アイシャ・オラズバエヴァ

2016/10/01 土曜日

Aisha Orazbayevaアイシャ・オラズバエヴァ

Open: 18:30:00 | Start: 19:00 - 23:59

SuperDeluxe

カテゴリーはないようです

予約する/Reserve

ゲオルク・フィリップ・テレマン

ルイジ・ノーノ

エロイザ=フルール・トム

ペイマン・コスラヴィ

6つの幻想曲 (ゲオルク・フィリップ・テレマン, 1735)
アイシャ・オラズバエヴァ (ヴァイオリン)

夢みながら “歩かねばならない” (ルイジ・ノーノ, 1989)
アイシャ・オラズバエヴァ (ヴァイオリン), エロイザ=フルール・トム (ヴァイオリン)

未来のノスタルジー的ユートピア的遠方 (ルイジ・ノーノ, 1988)
アイシャ・オラズバエヴァ (ヴァイオリン), ペイマン・コスラヴィ (エレクトロニクス)

ソ連崩壊の5年前にカザフ・ソビエト社会主義共和国(現カザフスタン)のアルマ・アタに生まれ、テレビで見たヴァイオリン演奏に魅了され、4歳でヴァイオリンを習い始めたアイシャ・オラズバエヴァは、現代曲への取り組みを通して厳格な音楽教育からの疎外を乗り越え、自身とヴァイオリンとのパーソナルで親密な関係を築いてきました。 「間違う」ことへの怖れから解放された彼女は、さらに、インスタレーション、映像作品、ティム・エッチェルスとのコラボレーションなど多彩な活動をロンドンを拠点に展開。確かなテクニックと自由な発想を合わせ持つ新しいタイプの演奏家として注目されています。

今回のプログラムでは、「ノイズ」をも導入した現代的テクニックを用いてバロック期の「幻想曲」という形式のポテンシャルを極限まで引き出し、そして2世紀を飛び越え、ギドン・クレーメルの即興を録音した8チャンネルの音源を用いるルイジ・ノーノ晩年/ソ連崩壊前夜の傑作『未来のノスタルジー的ユートピア的遠方』に挑戦。8本のスピーカーとエレクトロニクス奏者(ペイマン・コスラヴィ)に応答しながら、会場中に林立する8本の譜面台の間を移動し演奏する作品です。それをさらに展開したデュオ作品『夢みながら “歩かねばならない”』には、同志エロイザ=フルール・トムと共に取り組みます。

![/sdlx/151115-slt.jpg](/sdlx/151115-slt.jpg)
[Sound Live Tokyo Homepage](http://www.soundlivetokyo.com/)

チケットは [Peatix](http://slt161001.peatix.com/view) にて発売中!

出演者詳細:

アイシャ・オラズバエヴァ
![/sdlx/161001-profile_aisha.jpg](/sdlx/161001-profile_aisha.jpg)
バッハ、テレマンからラッヘンマン、ノーノまで幅広いレパートリーを持つカザフスタン出身のヴァイオリニスト。ソリストとしてラジオ・フランス・モンペリエ、レイキャヴィーク・アーツ・フェスティバル、クラングシュプーレン・フェスティバル、ラティテュード・フェスティバル、カーネギー・ホールなどに出演。ソロアルバム『Outside』『The Hand Gallery』で評価を確立。BBCラジオ3・4、レゾナンスFM、フランス・ミュージック、カザフスタン国立放送にライブ出演。ロンドンではプラス-マイナス、アパートメント・ハウスなどのアンサンブルと共演し、ティム・エッチェルスと継続的にコラボレーションを行なっている(2016年3月に2人のファーストEP『Seeping Through』がリリースされた)。エロイザ=フルール・トムとのヴァイオリン・デュオでは、キングス・プレイス、カフェ・オト、ナショナル・ポートレート・ギャラリーなどでパフォーマンスを行ない、バルトークのヴァイオリン二重奏曲44曲に基づいた映像作品『44』に取り組んでいる。

