Spiral Deluxe at SuperDeluxe

2018/11/06 火曜日

Axis Records presentsSpiral Deluxe at SuperDeluxe

Open: 19:00 | Start: 20:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,000

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

Axis Records presents

Spiral Deluxe

“Voodoo Magic” Showcase at SuperDeluxe

[LIVE] SPIRAL DELUXE (スパイラル・デラックス)

メンバー:
ジェフ・ミルズ  Jeff Mills(ドラムマシーン、パーカッション)drum machine / percussion
日野賢二  Kenji “Jino” Hino(ベース)bass guitar
大野由美子  
Yumiko Ohno(ムーグシンセサイザー)Moog synthesizer
ジェラルド・ミッチェル  
Gerald Mitchell(キーボード)keyboards

入場料(チケット100枚限定)3000円+ドリンク
RA: Resident Advisor【 完売 】
【速報 11/4】前売の追加チケットも完売しました。ありがとうございます!

エレクトロニック・ミュージックのパイオニアDJ/プロデューサーにして、音楽宇宙を自由自在に行き来するジェフ・ミルズが、長年の構想を形にしたSPIRAL DELUXE (スパイラル・デラックス)。デトロイト、パリ、東京を拠点にするSPIRAL DELUXEの4人が一堂に会する貴重な機会に新作「Voodoo Magic」発表記念でショウケースを行うことになりました。メディア、関係者中心のイベントに特別100名様のみチケットを販売します。1時間のパフォーマンスでは「Voodoo Magic」からの曲とともにジャムセッションスタイルでフリーなプレイを展開する予定です。パフォーマンス後にはメンバーも会場でリラックスする予定!?

SPIRAL DELUXEは、2015年、東京と神戸で開催されたアートフェス“TodaysArt JP”にて 4人がパフォーマンスを行ったことをきっかけにスタート。ジェフの “様々な音楽的バックグラウンドを持つミュージシャンの幅広い経験を重ね合わせることで、何かスペシャルで新しいものを創り出したい” という長年のアイディアが形となり、その後のワールド・ツアーと2枚のライブEPを経て、この9月7日、満を持してデビュー・アルバム『Voodoo Magic』を発表しました。

『Voodoo Magic』は、ジャズのインプロビゼーションの様に、各々のメンバーが自由に楽器をプレイしほぼ一発録りでレコーティング。メンバーの音楽的多彩さを象徴するように、ジャズ、ロック、ファンク、ポップ、ゴスペル、デトロイト・テクノ、ハウス、etc..の豊富な知識とスキルが存分に表現され混ざり合っていくその刹那をとらえた、まさにSPIRAL DELUXEならではのアルバムが完成しました。「エキサイティングなもの、新しいものへと向かっていく旅を常に探求している存在」(ジェフ・ミルズ)というSPIRAL DELUXEの冒険(=インプロビゼーション)は、スタイリッシュであると同時に心地良く、スリリングなエッセンスも兼ね備えたスペシャルな音楽体験そのもの!新作アナログ盤「Voodoo Magic」に関する情報はこちら

メンバー詳細:

JEFF MILLS  drum machine / drums / percussion
ジェフ・ミルズ(ドラムマシン、ドラム、パーカッション)

エレクトロニックミュージック界において最も偉大なDJ、プロデューサーの一人として世界的に知られる中、ジェフ・ミルズの音楽はクラシカル、ジャズ、アフロ・ビート、映画音楽、ハウス、インダストリアル・ダンス、そしてヒップホップ、ラップなど多岐に渡っている。DJになる前、ミルズはデトロイトでの学生時代を通してジャズ・ドラマーとして様々なバンドで活躍した。パーカッショニストとして知られることはないが、彼の長いキャリアを見ればそのユニークな「タッチ」を見出すことができる。 ファイナル・カットというインダストリアル・ダンスバンドから始まり、アンダーグラウンド・レジスタンス、クラシカルピアニストのミハイル・ルディ、サックス奏者エミル・パリジャン、アフロビート・ドラマーのトニー・アレンなど様々なコラボレーション。ミルズはMIDIを使用せずにシンクしないことによって、自由に制限なくドラムマシンをプレイする。ローランドTR909を自在に操るその姿は唯一無二である。

YUMIKO OHNO  Moog synthesizer
大野由美子(ムーグシンセサイザー)

