スーパー・デラックス エディション 1日目

2018/11/22 木曜日

SuperDeluxe Edition - Day Oneスーパー・デラックス エディション 1日目

Open: 19:30 | Start: 20:00

SuperDeluxe

当日/Door: ¥3,300

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

Edition Festival presents

スーパー・デラックス エディション

[LIVE]

Antibodies Collective

They Live(大蔵雅彦・宇波拓)Masahiko Okura & Taku Unami

レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ  leif elggren. crys cole. oren ambarchi.

チケット購入
イープラス【三日間 通し券
イープラス【11月22日 一日券
Peatix【三日間 通し券
Peatix【11月22日 一日券

出演者詳細:

Antibodies Collective

“ANTIBODIES”は様々な鍛錬や境界がダイナミックに関わり合う、「インターディシプリナリー」なコラボレーションの形態を発展させていくことに焦点をおく、スペシャリストの集合体である。それぞれのリサーチと実験による蓄積は、パフォーマンスイベントやコミュニティーワークショップといった行為、インスタレーション、出版物などへと結実しながら、社会や教育の現場に貢献してきた。 “ANTIBODIES”は、2000年にダンス作品の制作を開始して以来、アジアや南米地域を含む国内外での公演活動を続け、多岐にわたる地域活性化事業に関わってきた「Dance Company Baby-Q」を母体としており、京都を拠点にするパフォーマンスアーティストの東野祥子とカジワラトシオによって、2015年に設立された。
antibo.org

They Live (大蔵雅彦・宇波拓)

大蔵雅彦 Masahiko Okura

アルト・サックス、バス・クラリネットほか。1966年生まれ。1994年、Dub Sonic Warriorへの参加をきっかけに演奏活動を開始。演奏開始最初期から様々な演奏者と即興演奏を試みる。1997年にリーダー・バンドgnuを結成し、2010年までに5枚のアルバムを発表。2005年から2009年にかけてONJOに参加。2006年より杉本拓、宇波拓と共に、作曲作品発表のための「室内楽コンサート」シリーズを企画。2010年よりtotas causas de malignitatに参加。主な共演者は、秋山徹次、ユタカワサキ、永田一直、菊地雅晃、Axel Dorner、Franz Hautzinger、Jean-Luc Guionnetほか。

宇波拓 Taku Unami

1976年東京生まれ。即興演奏家 / 作曲家。使用楽器としてラップトップやギターが思い浮かぶが、ピアノ、ベースといった楽器から段ボールや掃除機などの家電に至るまで、状況に応じて様々な物を使用して演奏する。彼の演奏や作曲作品は、従来型の音楽から人を食ったような極端なものまで多様で、日本の即興音楽シーンでは特異な存在である。映画音楽の作曲も多く、世界中のレーベルから多数のリリースがある。CDリリースやコンサート企画をおこなうhibari musicを主宰し、プロデューサー、録音エンジニアとしても定評がある。
unami.hibarimusic.com

レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ

レイフ・エリグレン Leif Elggren

レイフ・エリグレンは、ストックホルムをベースに活動するスウェーデン人アーティストである。また、70年代後半以来、オーディオ・ビジュアルの世界で驚くべき活躍を見せるコンセプチュアルアーティストの一人でもある。ライター、ビジュアルアーティスト、ステージパフォーマー、またコンポーザーとして、多くのアルバムに彼の名前がクレジットされている。ソロとして、またSons of Godと共に、Ash International Touch、Radiumなどのレーベルの他、自身のレーベルFirework Editionにて活動している。彼の音楽は、視覚インスタレーション、実験的なステージパフォーマンスのサウンドトラックとして認識されることが多いが、常に長い時間をかけ慎重に音源を選択し、魅惑的な静かな電子音から荒々しいノイズまで幅広くラインアップしている。彼の多岐にわたる芸術形態は、時に夢や微妙な不条理、転覆させた社会階層、隠れたアクション、アイコンをつなぎ合わせたイベントを包括している。
leifelggren.org

クリス・コール crys cole

クリス・コールは、作曲、パフォーマンス、サウンドインスタレーションを活動の場とする、カナダ人サウンドアーティストである。コールのサウンドは、可聴性と意図性の限界について試みるマイクロソニックへ魅了されながら、繊細さと慎重さを強調している。ミニマルな音環境のテクスチャーや繊細さに注意を引きながら、コールは自身が作る音だけではなく、その音を聴く際や、また(理想としては)知覚する体と代理するものとして、聞き手の自意識の中に生じる環境音についても、意識を研ぎ澄ませながら制作することを目標としている。彼女はこれまでに、カナダ、また日本、オーストラリア、タイ、シンガポールなどのアジア諸国、アメリカ、ヨーロッパ全土でパフォーマンスを行ってきた。現在、Ora Clementiという名義での James Rushfordとのプロジェクト、Oren Ambarchiとのコラボレーションが進行中である。また彼女はこれまでにもKeith Rowe、Lance Austin Olsen、Jamie Drouin、 Mathieu Ruhlmann、 Tetuzi Akiyama、Seiji Morimoto、Jessika Kenney、echo ho、Tim Oliveなど、多数のアーティストとコラボレーションを行っている。
cryscole.com