エロイザ=フルール・トム
![/sdlx/161001-profile_eloisa-fleur.jpg](/sdlx/161001-profile_eloisa-fleur.jpg)
ヴァイオリニスト、ディレクター、キュレーターとして活動、受賞歴多数。マキシム・ヴェンゲーロフとのバッハ『2つのヴァイオリンのための協奏曲』、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドとの室内楽(ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラ・ソロイスツ)などで高く評価されている。近年ではウィグモア・ホール、リーズ国際コンサートシリーズ、セント・ジョージズ・ブリストル・ホール、BBCラジオ3などに出演、ランベール・ダンス・カンパニー、作曲家ケイト・ウィットレイとコラボレーションを行なっている。若い名手たちによる指揮者のいない弦楽オーケストラ「12アンサンブル」の芸術監督。12アンサンブルは最近マックス・リヒターと共にフィルハーモニー・ド・パリに出演した。現在アイスランド・セイジスフィヨルズルのHeimaで2015/16クリエイティブ・レジデンシー期間中。

ペイマン・コスラヴィ
![/sdlx/161001-profile_peiman.jpg](/sdlx/161001-profile_peiman.jpg)
テヘラン生まれ、ロンドンを拠点とするエレクトロニック・ミュージシャン。作曲、パフォーマンス、ソフトウェア開発、ライブ・サウンド・エンジニアリング、スタジオ・プロダクションなどを幅広く手がける。ロンドン・コンテンポラリー・ミュージック・フェスティバル(LCMF)、聖ルカ教会(ロンドン交響楽団)、ミュージックヘボウ・アムステルダム、ル・コルム・モンペリエなどでエンジニアリングを担当。スタジオではPRAH RecordingsやSNVariationsのアルバムを録音、ミックス、プロデュース。現在ロンドンの英国王立音楽アカデミーで音楽テクノロジーの客員講師、モンペリエのKlang!アコースモニウムでレジデント・ソフトウェア・プログラマーを務める。

主催:PARC – 国際舞台芸術交流センター
平成28年度文化庁国際芸術交流支援事業
助成:アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団)、ドイツ連邦共和国外務省
協力:東京ドイツ文化センター