1993年、東京で結成されたエレクトロニック、エクスペリメンタル、ロックバンド:バッファロー・ドーター のメンバー、96年にビースティー・ボーイズが運営していたGrand Royalと契約してから活動の拠点は東京から世界へと広がる。その後はLAのEmperror Norton、 V2とワールドワイドディール、2010年には自身のレーベルBuffalo Ranchを立ち上げ、2014年リリースした「Konjac-tion」は7枚目のアルバムとなり、現在も東京中心に活動している。
2010年 珍しいキノコ舞踊団、YCAMでの舞台の為に制作した「The Rainy Table」ではピアノ、シンセ、スティールドラム、ベース,などを演奏し初ソロ作品として発表。様々なアーティストとのコラボレーションやサポートも多くコーネリアス こと小山田圭吾 、ヤン富田, モーガン・フィッシャー, 立花ハジメなど。
2014年に結成された女性シンセカルテット、Hello, Wendy!では演奏とプロデュースも担当。2016年よりコーネリアスのベーシストとしてツアーに参加している。

KENJI “JINO” HINO  bass guitar
日野賢二 (Jino)(ベース)

東京生まれ。6歳の時に家族と共にニューヨークへ移住。世界的トランペットプレイヤーである父(日野皓正)の影響で9歳にトランペットを始め、La Guardia High School of Music & Art & Performing Arts に15歳で就学。17歳の時にトランペットからベースギターに転向し、ジャコ・パストリアス から教えを請う。1986年からプロとして、アポロシアターのハコバンドでプレイする傍ら、ジョー, ジェシカ・シンプソンやブロンディなどと共演。以降クリストファー・マックス&ニュー・ミレニアム など世界中で有名ミュージシャンとプレイし続けている。自身のバンド、Jino Jamも結成し2014年にはサードアルバム”Jino Jam”をリリース。

GERALD MITCHELL  keyboards
ジェラルド・ミッチェル(キーボード)

デトロイト生まれ。ミュージシャン、プロデューサー、バンドリーダー、DJとしてデトロイトハウス、テクノ界に大きなインパクトを与える。アンダーグラウンド・レジスタンスのメンバー、UR044 aka Soul Saverとしての作品群や、ホアン・アトキンズ主催メトロプレックスからリリースされた”Celestial Highways”、Soul Cityにおける初期のハウス作品などジェラルドの音楽は常に、彼のルーツにあるゴスペル・ミュージックから生みだされた、そのソウルフルさで評価されている。アンダーグラウンド・レジスタンスおよびDJロランドとの共演はヒット作 “Knights of the Jaguar” へと発展し、グループLos Hermanosへと繋がり、2005年にはURのGalaxy 2 Galaxy / Los Hermanosツアーのミュージカル・ディレクターを務める。2011年には自身のレーベル “Gerald Mitchell International Recordings” を立ち上げソロアルバム『Family Property』、2013年にLos Hermanos名義でのアルバム『Descendants Of The Resistance』を発表。現在はジェラルドを中心に流動的なセッション・メンバーとの変幻自在なソロプロジェクトとしてLos Hermanos名義でのライブ、あるいはDJとして世界各地のクラブで活躍を始め、Bill Beaver a.k.a Billy Loveとのファンク・プロダクション、Celebrity BBQ Sauceの準備中である。

Axis Records presents

Spiral Deluxe

“Voodoo Magic” Showcase at SuperDeluxe

[LIVE] SPIRAL DELUXE

Members:
Jeff Mills  drum machine / percussion

Kenji “Jino” Hino  bass guitar

Yumiko Ohno  Moog synthesizer

Gerald Mitchell  keyboards


Admission (Limited 100 tickets) ¥3000 + drink
Tickets RA: Resident Advisor [ SOLD OUT ]
[UPDATE! 11/4] A limited number of additional tickets have also Sold Out. Thank You!

Spiral Deluxe is a collaboration and Electronic Jazz quartet that explores the various spectrums in our music Universe. It’s the meeting of minds of four musicians from different styles and background that dedicate themselves for searching harmonic divine. A musical excursion that discovers the higher level of music consciousness. Formed in 2014, the band came together as a project and vision of Jeff Mills, who had the idea to create a “super group,” a band of highly skillful players. Mills began the search to find this unique mixture of musicians, that not only could adapt to new ways of playing, but each could contribute their vast amount of insight and knowledge to this special chemistry.

RELEASE INFORMATION:

Spiral Deluxe “Voodoo Magic” is the result of a 2-day recording session at the famous Studio Ferber in Paris. Most tracks on this release were recorded in one-take recordings to “capture the moment”, which is a vital element to what makes Spiral Deluxe so unique. “Let It Go” was composed by Spiral Deluxe and features even more masterful artistry of the likes of veteran Vocalist Tanya Michelle, with the mix production of the one and only Detroit native producer and DJ Terrence Parker!

