SuperDeluxe presents Demierre Dörner Kocher TRIO / Shampoo Boy

2018/04/12 木曜日

SuperDeluxe presents Demierre Dörner Kocher TRIO / Shampoo Boy

Open: 19:30 | Start: 20:00

SuperDeluxe

前売/Advance: ¥0.00 | 当日/Door: ¥3,500

ドリンク別/Plus drink

予約する/Reserve

《Demierre Dörner Kocher TRIO》による繊細な音の強弱を活かしたアバンギャルドなアコースティックライブと《Shampoo Boy》による静寂のドローンとざわめくノイズが張り詰めたエレクトロニックライブの対照的なサウンドがSuperDeluxeに一挙集結します。トリオとしては両バンド初来日!即興という音楽の元に集ったヨーロッパの最先端サウンドをお見逃しなく。

出演:
Demierre Dörner Kocher TRIO
ジャック・デュミエール(Jacques Demierre)ピアノ
アクセル・ドゥナー(Axel Dörner)トランペット
ジョナス・コッフェル(Jonas Kocher)アコーディオン

Shampoo Boy
ピーター・レーバーグ (Peter Rehberg) エレクトロニクス
クリスティーナ・ネメック (Christina Nemec) ベース
クリスチャン・シャーチンガー (Christian Schachinger) ギター

出演者詳細:

Demierre Dörner Kocher TRIO
ジャック・デュミエール(Jacques Demierre)from スイス
/sdlx/180412-JacquesDemierre-388.jpg
(Photo by Hideto Maezawa)
ジャック・デュミエールはピアニスト、作曲家 / 即興演奏家。伝統的な作曲法を学ぶとともに自由な即興演奏を試みる冒険心や、普段「音楽」として扱われない「詩」や「日常に潜む音 / ノイズ」なども積極的に音楽の一要素として自らの表現に取り入れてきました。これまでにアンサンブルや声のための数多くの作品を生み出し、ピアノ表現の可能性も同時に追求し続けています。また自らとは非常に異なる背景を持つアーティストとともに仕事をする機会を多数設け、音楽のさらなる可能性を広げる試みを続けています。音源はTzadik, héros-limite, Psi, Victo, jazzwerkstatt, Leo, Plainisphare, Creative Sources, INSUB., Intakt, Bocian Records, bardem, Unit Record, stv/amsからリリースされており、楽譜はSME / EMSから入手可能です。
Jacques Demierre website

アクセル・ドゥナー(Axel Dörner)from ドイツ
/sdlx/180215-alexdoerner-388.jpg
トランペット、エレクトロニクス、作曲家。1964年ケルン生まれ。ケルンのMusikhochschuleでピアノとトランペット(Malte Burba付き)を学ぶ。1994年よりベルリンに在住。「即興音楽」「コンポジション・コンテンポラリー・ミュージック」「ジャズ」「エレクトロニック・ミュージック」の分野で国際的に尊敬されている数多くの人物とともに活動している。独特で、しばしば自己発明されたテクニックに部分的に基づいて、独特のスタイルのトランペット演奏を開発した。ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカでツアーを行い、多数のCDやレコードをリリースしている。
Axel Dörner website

ジョナス・コッフェル(Jonas Kocher)from スイス
/sdlx/180412-JonasKocher-388.jpg
Jonas Kocher website

Shampoo Boy
Shampoo Boy is the Vienna-based trio of Peter Rehberg (electronics), Christina Nemec (bass) and Christian Schachinger (guitar).

