2019/01/12 土曜日

ジム・オルーク生誕50周年記念コンサートEnduring 50 Years of Jim O’Rourke DAY 2

Open: 18:00 | Start: 19:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,500

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

スーパー・デラックス閉店感謝祭り!西麻布より愛を込めて…

SuperDeluxe presents

ジム・オルーク生誕50周年記念コンサート(お誕生日会ではありません)

2019年1月に50歳を迎えるジム・オルークが、未来に向けての新しいプロジェクトを中心に三日間のスペシャルプログラムを演奏します。オルークが数多くの名演奏を行ったこの西麻布スーパー・デラックスでの最後の公演となります。是非ご来場ください

二日目 DAY TWO

[LIVE]
● ピーター・レーバーグ
Peter Rehberg (a.k.a. Pita, Editions Mego)
● ジム・オルーク
Jim O’Rourke
● アンドモア!
And more!
[DJ]
Chris SSG

出演者詳細:

ピーター・レーバーグ Peter Rehberg (a.k.a. PITA)

PITAはエディションズ・メゴの創設者、ピーター・レーバーグのステージ名。ロンドン生まれの彼は、ウィーンに数十年住んだ後、いわゆるラップトップミュージックの芸術的可能性が発見されようとしていた20年前に、キャリアをスタートさせました。PITAはその時以来、コンピューターを使った制作を開始し、シンセティック・ミュージックの先駆者の1人として国際的に認められています。彼の音楽的バックグラウンドは、ノイズやアンビエント、テクノと同時に、初期のエレクトロ・アコースティックにも見出すことができます。PITAは、10年近くもの間沈黙を守った後にソロ活動に復帰し、現在は音響実験の次の段階の先頭を走っています。彼の音楽に対するアプローチはそれほど変わっていません。それは、過激なマニアによる絶え間ない探求であり、私たちを実験的エレクトロ音楽の海岸線へと導いてくれるのです。この音楽は、直感的シンセシス、あるいはテクノの環境の奥底での探索と表現するのが、恐らく一番合っているでしょう。彼は歪んだ電子音と抽象的なビートのパターンやグリッジを融合させることで、ある種の過激なコンピューターミュージックを作り、周波数帯域を超えた音を探し求め、音の弾みに注意を払うのです。ソロのミュージシャンとしての活動を休止していたとはいえ、レーバーグは自身の音響的探求を止めていたわけではありません。過去10年間、彼はFenn’O’Berg (ジム・オルークとクリスチャン・フェネスとの活動)やKTL (Sunn O)))のスティーブン・オマリーとの活動)、R/S (マーカス・シュミックラーとの活動)、彼の最新プロジェクトのShampoo Boy (クリスティーナ・ネメックとクリスチャン・シャーチンガーとの活動) などのコラボレーション活動に重点を置いていました。これら数多くのコラボレーション活動の主軸となっていたのは、なんといってもフランスの舞台演出家のジゼル・ヴィエンヌとの長きにわたる活動でしょう。現に彼女の多くの作品には、レーバーグの作品が使われています。PITAはこれまで十数枚のアルバムを制作し、驚くほど幅広い実験的電子音楽のスタイルをカバーしており、Get Out / Get Down / Get Offの三部作などのLPは、幅広い国々の批評家から称賛され、MEGOやTouch、Häpnaなどのレーベルからリリースされました。彼はSONARやATP(オール・トゥモローズ・パーティーズ)、CTMベルリン、MUTEK、ドナウ・フェスティバルなど、様々な国際フェスティバルで演奏しています。また音楽シーンに多大な影響を与え続けるエディションズ・メゴ系列のレーベルの代表者として、彼はフェネスやケヴィン・ドラム、エメラルズ、フロリアン・ヘッカー、ベルナール・パルメジャーニ、ラッセル・ハズウェル、KTL、アコス・ロズマン、ドナート・ドジー、ビル・オーカット、マーク・フェル、その他の多くの国際的に有名なアーティストの作品をリリースしてきました。「彼は現在活動中の最も鋭く敏活なアーティストだ」(ニック・カイン、The Wire誌)
Photo by Magdalena Blaszczuk
editionsmego.com/artist/pita
editionsmego.com/artist/peter-rehberg
KTL bandcamp

ジム・オルーク​ Jim O’Rourke​

「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。
Steamroom bandcamp

Chris SSG

Chris SSGと言えば、鋭い洞察力で的確な音楽批評を発信していた今は亡きMNML SSGSブログの創始者の一人だったことが一番良く知られているかもしれませんが、近年はオンライン上から東京のテクノシーンに活動の場を移し、MNML SSGSのイベントのオーガナイザー、非定期的に開催されているチルアウトパーティーSound Gardenのレジデントを務めています。ダンスミュージックという枠に囚われず、アンビエント、エクスペリメンタル、コスミックなサウンドをアブストラクトなテクノと織り交ぜながらDJ活動をし、Unit、Air、Dommune、Galaxy、SuperDeluxeなどの東京有名クラブの他に、FREEDOMMUNEやRuralなどのフェスにも出演。Chris SSGのニューヨークを拠点とする「Mysteries of the Deep」ミックスはClubbingSpainの2014年トップ10ミックスにも選ばれました。ブログとしてのMNML SSGSこそ廃止されてはいるものの、いつまでもMNML SSGSの美意識を、力強く刺激的な音楽を通して貫いています。
Chris SSG twitter

関連イベント:

1/11(金)ジム・オルーク生誕50周年記念コンサート【一日目】
Enduring 50 Years of Jim O’Rourke – DAY 1
出演:坂田明ビッグバンド|アンドモア!
《スーパー・デラックス閉店感謝祭り!西麻布より愛を込めて…》

1/13(日)ジム・オルーク生誕50周年記念コンサート【三日目】
Enduring 50 Years of Jim O’Rourke – DAY 3
出演:”Plays Paul Motian” ジム・オルーク、Marty Holoubek、ジョー・タリア、藤原大輔、アンドモア!|ジム・オルーク、石橋英子、ジョー・タリア トリオ
《スーパー・デラックス閉店感謝祭り!西麻布より愛を込めて…》

Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

SuperDeluxe presents

Enduring 50 Years of Jim O’Rourke (not a birthday party)

Jim O’Rourke turns 50 in January 2019. Come join us for a special three days featuring some of O’Rourke’s new projects. We’ve been lucky to host numerous legendary performances by O’Rourke over the years. These will be his last performances at SuperDeluxe. Do Not Miss!

DAY TWO

Live
● Peter Rehberg
● Jim O’Rourke
● And more!
DJ
● Chris SSG

Artist information:

Peter Rehberg (a.k.a. PITA)

PITA is the pseudonym of Editions Mego founder Peter Rehberg. The London native, since decades residing in Vienna, began his career 20 years ago when the aesthetic possibilites of so-called Laptop music were just about to be discovered. PITA started working with computers since then and is internationally perceived as one of the pioneers of synthetic music. His musical background is to be found in Noise, Ambient and Techno, as well as early electroacoustics. PITA ushers now the next phase of his sonic experimentation, returning as a solo act after almost ten years of silence. His approach to music hasn’t changed much though – it’s the ongoing search of a radical maniac that is driving us to the shores of experimental electronics, maybe best to be described as visceral synthesis, fshing in the ambient depths of techno. He is fusing distorted electricity with abstract beat patterns and glitches to some form of extreme computer music, exploring the outskirts of frequency range and pays attention to a sonic momentum. Even though he took a break as a solo musician, Rehberg never stopped his sonic exploration. Over the last years he was focussing on his collaborative work, as in Fenn’O’Berg (w/ Jim O’Rourke and Christian Fennesz), KTL (w/ Sunn O)))s Stephen O’Malley), R/S (w/ Marcus Schmickler), or his latest project Shampoo Boy (w/ Christina Nemec and Christian Schachinger). These musical collaborations are completed by his longtime cooperation with the French theatre director Giséle Vienne, whose opulent pieces are accompanied by Rehberg’s compositions. PITA has produced over a dozen albums, covering an astonishing variety of experimental electronic styles, LPs like the Get Out / Get Down / Get Of trilogy have received broad international critical acclaim and were released on such labels as Mego, Touch, Häpna etc. He played various international festivals, like SONAR, All Tomorrows Parties, CTM Berlin, MUTEK and Donaufestival. As head of the infuential Editions Mego family of labels, he has released albums by internationally renowned artists like Fennesz, Kevin Drumm, Emeralds, Florian Hecker, Bernard Parmegiani, Russell Haswell, KTL, Akos Rozmann, Donato Dozzy, Bill Orcutt, Mark Fell and many more. “One of the most perceptive and mercurial sound artists at work today.” (Nick Cain, The Wire) “One of the most interesting improvising musicians.” (David Toop, Haunted Weather)
editionsmego.com/artist/pita
editionsmego.com/artist/peter-rehberg
KTL bandcamp

Jim O’Rourke​​

Jim O’Rourke​ is a musician, composer and filmmaker whose borderless activity goes beyond the common labels Alternative, Post-rock, Experimental-pop, Film music, Free music, Jazz, Americana, Contemporary music and continues to defy classification.
Steamroom bandcamp

Chris SSG

Chris SSG is best known as the co-founder of the now defunct MNML SSGS blog, recognized as a leading source of critical insight on electronic music. In recent years, he has moved from the online world into the Tokyo techno scene. He is the organizer of a series of MNML SSGS events, and is a resident at the semi-regular Sound Garden chill out parties. As a DJ, Chris SSG eschews standard dancefloor music, instead focusing on a range of sounds from ambient, experimental, kosmische through to more abstract forms of techno. He has DJ’d at many major Tokyo clubs, including Unit, Air, Dommune, Galaxy, and SuperDeluxe, as well as at the FREEDOMMUNE and Rural festivals. His podcast for the New York based ‘Mysteries of the Deep’ series was included in Clubbing Spain’s top 10 mixes of 2014, and his podcast for Rob Booth’s ‘Electronic Exploration’ series was included in That Special Record’s ‘best of 2015’. Chris SSG commenced 2016 by playing in the Elektroakustischer Salon as part of Berghain’s Silvester party.
Chris SSG twitter

Related Events:

1/11 (FRI) Enduring 50 Years of Jim O’Rourke – DAY ONE
Live: Akira Sakata Big Band | and more!
Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

1/13 (SUN) Enduring 50 Years of Jim O’Rourke – DAY THREE
Live: “Plays Paul Motian” Jim O’Rourke, Marty Holoubek, Joe Talia, Daisuke Fujiwara & more! | Jim O’Rourke, Eiko Ishibashi, Joe Talia trio
Thank you, love you, see you soon! SuperDeluxe Closing Celebration

Below:
Live photo from Fenn O’Berg performance at SuperDeluxe in 2009 by Ujin Matsuo.

 

 

 

More great eventsこちらもどうですか

このカテゴリーにはまだないみたい / No events in this category

Via hashtagハッシュタグから