Live: Aisha Orazbayeva & Georg Philipp Telemann Luigi Nono Eloisa-Fleur Thom Peiman Khosravi 6 Fantasien für Violine solo (Georg Philipp Telemann, 1735) Aisha Orazbayeva (violin) “Hay que caminar” soñando (Luigi Nono, 1989) Aisha Orazbayeva (violin), Eloisa-Fleur Thom (violin) La lontananza nostalgica utopica futura (Luigi Nono, 1988) Aisha Orazbayeva (violin), Peiman Khosravi (electronics) Born in Alma-Ata in Kazakh Soviet Socialist Republic five years before the dissolution of the Soviet Union, Aisha Orazbayeva was enchanted by a violin performance that she saw on TV and began to take violin lessons at the age of four. She overcame alienation from the rigorous violin education through working on contemporary pieces, and has established a personal and intimate relationship with her instrument. Losing the fear of doing “something wrong,” her activities now include even installation, visual works and collaboration with Tim Etchells. Based in London, she has been drawing attention as a new type of player who has both great skills and open ideas. In this program, she takes the “fantasy” form from the baroque era to an extreme through contemporary violin techniques even involving “noise,” and jumps over two centuries to work on the masterpiece The Nostalgic Utopian Future Distance written in the final years of Luigi Nono’s life, right before the collapse of the Soviet Union, that uses the 8-channel recording of Gidon Kremer’s improvisation and eight music stands scattered over the space — the violinist plays the piece making their own way from stand to stand in interaction with the eight speakers and the electronics player (Peiman Khosravi). The duo piece as a further development of it, “You must walk” dreaming, will be played with her comrade Eloisa-Fleur Thom. ![/sdlx/151115-slt.jpg](/sdlx/151115-slt.jpg) [Sound Live Tokyo Homepage](http://www.soundlivetokyo.com/2016/en/) Tickets: [Peatix](http://slt161001.peatix.com/view) Now on Sale!! Artist Information: Aisha Orazbayeva ![/sdlx/161001-profile_aisha.jpg](/sdlx/161001-profile_aisha.jpg) Kazakh violinist and musician Aisha Orazbayeva is in demand with a repertoire extending from Bach and Telemann to Lachenmann and Nono. As a soloist she has performed at the Radio France Montpellier, Reykjavik Arts, Klangspuren and Latitude festivals, and venues including Carnegie Hall in New York. Her two solo albums Outside and The Hand Gallery have been critically acclaimed. She has performed live on BBC Radio 3 and 4, Resonance FM, France Musique and Kazakh National TV. Aisha plays with ensembles including Plus-Minus and Apartment House in London, and regularly collaborates with Tim Etchells (their first vinyl EPSeeping Through was released in March 2016). A violin duo with Eloisa-Fleur Thom have performed in venues including King’s Place, Cafe Oto and the National Portrait Gallery in London. Their ongoing project 44 is a series of videos based on Bartok’s 44 violin duets. Eloisa-Fleur Thom ![/sdlx/161001-profile_eloisa-fleur.jpg](/sdlx/161001-profile_eloisa-fleur.jpg) Eloisa-Fleur is a prize-winning violinist, director and curator. Highlights of her career so far have included performing J.S Bach’s Concerto for two violins with the celebrated violinist Maxim Vengerov, and chamber music with Radiohead’s Jonny Greenwood (LCO soloists). In the past few years Eloisa-Fleur has given performances at the Wigmore Hall, Leeds International Concert Series, St George’s Bristol, been broadcast live on BBC Radio 3, and collaborated with Rambert Dance Company & composer Kate Whitley. Eloisa-Fleur is the Artistic Director of 12 ensemble, a virtuosic un-conducted string orchestra of a dozen young elite musicians who are currently taking the London music scene by storm. They recently performed at the Philharmonie de Paris alongside Max Richter. Eloisa-Fleur currently holds a 2015/16 creative residency at Heima in Seydisfjordur, Iceland. Peiman Khosravi ![/sdlx/161001-profile_peiman.jpg](/sdlx/161001-profile_peiman.jpg) Peiman Khosravi, born in Tehran, is a London-based electronic musician whose work moves between composition, performance, software development, live sound engineering and studio production. He has engineered shows at the London Contemporary Music Festival (LCMF) and in venues such as LSO St Luke’s, Muziekgebouw Amsterdam and Le Corum Montpellier. In the studio, he has recorded, mixed, and produced albums for PRAH recordings and SNVariations. Peiman is currently appointed as a visiting lecturer in music technology at the Royal Academy of Music London and as the resident software programmer for the Klang! acousmonium Montpellier. Organized by PARC – Japan Center, Pacific Basin Arts Communication Supported by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, in the fiscal 2016, Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture) and the Federal Foreign Office Cooperation: Goethe-Institut Tokyo

More great eventsこちらもどうですか

  • 2024/06/15 土曜日

    Super夜市

    Open: 15:00 | Start: 15:00 - 20:00

    入場無料 Free Entry
    開場 15:00 Open 〜 終了 20:00 Close
    おいしい、たのしい、じぶんらしい
    豊かな地球のマーケット
    主催 Presented by: Permaculture AWA, Kosmic Market, SuperDeluxe

  • 2024/06/22 土曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 1:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 巻上公一

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:巻上公一
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Koichi Makigami

  • 2024/06/23 日曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.10Day 2:カフカ鼾(Jim O’Rourke、石橋英子、山本達久)guest 坂田明

    Open: 15:30 | Start: 17:00 - 20:00

    開場 15:30 Open 〜 終了 20:00 Close
    カフカ鼾 TWO DAYS!! 一年半ぶりの鴨川公演を見逃しなく!
    ライブ:カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久)ゲスト:坂田明
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Kafka's Ibiki returns to SupernaturalDeluxe for the first time since 2022! Join us for TWO DAYS of special concerts!
    LIVE: Kafka Ibiki (Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto) with special guest Akira Sakata

  • 2024/07/10 水曜日

    SuperDeluxe presents: SupernaturalDeluxe Vol.11Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura + Martin Taxt

    Open: 17:00 | Start: 18:15 - 20:30

    ノルウェーのSOFAレコードのボスであるマーティン・タクストが5年ぶりの来日!日本の即興音楽を代表する秋山徹次と中村としまると初の鴨川登場!
    前売チケット ⇒ Peatix ⇐ Advance Tickets
    Martin Taxt, head of the adventurous Norwegian music label SOFA returns to Japan for the first time in 5 years! Join us as Taxt reunites with Tetuzi Akiyama and Toshimaru Nakamura for their first performance in Kamogawa!