Axis Audiophile Series: 180g high quality sound (44k 32 bit)
A/B side 33 1/3rpm C/D side 45rpm / Gatefold jacket
Released on Axis Records: Sept 7th, 2018
Available from UNDERGROUND GALLERY

BAND MEMBERS:

Kenji “Jino” Hino  bass guitar

Born in Tokyo, Kenji moved to New York City when he was six years old with his family.  Influenced by his father who is the most famous trumpeter in Japan and known among jazz scene all over the world, he started trumpet when he was 9 and enrolled at La Guardia High School of Music & Art & Performing Arts at 15 to follow suit with the graduates like Marcus Miller, Omar Hakim and Bobby Bloom.He changed his instrument to Bass guitar at the age of 17, when he started to learn from Jaco Pastorius.  In 1986 he started his professional career, joining a house band at Apollo Theatre as well as playing with Joe, Jessica Simpson and Blondie.Since then, he constantly works world-widely with great talents such as Joe, Christopher Max & The New Millennium etc.  Also he forms his own band, recording own albums.  In 2014, he finished the 3rd album, “Jino Jam” .Kenji is also active as a song writer, providing songs for Japanese artists such as Zeebra, AI, Kana Nishino. Meisa Kuroki and have hits selling over 200K sales/ a million downloads.

Gerald Mitchell  keyboards

Gerald Mitchell born and raised in Detroit is a Musician, Producer,Band Leader,Dj and Sonic visionary whose music has made a huge impact on Detroit house and techno. From his work on Underground Resistance’s Interstellar Fugitives “Soul Saver” (aka UR 044) project to his Celestial Highways classic on Metroplex and early house production on Soul City, Gerald’s music has always been recognized by it soulful strength. His work with Underground Resistance and Dj Rolando led to the anthem ‘Knights of the Jaguar; and now the group Los Hermanos. He has brought his experience as a live musician into a group that expresses jazz fusion, gospel and funk into stunning electronic music in which he became the musical director for UR’s Galaxy 2 Galaxy / Los Hermanos Live tour 2005.  Gerald has collaborated with many well known artist,dj,producers,and programmers from around the worldhe has remixed and released with various well known electronic labels a legendary leader in the electronic music scene worldwide. Gerald has begun his solo career after touring as Los Hermanos Live Bandand as a dj in many festivals and clubs in Japan, Europe. USA.

Yumiko Ohno  Moog synthesizer

A founding member of Buffalo Daughter, the electronic, experimental rock band formed in 1993 in Tokyo. The band has signed to Grand Royal label run by Beastie Boys in 1996, since when their activities are wide spread to all over the world.  After signing the worldwide deals to Emperror Norton in Los Angeles, V2 records, the band has established their own label Buffalo Ranch.  “Konjac-tion” released in 2014 is their seventh album and the band is actively performing mainly in Tokyo. In 2010 Ohno created “The Rainy Table” for the theater performance for Strange Kinoko Dance Coampny for YCAM, which became her first solo works playing piano, synthesizers, steel pan and bass guitar.  She does various collaborations with wide range of artist such as Cornelius aka Keigo Oyamada, Yann Tomita, Morgan Fisher and Hajime Tachibana.  A new project started in 2014, Hello, Wendy! is a female synthesizer quartet performed and produced by Ohno. Recently from 2016 Ohno participates the world tour of Cornelius as a bassist.


Jeff Mills  drum machine / percussion

Deeply inhabited by science-fiction, DJ and producer Jeff Mills adopts its ideas, concepts, stories and esthetics from the outset. For him, Space is an obsession and his music almost becomes a musical science-fiction. Conquering space, his music embodies the future while both respecting the past and remaining well into the present. When he founded his own record label Axis in 1992 -represented by its logo consisting of four triangles pointing to an invisible center- Axis takes the rotating principle of the solar system as aesthetics, concept and model of creativity. From the beginning, his first releases explore futuristic and science fiction topics such as “Mutant theory,” “Tomorrow,” “Art / UFO”, “Time Machine” and “Alpha Centauri.” For Jeff Mills, the future is a powerful creative drive which explains the artist’s ceaseless activity.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2018/11/29 木曜日

    Pyramid – Disco Night

    Open: 19:00 | Start: 19:00

    チケット Tickets: ¥6,500(2ドリンク、フィンガーフード代付 / Includes 2 drinks & finger food)
    [LIVE] ■ PYRAMID [DJ] ■ DJ YATABE ■ Hanah Spring

Via hashtagハッシュタグから