ソロ:オーレン・アンバーチ|クリス・コール|コンラッド・スプレンガー

2018/11/28 水曜日

Solos: Oren Ambarchi | crys cole | Konrad Sprengerソロ:オーレン・アンバーチ|クリス・コール|コンラッド・スプレンガー

Open: 19:30 | Start: 20:00 - 22:15

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,500

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

スーパー・デラックス閉店感謝祭り!西麻布より愛を込めて…

ソロ演奏:

オーレン・アンバーチ Oren Ambarchi

クリス・コール crys cole

コンラッド・スプレンガー Konrad Sprenger

オーレン・アンバーチの貴重なソロ公演です!約20年前に麻布十番デラックスで開催したソロ公演をきっかけに知り合ったアンバーチはそれ以降、西麻布スーパー・デラックスで国内外の素晴らしいミュージシャンと沢山共演してきました。しかし、Editions Mego、Touch、Black Truffleから世界を揺らすソロ作品を数枚出しているのにも関わらず、スーパー・デラックスでのソロ演奏はたったの2回(2010年と2014年)です。本会場でアンバーチの最新ソロ演奏が最後に体験出来ること、そしてクリス・コールとコンラッド・スプレンガーのソロ演奏をもう一度楽しめることをとてもありがたく思います。皆様、是非ご来場ください。

出演者詳細:

オーレン・アンバーチ Oren Ambarchi

ギターやパーカッションを用いた実験音楽家で、1986年以来ライブパフォーマンスを行う。主にギターの可能性について焦点を当て、もはやそれとは分から ないような異質な抽象的領域へと楽器を再定義していく。オーストラリア最大の実験音楽の祭典である「What Is Music? フェスティバル」の共同ディレクターを務める。重量級絶望系ドローン・ノイズ・ユニットSUNN O))) にも参加するオーストラリアの鬼才。
orenambarchi.com

クリス・コール crys cole

 

クリス・コールは、作曲、パフォーマンス、サウンドインスタレーションを活動の場とする、カナダ人サウンドアーティストである。コールのサウンドは、可聴性と意図性の限界について試みるマイクロソニックへ魅了されながら、繊細さと慎重さを強調している。ミニマルな音環境のテクスチャーや繊細さに注意を引きながら、コールは自身が作る音だけではなく、その音を聴く際や、また(理想としては)知覚する体と代理するものとして、聞き手の自意識の中に生じる環境音についても、意識を研ぎ澄ませながら制作することを目標としている。彼女はこれまでに、カナダ、また日本、オーストラリア、タイ、シンガポールなどのアジア諸国、アメリカ、ヨーロッパ全土でパフォーマンスを行ってきた。現在、Ora Clementiという名義での James Rushfordとのプロジェクト、Oren Ambarchiとのコラボレーションが進行中である。また彼女はこれまでにもKeith Rowe、Lance Austin Olsen、Jamie Drouin、 Mathieu Ruhlmann、 Tetuzi Akiyama、Seiji Morimoto、Jessika Kenney、echo ho、Tim Oliveなど、多数のアーティストとコラボレーションを行っている。
cryscole.com

コンラッド・スプレンガー Konrad Sprenger

1977年、ドイツ・ラークに生まれたヨーク・ヒラー(Joerg Hiller)によるプロジェクト、コンラッド・スプレンガー(Konrad Sprenger)は作曲家、音楽プロデューサー、アーティストとしてベルリンを拠点に現在も活動している。2000年以降、彼はミニマルミュージックの作曲家Arnold Dreyblattや作曲家でインストゥルメントビルダーでもあるEllen Fullman、EthnostressやEi、collaboratesといったバンド、アート集団であるHoney-Suckle Companyとともにライブや制作をコンスタントに重ねている。また、自身の作品はもちろん、Arnold DreyblattやEllen Fullman、Robert Ashley、Terry Foxといったアーティストの作品をこれまでにプロデュース、リリースしている音楽レーベルChoose recordsも主宰している。最近ではコンピューターで制御されたマルチチャンネルのエレクトリックギターにフォーカスしたライブパフォーマンスを行っており、彼の音楽やインスタレーション作品は、「ハンブルグ駅現代美術館」、「ベルグハイン」、「ギャラリー・ギッティ・ノウルバクシュ」、「Podewil」、「Schaubühne」、「Pavillon der Volksbühne」などベルリン内の数多くのギャラリーやクラブ、ドイツ国内ではカールスルーエの「Badischer Kunstverein」やバーデンバーデンの「Kunsthalle」、フランクフルトの「Frankfurter Kunstverein」やシュトゥットガルトの「Künstlerhaus Stuttgart」などで発表されてきた。また、スイス「バーゼル美術館」やニューヨークにある「MoMA PS1」、ロンドンの「Cubitt Gallery」、本場であるバルセロナ「Sonar」でのパフォーマンスを行うなど、国内外を問わず精力的に活動している。コンピュータでコントロールされるマルチチャンネルエレキギターについて:コンラッド・スプレンガーは、不協和音による認識の不安のようなものを喚起させるために、ユークリッドアルゴリズムに基づいてリズムパターンを探っていく。ギターの弦をまるで周波数発生器のように使用するアプローチを追及することで、ほかの様々な制御式機材と同調しコントロールされており、そのフルスペクトルなサウンドは、テクノやクラウトロック、ミニマリズムの催眠的な繰り返されるリズムともリンクして、オーディエンスを共有の高みへと推進していく。このカスタムされた楽器は、彼のアイデアによって考え出され、Sukandar KartadinataとDaniel van den Eijkelの二人により制作された。
konradsprenger.com