ピーター・レーバーグ (Peter Rehberg)
/sdlx/150923-pita.jpg
(Photo by Magdalena Blaszczuk)
PITAはエディションズ・メゴの創設者、ピーター・レーバーグのステージ名。ロンドン生まれの彼は、ウィーンに数十年住んだ後、いわゆるラップトップミュージックの芸術的可能性が発見されようとしていた20年前に、キャリアをスタートさせました。PITAはその時以来、コンピューターを使った制作を開始し、シンセティック・ミュージックの先駆者の1人として国際的に認められています。彼の音楽的バックグラウンドは、ノイズやアンビエント、テクノと同時に、初期のエレクトロ・アコースティックにも見出すことができます。PITAは、10年近くもの間沈黙を守った後にソロ活動に復帰し、現在は音響実験の次の段階の先頭を走っています。彼の音楽に対するアプローチはそれほど変わっていません。それは、過激なマニアによる絶え間ない探求であり、私たちを実験的エレクトロ音楽の海岸線へと導いてくれるのです。この音楽は、直感的シンセシス、あるいはテクノの環境の奥底での探索と表現するのが、恐らく一番合っているでしょう。彼は歪んだ電子音と抽象的なビートのパターンやグリッジを融合させることで、ある種の過激なコンピューターミュージックを作り、周波数帯域を超えた音を探し求め、音の弾みに注意を払うのです。ソロのミュージシャンとしての活動を休止していたとはいえ、レーバーグは自身の音響的探求を止めていたわけではありません。過去10年間、彼はFenn’O’Berg (ジム・オルークとクリスチャン・フェネスとの活動)やKTL (Sunn O)))のスティーブン・オマリーとの活動)、R/S (マーカス・シュミックラーとの活動)、彼の最新プロジェクトのShampoo Boy (クリスティーナ・ネメックとクリスチャン・シャーチンガーとの活動) などのコラボレーション活動に重点を置いていました。これら数多くのコラボレーション活動の主軸となっていたのは、なんといってもフランスの舞台演出家のジゼル・ヴィエンヌとの長きにわたる活動でしょう。現に彼女の多くの作品には、レーバーグの作品が使われています。PITAはこれまで十数枚のアルバムを制作し、驚くほど幅広い実験的電子音楽のスタイルをカバーしており、Get Out / Get Down / Get Offの三部作などのLPは、幅広い国々の批評家から称賛され、MEGOやTouch、Häpnaなどのレーベルからリリースされました。彼はSONARやATP(オール・トゥモローズ・パーティーズ)、CTMベルリン、MUTEK、ドナウ・フェスティバルなど、様々な国際フェスティバルで演奏しています。また音楽シーンに多大な影響を与え続けるエディションズ・メゴ系列のレーベルの代表者として、彼はフェネスやケヴィン・ドラム、エメラルズ、フロリアン・ヘッカー、ベルナール・パルメジャーニ、ラッセル・ハズウェル、KTL、アコス・ロズマン、ドナート・ドジー、ビル・オーカット、マーク・フェル、その他の多くの国際的に有名なアーティストの作品をリリースしてきました。「彼は現在活動中の最も鋭く敏活なアーティストだ」(ニック・カイン、The Wire誌)
Editions Mego – Pita

クリスティーナ・ネメック (Christina Nemec)
/sdlx/160405-chra.jpg
ミュージシャン、DJ,、ライターからTV/ラジオのプレゼンターなどオーストリア・ウィーンの電子音楽シーンにおいて幅広い活動を展開し、Editions MEGO創設者のPITA (a.k.a Peter Rehberg)とのプロジェクト”Shampoo Boy”のメンバーとしての活動や、自ら主宰する個性派レーベル”comfortzone”よりこれまでにMika VainioやRESHAFT等の作品を世に送り出してきたオーストリア電子音楽シーンのゴットマザー。これまでにドイツ、ノルウェー、アメリカなど世界各国でライブ・パフォーマンスを展開。2015年、オーストリア・ウィーンの名門電子音響レーベル『Editions MEGO』からダーク・テクノ、インダストリアル・アンビエントの傑作”Empty Airport”をリリース。

クリスチャン・シャーチンガー (Christian Schachinger)
/sdlx/180412-ChristianSchachinger.jpg
オーストリアのギターリストであり、音楽記者である。

Live:
Demierre Dörner Kocher TRIO
Jacques Demierre (piano, from Switzerland)
Axel Dörner (trumpet, from Germany)
Jonas Kocher (accordion, from Switzerland)

Shampoo Boy (from Austria)
Peter Rehberg (electronics)
Christina Nemec (bass)
Christian Schachinger (guitar)

Artist Information:

Demierre Dörner Kocher TRIO
Jacques Demierre (Switzerland)
/sdlx/180412-JacquesDemierre-388.jpg
(Photo by Hideto Maezawa)
Jacques Demierre is a pianist, composer and improviser. Whether acoustic or electro-acoustic, respectful of traditional music writing or embracing free improvisation, his experimentations feed into music as well as sound poetry and sound intervention in situ. They are all driven by the same constant search for consciousness of sound. Author of numerous pieces for ensemble or voice, he also explores the power of everyday noises. Extending the sound possibilities of the piano instrument, Jacques Demierre also interrogates the ways in which it can approach the sphere of language. He develops a very cross and interdisciplinary critical conception of music which gives him the opportunity to work with artists from very different backgrounds. His work is documented on Tzadik, héros-limite, Psi, Victo, jazzwerkstatt, Leo, Plainisphare, Creative Sources, INSUB., Intakt, Bocian Records, bardem, Unit Record, stv/ams and his scores are available on SME/EMS.
Jacques Demierre website

Axel Dörner (Germany)
/sdlx/180215-alexdoerner-388.jpg
trumpet, electronics, composition; Born in Cologne,1964. Studied piano and trumpet (with Malte Burba) at the Musikhochschule, Cologne. Lives in Berlin since 1994. He has worked together with numerous internationally respected figures in the fields of “Improvised Music”, “Composed Contemporary Music”, “Jazz” and “Electronic Music”. He has developed a unique style of trumpet playing based in part on unusual, often self-invented techniques. He has toured in Europe, America, Australia, Asia and Africa and appeared on numerous CD and record releases.
Axel Dörner website

Jonas Kocher (Switzerland)
/sdlx/180412-JonasKocher-388.jpg
Jonas Kocher website

Shampoo Boy (from Austria)
Shampoo Boy is the Vienna-based trio of Peter Rehberg (electronics), Christina Nemec (bass) and Christian Schachinger (guitar).

