Schnellertollermeier / 町田良夫 + Cal Lyall [in 荻窪 Ogikubo]

2019/10/04 金曜日

シュネラートラーマイヤー JAPAN TOUR 2019Schnellertollermeier / 町田良夫 + Cal Lyall [in 荻窪 Ogikubo]

Open: 19:30 | Start: 20:00 - 22:30

前売/Advance: ¥2,500.00 | 当日/Door: ¥3,000

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

SuperDeluxe presents
シュネラートラーマイヤー JAPAN TOUR 2019

ジャズ、ミニマル、ポストロックを融合し、新しいサウンドを生み出すスイス出身の3人組シュネラートラーマイヤー(Schnellertollermeier)は2018年、西麻布スーパー・デラックスで初来日公演を果たしました。彼らのパワフルなライブをまた体験したくて、東京公演を3会場に渡り それぞれスーパー・デラックスな内容で企画しました!共演者もお楽しみに!是非ご来場ください。Photo by Dragan Tasic

10月4日 (金)《会場》荻窪 Velvetsun

Velvetsun 東京都杉並区荻窪 3-47-21 サンライズ ビル 1F《アクセス》

● シュネラートラーマイヤー (スイス)
Schnellertollermeier (from Switzerland)
● 町田良夫 (エレクトロニカ スティールパン) + キャル・ライアル (エレキギター)
Yoshio Machida (electronica steel pan) + Cal Lyall (electric guitar)

出演者詳細

シュネラートラーマイヤー Schnellertollermeier

Andi Schnellmann アンディ・シュネルマン (bass)
Manuel Troller マニュエル・トローラー (guitar)
David Meier デビッド・マイヤー (drums)

スイス・ルッチェルン芸術大学のジャズ科在学中に結成され、ジャズ、ミニマル、ポストロックを融合し、エキスペリメンタルな彼らの新しいサウンドを生み出した。ジャズフェスだけではなく、欧州・カナダ・全米・アジアのロック・フェスフェスティバルからの出演依頼も多々。前作のアルバム”X”ではウォールストリート・ジャーナル誌の2015年12枚のベストアルバムに選ばれる。彼らの音楽はストレートで言い訳をしない。ハードコアーなジャズからエキスペリメンタルなロック、オータナティブまで1つのスタイルにははまりきれないパワーが心臓の鼓動をヒートアップする。それぞれの要素や音を大切にひとつにしていくバンドのライブを体感すると、その音にダイブしたくなる錯覚に陥りそうになる。ちなみに、彼らのややこしいバンド名は、メンバーの名前をくっつけて作った造語。Photo by Gregor Brändli
2015年 ライブ ビデオ (YouTube)
2017年 ライブ ビデオ (YouTube)
シュネラートラーマイヤー オフィシャルサイト

町田良夫 + キャル・ライアル Yoshio Machida + Cal Lyall

町田良夫 Yoshio Machida

音楽家、スティールパン奏者/美術家、ASCAP会員。多摩美術大学在学中、秋山邦晴、東野芳明、萩原朔美、菅木志雄に師事、ミニマルアート/音楽/映像を総合的に学びました。これまで、日本、ヨーロッパ各国のメディア・アート/音楽祭(ISEA2004、Sonar Tokyo、Europhonic ジャズ音楽祭、Maerz Musikフェスティバル等)に出演、David Toop著書「Haunted Weather」やSub Rosaからのコンピレーションアルバム “Japanese Avant Garde”(2002)で紹介されました。90年代、中国、東南アジア、アフリカ各国で国際協力の仕事に従事、様々な現地の民族音楽と出会い、この体験からアジアの太陽信仰文化に触発され、民俗学的な視点から光の象徴である銅鑼(ゴング)をフィーチャーした音響コラージュ・フィールド・レコーディング作品「ハイパーナチュラル・シリーズ」を発表。また、”よりライブで記録された音楽”という観点から、ブライアン・イーノが採用した初期のGenerative Musicソフトウェア「KOAN」を使用したデータによる作品も発表。更に、ライブ・パフォーマンスへの興味からゴングをさらに発展させたメタルパーカッションとも言えるスティールパンやエレクトロニック・スティールパン「PanKAT」による即興演奏で独自の音楽を追究、実験音楽、現代音楽、民族音楽などのジャンルをまたがるアルバムをリリース。バンドとして、Walk With The Penguinや、miimo、plot.こと佐治宣英と町田良夫の3人から成るポストDUB・バンド、オハナミ(山本達久とのユニット)を結成。朝崎郁恵(奄美民謡)、ヨシダダイキチ、山本精一らとも共演しています。音楽レーベル/現代美術・音楽イベントを企画する、AMORFON(アモルフォン)を自ら主宰、あまり紹介されていない東欧を含む国内外のユニークな音楽をリリース、これまで交流が無かった日本とマケドニアの現代美術作家による初の交流展を企画、展覧会/コンサート/ワークショップ等を日本、マケドニアの両国で行いました。アモルフォンのリリースの中で、町田が音楽の問題提起として企画したCD「キンダームジーク:赤ちゃんの即興音楽」は、5カ国/10人の赤ちゃんの即興演奏のみを集めたCDで、世界初の試みです。美術家としては印画紙を使った独自の絵画”PHOTOBATIK”を制作、国内外で展覧会を開いています。音楽誌への寄稿、レクチャー、自身の活動を応用したユニークな子供向けのワークショップ等、活動は多岐に渡ります。
町田良夫 オフィシャルサイト