Photographs of Oren Ambarchi by Mike Kubeck
Photograph of Oren Ambarchi by Mike Kubeck
Photograph of crys cole courtesy of the artist
Photograph of Konrad Sprenger courtesy of the artist

関連イベント:

11/22(木)スーパー・デラックス エディション 1日目
レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ 出演
leif elggren. crys cole. oren ambarchi.

11/27(火)Keiji Haino + Jim O’Rourke + Oren Ambarchi
灰野敬二/ジム・オルーク/オーレン・アンバーチ
《スーパー・デラックス閉店感謝祭り!西麻布より愛を込めて…》
Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

Live:

Oren Ambarchi (solo)

crys cole (solo)

Konrad Sprenger (solo)

Rare solo performance by Oren Ambarchi in Tokyo! We’ve had the pleasure of knowing Oren for close to twenty years – dating back to his solo performance in our first space (Deluxe, in Azabu Juban). Oren has since performed at SuperDeluxe several times with an astonishing roster of international and Japanese musicians. Although Oren has released several high profile solo albums on Editions Mego, Touch and Black Truffle, he’s only performed solo at SuperDeluxe twice (in 2010 and 2014). We can’t wait to experience his latest solo approach and are grateful that crys cole and Konrad Sprenger can also return for final performances at SuperDeluxe. Do not miss!

Artist information:

Oren Ambarchi

Oren Ambarchi is a composer and multi-instrumentalist with longstanding interests in transcending conventional instrumental approaches. His work focuses mainly on the exploration of the guitar, “re-routing the instrument into a zone of alien abstraction where it’s no longer easily identifiable as itself. Instead, it’s a laboratory for extended sonic investigation”. (The Wire, UK). Oren Ambarchi’s works are hesitant and tense extended songforms located in the cracks between several schools: modern electronics and processing; laminal improvisation and minimalism; hushed, pensive songwriting; the deceptive simplicity and temporal suspensions of composers such as Morton Feldman and Alvin Lucier; and the physicality of rock music, slowed down and stripped back to its bare bones, abstracted and replaced with pure signal.
orenambarchi.com

crys cole

crys cole is a Canadian sound artist working in composition, performance and sound installation. cole’s approach to sound emphasizes subtlety and discretion, guided by a fascination with microsonics that test the limits of audibility and intentionality. By drawing attention to the texture and delicacy of minimal sonic environments, cole aims to create a heightened awareness not only of the sounds she creates, but of the environmental sounds that arise during listening – and ideally, of the listener’s own self-consciousness as a perceptual body and agent. She has performed in Canada, Japan, Australia, Thailand, Singapore, the USA and throughout Europe. cole has ongoing collaborations with James Rushford (AU) (under the name Ora Clementi) and with Oren Ambarchi (AU). She has also worked with Keith Rowe, Lance Austin Olsen, Jamie Drouin, Mathieu Ruhlmann, Tetuzi Akiyama, Seiji Morimoto, Jessika Kenney, echo ho, Tim Olive and many more.
cryscole.com

Konrad Sprenger

Konrad Sprenger is the pseudonym of Joerg Hiller, a composer, music producer and artist based in Berlin. He was born in 1977 in Lahr, Germany. Hiller runs the Choose record label, for which he has produced recordings by artists Ellen Fullman, Arnold Dreyblatt,Robert Ashley and Terry Fox among others. Since 2000 Hiller regularly performs and works together with minimal music composer Arnold Dreyblatt and composer/ instrument builder Ellen Fullman, the bands Ethnostress and Ei and collaborates with the art collective Honey-Suckle Company. His recent focus has been on live performance with a computer-controlled multi-channel electric guitar. [About the computer-controlled multi-channel electric guitar] Konrad Sprenger explores rhythmic patterns based on the Euclidean algorithm, to evoke a kind of cognitive insecurity through metrical dissonance. Sprenger approaches the strings of the guitar as frequency generators, tuned and set into motion by various electronically controlled mechanical actions. The music relates to the insistent rhythms of Minimalism, Krautrock and Techno, and their shared focus on transcendence through propulsive, full-spectrum sound. The custom-built instrument was conceived by Konrad Sprenger, and realized by Sukandar Kartadinata and Daniel van den Eijkel.
konradsprenger.com

Photographs of Oren Ambarchi by Mike Kubeck
Photograph of crys cole courtesy of the artist
Photograph of Konrad Sprenger courtesy of the artist

Related Events:

11/22 (THU) SuperDeluxe Edition – Day One
featuring: leif elggren. crys cole. oren ambarchi.

11/27 (TUE) Haino + O’Rourke + Ambarchi
featuring: Keiji Haino + Jim O’Rourke + Oren Ambarchi
Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

More great eventsこちらもどうですか

Via hashtagハッシュタグから