オーレン・アンバーチ Oren Ambarchi

オーレン・アンバーチは、従来の楽器へのアプローチを超越することに長年関心を寄せてきたコンポーザーであり、マルチ演奏家である。彼の作品は主にギターの探求に焦点を当てている。「楽器自体を簡単に識別できないようになる、意図するものとは全く別の抽象概念のゾーンへと楽器を再ルーティングする。代わりに、それは音波の探索の実験室となるのだ。」(The Wire, UKより抜粋)オーレン・アンバーチの作品は、不明瞭で張りつめた印象を与えるが、その音楽形態は、様々な分野の間の亀裂に間に位置している。例えば、エレクトロニクスと加工、層から成る即興演奏とミニマリズム、静かで哀愁的なソングライティング、Morton Feldman and Alvin Lucierのようなコンポーザーの欺瞞的な単一性と一時停止、減速し、骨を剥き出しにする、抽象化され、純粋なシグナルに置き換えられるロック音楽の特性などが挙げられる。
orenambarchi.com

about the edition festival.

Edition Festival for Other Music「もうひとつの音楽のためのフェスティバル」は、ジョン・チャントラーのオーガナイズにより、2月にストックホルムで開催されました。2019年の4回目のエディションでは、Annea Lockwood、Oren Ambarchi & crys cole、Sarah Hennies、Kassel Jaegerなどのアーティストを迎える予定です。2018年11月のフェスティバルでは、チャントラーのレーベル1703 Skivbolagetとのコラボレーションにより、2016年の1回目のエディションでEllen Fullman とOkkyung Leeにより演奏されたコンサートのレコーディング「The Air Around Her」がリリースされます。Bill Naceのアートワークと共に、CD、LP、デジタルダウンロードにて購入可能です。
www.edition-festival.com

スーパー・デラックス エディション【2018年11月22〜24日】

11月22日 詳細&チケット
Antibodies Collective
They Live (宇波拓 & 大蔵雅彦)
レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ

11月23日 詳細&チケット
マルタ・フォスベリ
クリスティーン・ エドルンド
テーリ・テムリッツ ▸ Deproduction
 (日本語と英語で上映)

11月24日 詳細&チケット
石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア
マタナ・ロバーツ
パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル

Supported by Musikverket, Sweden.

Marta Forsberg’s performance is made possible with support from Konstnärsnämnden — the Swedish Arts Grants Committee.

Please note that Deproduction is a screening only and Terre Thaemlitz will not be present.

Edition Festival presents

SuperDeluxe Edition DAY 1

[LIVE]

antibodies collective.

they live. (masahiko okura & taku unami)

leif elggren. crys cole. oren ambarchi.

Tickets available here:
e-plus【Three Day Pass
e-plus【November 22 one day Ticket
Peatix【Three Day Pass
Peatix【November 22 one day Ticket

Artist information:

antibodies collective.

ANTIBODIES is a collective of specialists developing new interdisciplinary models for dynamic collaboration across the spectrum of disciplines and boundaries, examining how varied disciplines might relate, intersect and interact through series of experiments and researches that are designed to culminate into performance events, community workshops and other practices that contribute to larger social and educational structures. ANTIBODIES was established in 2015 by Kyoto-based performance artists Yoko Higashino and Toshio Kajiwara as a reincarnation of ‘Dance Company Baby-Q’, a genre-bending dance theatre group established in 2000 and have presented performance events and workshops worldwide.
antibo.org

they live.

Masahiko Okura

Born in Tokyo in 1966. Okura began his performing career when he joined Dub Sonic Warrior in 1994. From the beginning he explored free improvisation with a variety of players. In ’97 he formed (and became the leader of) the band ‘gnu’. In 2005 Okura joined Otomo Yoshihide’s New Jazz Orchestra (ONJO). Since 2006, along with Taku Sugimoto and Taku Unami, he has organized the Chamber Music Concert series as a forum for introducing compositional works. From 2010 he joined totas causas de malignitat. He has performed with Toru Akiyama, Yutakawasaki, Kazuaki Nagata, Masaaki Kikuchi, Axel Dorner, Franz Hautzinger, Jean-Luc Guionnet and others.