キャル・ライアル Cal Lyall

即興ギタリスト/サウンド・アーティスト。ジャンク楽器、エレクトロ・パーツ、フィールド・レコーディングやエフェクターなどから音楽的な空間を生み出す。広範な音楽形式に興味を持ち、東南アジアやその周辺地域へ渡航し研究。日本で旺盛なライヴを展開しながら、これまでにタイ、インドネシア、ラオス、中国、韓国などでツアー。また、レーベル「Subvalent」や「Jolt Sonic Arts」(オーストラリア)の東京拠点としての活動に加え、西麻布SuperDeluxeで月一回のイベント「Test Tone」を主宰していました。
Cal Lyall オフィシャルサイト

Schnellertollermeier JAPAN TOUR 2019

SuperDeluxe was honored to host Schnellertollermeier’s first concert in Japan last year at our acclaimed venue in Nishiazabu (RIP). Wanting to once again experience their powerful performance, we proudly present three unique concerts spanning three Tokyo venues. Don’t miss Schnellertollermeier or the special guests from Japan!

OCT 4 (Fri) at Velvetsun (Ogikubo, Tokyo)

Velvetsun [Address] 1F Sunrise Bldg 3-47-21 Ogikubo, Suginami-ku, Tokyo 《GOOGLE MAP

Artist information

Schnellertollermeier (from Switzerland)

Andi Schnellmann (bass)
Manuel Troller (guitar)
David Meier (drums)

Schnellertollermeier play music without compromises. Ranging from modern composition, minimal music and improv to brute rock music, their style defies genre boundaries with an instrumental power that lets heart beat the head easily. The idea of a band that sounds like one organism can be perceived in a unified energy – a music containing as much explosive force as beauty and depth. Photo by Gregor Brändli.
Live performance 2015 (YouTube)
Live performance 2017 (YouTube)
Schnellertollermeier official site

Yoshio Machida + Cal Lyall

Yoshio Machida

Yoshio Machida is a sound & visual artist, Steel Pan player. Born in Japan in 1967. He studied minimal art / music / film extensively under Kuniharu Akiyama, Yoshiaki Touno, Sakumi Hagiwara, Kishio Suga at Tama art university in Tokyo. Machida has played for art events / music festivals like ISEA2004, Sonar-Tokyo, Europhonics Jazz Festival, Maerz Musik Festival, etc.. He has been introduced in David Toop’s book “Haunted Weather” and the compilation album “Japanese Avant Garde” (Sub Rosa, 2002). In the 90s, he was involved in international cooperation work in Asia, Africa and Mexico. Through this experience, he had opportunities to listen to rare ethnic musics and learned a lot. He was especially inspired by music, ceremony and culture based on Pan-East Asian sun worship basis, then he had come out with collage painting and field recording works “Hypernatural series” featuring Asian gong (the symbol of light and the sun in Asian culture). He also became interested in live music and started to perform improvised music with Steelpan (steel drum). In 2004, Machida founded AMORFON, a music label and platform for contemporary art events. He has released his solo albums, unique work from Eastern European artists, and “Kindermusik: Improvised Music by Babies.” Machida also writes for magazines, has lectures and some unique workshops for children.
Yoshio Machida official site

Cal Lyall

Involved in the arts scene in Japan for over fifteen years, Cal Lyall has organized large-scale performances involving both Japanese and overseas artists, while also remaining a key member of a number of musical groups which have toured both locally and internationally. His musical activities are documented on over 30 albums he has both produced (including three full-length compilations released on medama records in Japan) and contributed to as a writer or musician. As a curator, he established the monthly Test Tone concert series in 2005 at Tokyo’s SuperDeluxe. Featuring over a thousand distinct artists over its 9 year run, it reached its 100th installment in 2014. With an active performance schedule in Japan and past tours through Thailand, Laos, Indonesia, China, Korea, Australia and the US, he also heads up the Subvalent record label and oversees the Tokyo Hub of Jolt Sonic Arts (Australia).
Cal Lyall official site

Make reservationご予約をどうぞ

¥2,500.00


More great eventsこちらもどうですか

Via hashtagハッシュタグから