲を中心としたレパートリーを聴かせている。
[八木美知依 official site](http://www.michiyoyagi.com)

GREEN FLAMES
![/sdlx/160718-greenflames388.jpg](/sdlx/160718-greenflames388.jpg)
2008年結成。オリジナルメンバーの成田宗弘 (ギター&ボーカル、High Rise)、田畑満 (ベース、Acid Mothers Temple)に加え、2015年乾純(ドラム、ex.The Stalin)が加入。
[Green Flames official site](http://greenflames.us)
[Green Flames facebook](https://www.facebook.com/GREENFLAMESBAND/)
[成田宗弘 official site](http://homepage2.nifty.com/highrise/narita.htm)
[田畑満 official site](http://www.tabatamitsuru.com)

マシュー・モッテル Matthew MOTTEL(米国)
![/sdlx/160718_mattmottel-a.JPG](/sdlx/160718_mattmottel-a.JPG)
ニューヨーク出身のマシュー・モッテルは「Talibam!」というバンドで13年間活動。大きな注目を集めました。彼はカロール・アーミテージ、リース・チャタム、クーパー・ムーア他多くのミュージシャンと仕事を共にしてきました。
[Talibam! facebook](https://www.facebook.com/Talibamnyc/)

生意気
![/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg](/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg)
70年ニュージーランド生まれのデイヴィッド・デュバル=スミスと、66年イギリス生まれのマイケル・フランクによるグラフィック、映像、立体等を手掛けるクリエイティブユニット。グラフィックを中心に、ハードなゴスペルミュージックや大工仕事、ガーデニングなど、持ち前の遊び心を活かして幅広く活動している。Photo by Namaiki
[生意気 official site](http://www.namaiki.com)

メインパートナー:カフェロイヤル
協賛:ビクトリノックス、SCRAP PAGES、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団、ドルダー・グランド・ホテル・チューリッヒ、サカエ・シュトゥンツィ基金
後援:スイス大使館

キャバレー・ヴォルテール@スーパー・デラックス
7月12日 (火) 〜 7月18日 (月・祝)
ダダイズム100周年を記念して、スーパー・デラックスが期間限定でダダ発祥の地「キャバレー・ヴォルテール」に生まれ変わる。「ダダイズム」は1916年に活動拠点となったスイスのチューリヒ「キャバレー・ヴォルテール」から世界に広がったアート・ムーブメント。キャバレー・ヴォルテールでは、音楽、詩の朗読、パフォーマンス、美術作品の展示などのさまざまな催しが開催され、芸術家たちは自身の立場を画家や作家、ダンサー、音楽家と区別せず、さまざまな芸術表現を自由に用いることで、それまでにあった境界線を取り払うことを望み、新たなる価値観を生み出した。2002年、東京の地で始まったスーパー・デラックスも同じ想いを携え、現在まで数々の公演を開催。キャバレー・ヴォルテールとして開催する本プログラムは、現代を生きるアーティストたちが、音楽、アートワーク、ポエトリーリーディング、映像、ダンス、演劇などによって作り上げる刺激的な7日間となる。
出演アーティスト (50音順):石橋英子、伊藤桂司、牛嶋みさを、OL(五木田智央+塩田正幸)、奥山順市、大島健夫、ONNACODOMO、KAYO、CARRE、倉敷芸術科学大学(劇場の三科 再演 1925-1927-2016)、GREEN FLAMES(成田宗弘、田畑満、乾純)、小暮香帆、サムソナイト・オーケストラ(スイス)、ジャック・デュミエール(スイス)、37A、SCRAP PAGES、SO+BA、高田みどり、橘上、D.K.Z(HAMADARAKA+河村康輔)、鉄割アルバトロスケット、永戸鉄也、中山晃子、生意気、西原尚、HAIR STYLISTICS、マージナル・コンソート(今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美)、巻上公一、マコ・クベック、MATT MOTTEL(Talibam! / USA)、三角みづ紀、MERZBOW、八木美知依、他

期間中7月15日(金)にこちらも開催!
[INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2016 Vol. 2](https://www.super-deluxe.com/room/4134/)
山田真美、ペマ・ギャルポ、野老朝雄、木内みどり、伊東豊雄、松元ヒロ

Artists appearing July 18
Live: Michiyo Yagi (electric 21-string koto, 17-string bass koto, electronics, voice), GREEN FLAMES (Munehiro Narita/g+voc, Mitsuru Tabata/b, Jun Inui/ds), Matthew Mottel (Talibam! / USA)
Video: Namaiki
and more!?!?
Interior Design: Namaiki, Scrap Pages, so+ba, Misao Ushijima
Produced by SuperDeluxe

Tickets: [Peatix](http://peatix.com/event/178297/)

From July 12 to July 18 SuperDeluxe becomes the center-piece of the Dada 100 anniversary in Japan. Art enthusiasts, the curious, and the thirsty can experience a unique space, recreating the atmosphere of the Cabaret Voltaire – birthplace of Dadaism in 1916 Zurich. Every evening, the Cabaret Voltaire at SuperDeluxe will present a variety of groundbreaking performances featuring dance, music, poetry and more.