Taku Unami

Taku Unami was born in Tokyo, Japan, in 1976. He is a composer and improviser working with assorted stringed instruments, including the guitar, mandolin, and contraguitar, laptop and vibrating objects (from which he amplifies the inaudible vibrations). Despite being linked to minimal improvisation his music is hardly classifiable, being able to surprise listeners on every new release, raising unforeseen questions and forging new paths for improvisation. He is part of the group HOSE and has active collaborations with Mattin, Taku Sugimoto and Masahiko Okura. In the past he has worked with Radu Malfatti, Jean-Luc Guionnet, Klaus Filip, Masafumi Ezaki, Burkhard Stangl, Rhodri Davies and Keith Rowe, among others. Unami has also composed for film, including ‘Lost My Way’ (directed by Takeshi Furusawa) and ‘In 1,000,000 years’ (directed by Isao Okishima). He has released more than 30 records, both solo and in numerous groups and collaborations. He runs the influential label Hibari Music and co-organizes the Tokyo concert series Chamber Music Concerts with Taku Sugimoto and Masahiko Okura.” -Jon Abbey
unami.hibarimusic.com

leif elggren. oren ambarchi. crys cole.

Leif Elggren

Leif Elggren is a Swedish artist who lives and works in Stockholm. Active since the late 1970s, Leif Elggren has become one of the most constantly surprising conceptual artists to work in the combined worlds of audio and visual. A writer, visual artist, stage performer and composer, he has many albums to his credits, solo and with the Sons of God, on labels such as Ash International, Touch, Radium and his own Firework Edition. His music, often conceived as the soundtrack to a visual installation or experimental stage performance, usually presents carefully selected sound sources over a long stretch of time and can range from mesmerizingly quiet electronics to harsh noise. His wide-ranging and prolific body of art often involves dreams and subtle absurdities, social hierarchies turned upside-down, hidden actions and events taking on the quality of icons.
leifelggren.org

cry cole

crys cole is a Canadian sound artist working in composition, performance and sound installation. cole’s approach to sound emphasizes subtlety and discretion, guided by a fascination with microsonics that test the limits of audibility and intentionality. By drawing attention to the texture and delicacy of minimal sonic environments, cole aims to create a heightened awareness not only of the sounds she creates, but of the environmental sounds that arise during listening – and ideally, of the listener’s own self-consciousness as a perceptual body and agent. She has performed in Canada, Japan, Australia, Thailand, Singapore, the USA and throughout Europe. cole has ongoing collaborations with James Rushford (AU) (under the name Ora Clementi) and with Oren Ambarchi (AU). She has also worked with Keith Rowe, Lance Austin Olsen, Jamie Drouin, Mathieu Ruhlmann, Tetuzi Akiyama, Seiji Morimoto, Jessika Kenney, echo ho, Tim Olive and many more.
cryscole.com

Oren Ambarchi

Oren Ambarchi is a composer and multi-instrumentalist with longstanding interests in transcending conventional instrumental approaches. His work focuses mainly on the exploration of the guitar, “re-routing the instrument into a zone of alien abstraction where it’s no longer easily identifiable as itself. Instead, it’s a laboratory for extended sonic investigation”. (The Wire, UK). Oren Ambarchi’s works are hesitant and tense extended songforms located in the cracks between several schools: modern electronics and processing; laminal improvisation and minimalism; hushed, pensive songwriting; the deceptive simplicity and temporal suspensions of composers such as Morton Feldman and Alvin Lucier; and the physicality of rock music, slowed down and stripped back to its bare bones, abstracted and replaced with pure signal.
orenambarchi.com

about the edition festival.

The Edition Festival for Other Music takes place in Stockholm each February and is organised by John Chantler. The 2019 Fourth Edition will include performances by Annea Lockwood, Oren Ambarchi & crys cole, Sarah Hennies, Kassel Jaeger and more. In November 2018 the festival (in collaboration with Chantler’s label 1703 Skivbolaget) will release ‘The Air Around Her’ a recording of the concert performed by Ellen Fullman and Okkyung Lee as part of the First Edition in 2016. This will be available on CD, LP and Digital Download with artwork by Bill Nace.
www.edition-festival.com

SuperDeluxe Edition: November 22—24. 2018

November 22 Info & Tickets
antibodies collective.
they live. (Taku Unami & Masahiko Okura)
leif elggren. oren ambarchi. crys cole.

November 23 Info & Tickets
marta forsberg.
christine ödlund.
terre thaemlitz ▸ Deproduction
 (screening in Japanese & English)

November 24 Info & Tickets
eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia.
matana roberts.
pat thomas. joel grip. antonin gerbal.

Supported by Musikverket, Sweden.

Marta Forsberg’s performance is made possible with support from Konstnärsnämnden — the Swedish Arts Grants Committee.

Please note that Deproduction is a screening only and Terre Thaemlitz will not be present.

More great eventsこちらもどうですか

Via hashtagハッシュタグから