Peter Rehberg
/sdlx/150923-pita.jpg
(Photo by Magdalena Blaszczuk)
PITA is the pseudonym of Editions Mego founder Peter Rehberg. The London native, since decades residing in Vienna, began his career 20 years ago when the aesthetic possibilites of so-called Laptop music were just about to be discovered. PITA started working with computers since then and is internationally perceived as one of the pioneers of synthetic music. His musical background is to be found in Noise, Ambient and Techno, as well as early electroacoustics. PITA ushers now the next phase of his sonic experimentation, returning as a solo act after almost ten years of silence. His approach to music hasn’t changed much though – it’s the ongoing search of a radical maniac that is driving us to the shores of experimental electronics, maybe best to be described as visceral synthesis, fshing in the ambient depths of techno. He is fusing distorted electricity with abstract beat patterns and glitches to some form of extreme computer music, exploring the outskirts of frequency range and pays attention to a sonic momentum. Even though he took a break as a solo musician, Rehberg never stopped his sonic exploration. Over the last years he was focussing on his collaborative work, as in Fenn’O’Berg (w/ Jim O’Rourke and Christian Fennesz), KTL (w/ Sunn O)))s Stephen O’Malley), R/S (w/ Marcus Schmickler), or his latest project Shampoo Boy (w/ Christina Nemec and Christian Schachinger). These musical collaborations are completed by his longtime cooperation with the French theatre director Giséle Vienne, whose opulent pieces are accompanied by Rehberg’s compositions. PITA has produced over a dozen albums, covering an astonishing variety of experimental electronic styles, LPs like the Get Out / Get Down / Get Of trilogy have received broad international critical acclaim and were released on such labels as Mego, Touch, Häpna etc. He played various international festivals, like SONAR, All Tomorrows Parties, CTM Berlin, MUTEK and Donaufestival. As head of the infuential Editions Mego family of labels, he has released albums by internationally renowned artists like Fennesz, Kevin Drumm, Emeralds, Florian Hecker, Bernard Parmegiani, Russell Haswell, KTL, Akos Rozmann, Donato Dozzy, Bill Orcutt, Mark Fell and many more. “One of the most perceptive and mercurial sound artists at work today.” (Nick Cain, The Wire) “One of the most interesting improvising musicians.” (David Toop, Haunted Weather)
Editions Mego – Pita

Christina Nemec
/sdlx/160405-chra.jpg
bass player with SHAMPOO BOY and solo as chra running vienna based label comfortzone radio and tv with orange94.0 and oktotv member of female pressure.

Christian Schachinger
/sdlx/180412-ChristianSchachinger.jpg
Austrian guitarist and music journalist.

More great eventsこちらもどうですか

  • 2018/11/21 水曜日

    Realistic Monk with Yoshio Ojima & Satsuki ShibanoRealistic Monk with 尾島由郎&柴野さつき

    Open: 19:00 | Start: 20:00 - 22:30

    [LIVE] ■ Realistic Monk (Carl Stone + Miki Yui) ■ Yoshio Ojima & Satsuki Shibano [DJ] ■ 荒井優作 Yusaku Arai

  • 2018/11/22 木曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Oneスーパー・デラックス エディション 1日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ Antibodies Collective ■ They Live (大蔵雅彦・宇波拓) ■ レイフ・エリグレン/クリス・コール/オーレン・アンバーチ leif elggren. crys cole. oren ambarchi.
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/11/23 金曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Twoスーパー・デラックス エディション 2日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ マルタ・フォスベリ marta forsberg. ■ クリスティーン・ エドルンド christine ödlund. ■ テーリ・テムリッツ terre thaemlitz. ▸ Deproduction
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/11/24 土曜日

    SuperDeluxe Edition - Day Threeスーパー・デラックス エディション 3日目

    Open: 19:30 | Start: 20:00

    [LIVE] ■ 石橋英子/ジム・オルーク/ジョー・タリア eiko ishibashi. jim o’rourke. joe talia. ■ マタナ・ロバーツ matana roberts ■ パット・トーマス/ジョエル・グリップ/アントニン・ジェルバル pat thomas. joel grip. antonin gerbal.
    前売3000円 / 三日間通し券 7500円(ドリンク別)
    Adv. ¥3000 (plus drink) / Three Day Pass ¥7500 (plus drinks)

  • 2018/12/09 日曜日

    Marginal Consort 2018マージナル・コンソート

    Open: 18:30 | Start: 19:00 - 22:00

    ■ 今井和雄 ■ 越川 T ■ 椎啓 ■ 多田正美
    Kazuo Imai, T Koshikawa, Kei Shii, Masami Tada
    勝手にすること|過激にすること|即興すること|解放すること|冷静にすること
    do as you please, go extreme, improvise, be free, be objective
    本会場では最後の公演となります。是非ご来場ください。
    Last performance at SuperDeluxe by Marginal Consort. Don't miss!

Via hashtagハッシュタグから