![/sdlx/dada100-388.jpg](/sdlx/dada100-388.jpg)

Artist Information:

Michiyo YAGI
![/sdlx/160718-michiyoyagi.JPG](/sdlx/160718-michiyoyagi.JPG)
Michiyo Yagi studied the traditional Japanese transverse harp known as the koto under the late Tadao Sawai and Kazue Sawai, and graduated from the NHK Professional Training School for Traditional Musicians. During her subsequent tenure as Visiting Professor of Music at Wesleyan University in Connecticut, U.S.A. she premiered numerous modern compositions for koto and came under the influence of maverick American composers such as John Cage, Christian Wolff, Conlon Nancarrow, and John Zorn. Yagi’s debut CD Shizuku was produced by Zorn and released on his Tzadik label in 1999. In 2001 she recorded Yural (BAJ/ewe) with her multi-koto ensemble Paulownia Crush – this group toured Russia under the auspices of the Japan Foundation in 2004. In 2005 Yagi released Seventeen (Zipangu), entirely performed on the giant 17-string bass koto. Live! at SuperDeluxe (Idiolect), a trio performance with Norwegians Ingebrigt Håker Flaten (contrabass) and Paal Nilssen-Love (drums), followed a year later. In 2008 Rikskonsertene, the national concert institute of Norway, sponsored a two-week tour by Yagi, Nilssen-Love, and German saxophonist Peter Brötzmann, a trio that has performed internationally since 2006 and released Head On (Idiolect, 2008) and Volda (Idiolect, 2010). Reflexions (Idiolect/Bomba), an album of duets with the experimental New York guitarist Elliott Sharp, was released in 2010. Yagi’s most recent CD releases are Ichi No Maki [Vol. 1] (2014), credited to Dōjō, her “power duo” with Japanese jazz drummer Tamaya Honda and featuring guests Nils Peter Molvær (trumpet) and Paal Nilssen-Love; Soul Stream (2015), a quartet session with Joe McPhee (pocket trumpet, saxophones), Lasse Marhaug (electronics) and Nilssen-Love; and Angular Mass (2015), a trio with Marhaug and Nilssen-Love. An album of ambient music co-produced by the Norwegian guitarist Eivind Aarset is forthcoming, and a CD of original compositions featuring Yagi’s vocals as well as a classical-contemporary recording of written and commissioned music are also in development. An eclectic performer who continually challenges conventions, Yagi has played at the Moers, Kongsberg Jazz, Punkt, Újbuda Jazz, Musique Actuel Victoriaville, Archipel, Bang on a Can, Tokyo Summer, Vision, Instal, Jazztopad, Sengawa Jazz, Fuji Rock, and Music Unlimited festivals. In addition to leading the Michiyo Yagi Double Trio and the Michiyo Yagi Trio and performing solo concerts – all with an emphasis on her original compositions, extended techniques, and unique vocals based on the traditional jiuta style – she continues to be active as the leading improviser on her chosen instrument.
[Michiyo Yagi official site](http://www.michiyoyagi.com)

GREEN FLAMES
![/sdlx/160718-greenflames388.jpg](/sdlx/160718-greenflames388.jpg)
Power trio formed in 2008, now with Jun Inui on drums! Narita Munehiro – guitar & voc (ex.High Rise) + Tabata Mitsuru – bass (Acid Mothers Temple) + Jun Inui – drums (ex. The Stalin, Gaseneta)
[Green Flames official site](http://greenflames.us)
[Green Flames facebook](https://www.facebook.com/GREENFLAMESBAND/)
[Narita Munehiro official site](http://homepage2.nifty.com/highrise/narita.htm)
[Tabata Mitsuru official site](http://www.tabatamitsuru.com)

Matthew MOTTEL (USA)
![/sdlx/160718_mattmottel-a.JPG](/sdlx/160718_mattmottel-a.JPG)
Matthew Mottel is an internationally recognized musician and artist, performing most notably with Talibam! for the past 13 years. He has worked with Karole Armitage, Rhys Chatham, Cooper-Moore and many others.
[Talibam! facebook](https://www.facebook.com/Talibamnyc/)

Namaiki
![/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg](/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg)
Photo by Namaiki
[Namaiki official site](http://www.namaiki.com)

Main Partner: Cafe Royal, Switzerland
Partner: Victorinox, Scrap Pages, Pro Helvetia, Dolder Grand Zürich, Sakae Stünzi Foundation
Support: Embassy of Switzerland in Japan

July 12 to 18 Cabaret Voltaire artists artists include (alphabetical order): Akiko Nakayama, CARRE, D.K.Z (Hamadaraka + Kosuke Kawamura), Eiko Ishibashi, Green Flames (Munehiro Narita, Mitsuru Tabata, Jun Inui), Hair Stylistics, Jacques Demierre (Switzerland), Joh Tachibana, Junichi Okuyama, Kaho Kogure, Kayo, Keiji Ito, Koichi Makigami, Kurashiki University of Science and the Arts (New Sanka 1925-1927-2016 in the Theater Performance), Mako Kubeck, Marginal Consort (Kazuo Imai, Koshikawa T, Shii Kei, Masami Tada), Matt Mottel (Talibam! / USA), Merzbow, Michiyo Yagi, Midori Takada, Misao Ushijima, Mizuki Misumi, Namaiki, Nao Nishihara, OL (Tomoo Gokita + Masayuki Shioda), onnacodomo, Samsonite Orchestra (Switzerland), 37A, Scrap Pages, so+ba, Takeo Oshima, Tetsuwari Albatrossket, Tetsuya Nagato and more!

More great eventsこちらもどうですか

1 2 3 4 5 6 7